今回は、講座の様子をかいま見られるような写真を載せてみました。

IMG_0111

IMG_0076
 
上の写真は、「『移動ド』習得・講座」そのものではありませんが、それとは別に東京ミューズ・アカデミーでの階名式ソルフェージュ(いわゆる「移動ド」)のレッスンの様子を撮ったものです。
ただし、どちらも取っているレッスン方法はよく似ています。

写真中の、ホワイトボードに「d、r、m、f、s、l、t」の文字列が書かれたものは「モデュレーター modulator」(直訳は「節付け師」「旋律の作り手」などか?)といいます。

モデュレーターはトニック・ソルファ法などで伝統的に重視されている訓練方法で、東川清一氏の著書*でもよく紹介されているので、ご存知の読者も多いかと思います。

上掲のモデュレーターにおける「d、r、m、f、s、l、t」の文字はそれぞれ階名「do、re、mi、fa 、so、la、ti」を略記したものです。
教師はこれらを指や棒で指し、他方で生徒はそれに反応して、指された階名の音を歌います。


これは階名唱の基礎訓練として大変重要なものです。
これで音が取れないうちは
(そもそも階名の読み取りの難しい媒体である)五線譜からの視唱は絶対にできない、といってよいと思います。

というより、モデュレーターでは、いわばテクニックである「五線譜からの階名の読み取り」をひとまず度外視した上で、階名と音とを結びつけるという視唱上でより基礎的な訓練を集中して行えることに長所があるといえます。

さて、モデュレーターで音が取れるようになると、不思議なことに、いつの間にか五線譜での階名唱もすらすらとできるようになります。
これは本当です。


というのも、そうなれば五線の「背後」から自然に階名付きで音が聞こえてくるので、階名の読み取りがまったく難しくなくなるためです。
これはすなわち、「耳が目を先導してくれるようになる」といえるのかもしれません。


私自身も、初めてこの感覚を得た時には「なんだ、『移動ド』ってこんなに楽だったのか」と驚きました。

これはおそらく、小学生などが、習ったことのない漢字でもその読みに相当する音声
(例えば、「松」という漢字の場合では「matsu」という音声)やその指示対象である実物(例えば、「松」という漢字の場合では、例の葉のチクチクした木)さえあらかじめ知っていれば、いつの間にか記号(「松」という漢字)の読み方も分かるようになっている、ということに似ているのかもしれません。
実際、小学生は習ったことのない漢字でも、どんどん覚えていきますよね。

以上のように、モデュレーターは効果的な訓練方法です。


というより、最初から五線譜で階名唱(「移動ド」)の訓練を始めてしまうと、これは例えば国語の授業で平仮名よりも先に漢字を教える(教わる)ようなものであり、「階名唱は難しい」という誤った固定観念が芽生えてしまうので、ご注意ください。

これもまた、「生徒を音楽嫌いにする
(悪い)『移動ド』教育」の例として、東川氏も注意を呼びかけていることです**。
かく言う私、まだ東川氏の本を今ほど読みつくしていなかった頃に、このような「悪い移動ド」のレッスンしてしまった経験があります。
実際、その生徒はいつまでたっても階名唱の魅力を実感してくれないまま、
(「他のことで忙しくなってきた」との理由で)レッスンをやめてしまいました。

今思えば、その生徒には悪いことをしたと思い、反省しています。


さて、以上のモデュレーターは、ただ学習上重要というだけでなく、訓練していて「自分の耳がだんだん良くなっていく」という実感を得やすいので、(上記の「初心者がいきなりやらされる五線譜読譜」とは異なり)大変楽しいものです。

これをしっかり使えば、「ソルフェージュが苦痛」という感覚はまったくなくなるといってよいでしょう。

モデュレーター訓練をしている時の生徒たちの
(時にはやや緊張しながらも)楽しそうにしている顔、また、生徒同士の「これ楽しいね」などの会話は、私にとっても励みになっています。
 


ーーーーー
*例えば、下記の図書の随所。

**上記図書の252頁。


★写真撮影協力:
東京ミューズ・アカデミー生徒 CKさん、KYさん、MAさん