今回はクリスマス前の時期にふさわしく、コラール《目覚めよと呼ぶ声あり Wachet auf, ruft uns die Stimme》です。
楽譜の出典はこちらで、バッハのカンタータ BWV140における版です。*

記譜法についてはこちらを参照しました。
ただし、以下の記号のみ私が独自に加えたものです。

//*   *// … 反復記号
< > … フェルマータ **
( ) … 一時的転調と捉えた場合の、別の階名 ***


反復記号は今回が初登場ですね。

では、歌ってみましょう!
 

d: Bb~Eb (4/4)

//* d :- :m :- /s :- :- :s /s :- :s :- /l :- :- :- /<s :- :- :-> /  :  :


:s :- /d’ :- :s :- /d’ :r’ :m’ :- /r’(s) :- :d’(f) :- /t (m) :- :l (r) :- /<s (d) :- :- :-> /  :  :


:s :- /d’ :- :s :- /l :- :m :- /f :m :r :- /d :- :- :-  *//  :  :


:s :- /s :- :- :f /m :- :r :- /<d :- :- :-> /  :  :

:s :-  / s :- :- :f /m :- :r :- /<d :- :- :-> /  :  :


:r :- /m :- :f :- /<m :- :- :-> /  :  :

:s :- /l :- :t :- /<d
 :-> :d :r /m :- :r :- /<d :-> :


:s :- /d’ :- :s :- /l :- :m :- /f :m :r :- /d :- :- :- ///


なお、調はバッハ版では変ホ長調となっています。
しかし、これでは高すぎる人が多いと思われるため、以上の楽譜ではより低い調(音高)でも歌えるように設定しています。

また調(音高)については、各自が自由に設定して歌えるよう、大まかにのみ示しています。
 

 _____

注)

* 同曲同版については、こちらの YouTubeサイトにて茂木知成氏が色付き音符による楽譜(全声部)が見られる動画を作成しています。併せて学習すると勉強になります。
** コラールで用いられるフェルマータはフレーズの区切りのみを示し、拍の停止という意味はないので注意。
*** 別の階名については、こちらの楽譜では括弧内の文字をイタリック体にすることにより示していました。しかし今回はイタリック体をやめ、括弧を含む全体を周囲よりも細い字にすることとしました。太字・細字の区別は、SNSを使う時などそれができない場合は行わなくても問題ありません。


* 画像:1599年の版における楽譜(こちらのサイトより転用・加工)

Freudenspiegel_deß_ewigen_Lebens_412