こちらの記事に楽譜を載せた《ピクニック》を、トニック・ソルファ譜でも記してみました。
みんなで一緒に歌いましょう。

記譜法についてはこちら


d: F (4/4)
/S.d :-.r :m  :d  /L.d :-.L :S  :-  /M.S :-.L :d  :T.d /s  :-  :m  :-  /

/S.d :-.r :m  :d  /L.d :-.L :S  :-  /s.m :-.s :f.r :-.m /d  :-  :   :T.d /

/r  :-  : .S :d.r /m  :-  : .d :m.s /l  :s  :f  :r  /s.s :s.s :s.f :m.r /

/d.d :d.d :d.L :S.L /d  :-  :-  : .d,r /m.m :m.m :s.m :r.d /r  :-  :-  : .m,f /

/s.s :s.s :s.m :r.d /L.d :d.d :r.d :T.L /S.m :-.m :S.r :-.r /d  :-  :   :   ///


楽譜の学習でも語学学習の場合と同じく、新しい記号体系に慣れるためには、読むことと自分で書くことのバランスが取れていることが重要になります。

読者の皆さんも読むことに加え、知っている旋律をトニック・ソルファ譜に直してみてはいかがでしょうか

なお、読むことに関しては例えばジョン・カーウェンの教本などから、以下のようなトニック・ソルファ譜を色々読むことができます。*


John Curwen, 1876より


あるいは、当ブログの「トニック・ソルファ譜集」カテゴリーの諸記事にある楽譜も使えます。


_____
注)
* 画像は John Curwen, 
The Standard Course of Lessons & Exercises in the Tonic Sol-fa Method of Teaching Music (3rd edition, 1876), p. 53より、19世紀当時におけるトニック・ソルファ譜。こちらのサイトよりスクリーンショット。