今回の記事より当ブログのトニック・ソルファ譜集では、19世紀アメリカの作曲家スティーヴン・フォスター Stephen Foster(1826~1864)の歌曲を特集していきます。

読者の皆さんの視唱の勉強にお役立てください。
また、視唱を通してフォスターの旋律法について色々と発見があれば幸いです。

第1回目は《おおスザンナ Oh! Susanna》です。

楽譜の記号のうち「 d: E~G 」は、ド(d)の音高をだいたいホ(E)~ト(G)くらいにするとちょうど良いことを表します。
ただし、これについては各自の歌いやすい音高で問題ありません。
その他の記号についてはこちらをご参照ください。

ではどうぞ!


d: E~G (2/4)
.d,r / m . s : s .-,l / s . m : d .-,r / m . m : r . d / r     : - .d,r /

/ m . s : s .-,l / s . m : d .-,r / m . m : r . r / d     : - .d,r /


/ m . s : s .-,l / s . m : d .-,r / m . m : r . d / r     : - .d,r /


/ m . s : s .-,l / s . m : d .-,r / m . m : r . r / d     :       /


/ f     : f     / l . l : - . l / s .-,s : m . d / r     :   .d,r /


/ m . s : s .-,l / s . m : d .-,r / m . m : r . r / d     :   ///



* 画像:フォスターの肖像写真(パブリックドメインであることを確認の上、こちらのサイトより転用)
Stephen_Foster