2018年8月25日(土)に以下の講座を開講します。
受講の申込を受け付けております。

=====

ドレミ階名唱(いわゆる「移動ド」唱)ソルフェージュ

転調 講座


階名唱の華である転調 その歌い方と効果的な訓練方法について徹底解説

講師:大島俊樹

 

【日時】 2018年8月25日(土) 1830分~2030 19時~21時(変更になりました)


【場所】 JR池袋駅より徒歩圏内(申し込まれた方に直接お伝えします)

【受講対象】 ソルフェージュ指導者、音楽教師、音大生、音楽愛好者など

  *階名唱未経験者・初学者~中級者向け


【受講費】 4,000円(大島の普段のレッスン受講生は3,000円)


【定員】 10名(開講のための最小人数5名)


【申込先】 講師まで直接(以下のいずれか)

  ① 電子メール:(講師アドレス)fixeda.moveddo.toアットgmail.com

  ② Twitterのダイレクトメール:(講師アカウント)https://twitter.com/toshiki_oshima

  ③ Facebookのメッセージ:(講師アカウント)https://www.facebook.com/toshiki.oshima.solmization


【振込先】 申し込まれた方に直接お知らせします


【申込期限】 2018年8月7日(火)(定員に達し次第打ち切り)

 


<講座概要>
 (予定)

たっぷり2時間を使い、転調に関する事柄だけを集中的に取り上げる講座です。
階名唱での転調の歌い方、読譜方法、基礎訓練方法を講師が詳しく解説したり紹介したりします。
受講生の皆さんが実際に歌い、体験・参加できる部分もあります。
(初心者の方でも参加しやすいものになっています)


階名唱の最も面白い部分である転調。転調をきっかけに階名唱に「ハマった」人も少なくありません。

しかし、その歌い方や訓練方法については疑問のある方も多いかもしれません。

・そもそも転調とはどのような音楽的現象?

・「転調は階名を使う方が歌いやすい」と言うが本当? 逆に難しそうなイメージもあるが…

・調が変わったらどのようにドレミを付ければ良い?

・近親転調では? 遠隔転調では?

・転調しているかどうか分かりにくいところはどのようにすれば良い?

・効果的な基礎訓練方法は?  …など

そのような疑問に、音楽研究・指導歴10年以上の専門的見地からお答えします。

参加者の皆さんが歌う部分では、歌いやすいよう配慮します(全員あるいは複数人で歌う、一人で歌う場合は挙手制にする、など)のでご安心ください。
階名唱未経験者・初学者の方は「話を聞いているだけで歌には参加しない」なども可能です。


★ 特典 ★


受講者の方には、講師著の以下教材をそれぞれ割引にて販売します(ご購入は任意)。

『階名唱77のウォームアップ集』 通常1512円→1000

『正しいドレミの歌い方』(表紙以下) 通常1944円→1700

表紙画像(サイズ小)


=====
以上と同内容のチラシを当記事の最下部(下記)に添付します。
読者の皆さんの周囲にも興味のありそうな方がいたら、こちらを使いお知らせください。

なお、講座当日の8月25日よりも前に私の通常レッスンを受講開始される方には、上記の「普段の生徒」割引が適用されます
この機会に、こちらもいかがでしょうか?

それでは、ご受講お待ちしています




【関連記事】(転調関係、新しい順)
転調の本質を捉えられるのは階名唱

平行調転調と同主調転調の練習方法

「サルでも分かる」シャープとフラットの規則

いつ聞いても感動的な「転調の規則」 ― 続き

いつ聞いても感動的な「転調の規則」

ミューズ夏期特別講座 「移動ド」勉強会のお知らせ

「『移動ド』では転調の多い曲に対応できない」という考えの奇妙さ

階名法(「移動ド」)の重要さがよく分かる図書

「移動ド」は転調に強い



チラシ
転調講座 チラシ(ウェブサイト用)