トニック・ソルファ譜によるフォスターの歌曲特集、第4回目は《主人は冷たい土の中に Massa's in de cold ground》です。*
日本では加藤義清作詞による唱歌《春風》としても歌われています。

記譜法についてはこちら

では、歌って旋律を味わってみてください。
フォスターの歌曲にはよくあるように、ドレミソラの五音音階を中心としながらも部分的に他の音(この曲ではティ)が加わります。

同じ旋律を反復する1段目と3段目で、後半のリズムがやや異なることにご注意ください。


d: B~Eb (4/4)
/ s  :-.l :s.m :r.d / d'  : -  : l  : .l / s  : m  : m  :-.d / r  : -  : -  :    /

/ s  :-.l :s.m :r.d / d'  : -  : l  :    /l.s :m.d : m  : r  / d  : -  : -  :    /

/ s  :-.l :s.m :r.d / d'  : -  : l  :    / s  :-.m : m  : d  / r  : -  : -  :    /

/ s  :-.l :s.m :r.d / d'  : -  : l  :    /l.s :m.d : m  : r  / d  : -  : -  :    /

/ d' : -  : t  : l  / s  : -  : m  :    / l  : s  : m  :-.d / r  : -  : -  :    /

/ s  :-.l :s.m :r.d / d'  : -  : l  :    /l.s :m.d : m  : r  / d  : -  : -  :    ///


_____
注)
* 楽譜の出典はこちら(University of Pittsburgh > ULS Digital Collections > Stephen Foster Collection より)。


* 画像は《主人は冷たい土の中に》の1852年頃出版の楽譜(
こちらのサイトより転用)
Massa's_in_de_Cold_Ground