2007年06月13日

樹脂パンパーの救世主・・・。

80’sカーには多い黒い樹脂パンパーですが、ココが色褪せると、とてもみすぼらしい。
古い車ほど、ココが黒いとシャンと見えるところはないですよね!!

スプレー式のタイヤWAXなんかで小まめに手入れしてきたんですが、長持ちしないんですよね・・・黒さが。
bpw

そこで登場!!
固形のタイヤWAXです。

YHで1200〜1300円と値段もリーズナブル!







bpw2
最初なので、どんどん、沁み込んで行きます。

WAXが半ネリの黒なので、当然、手も黒くなります^^)











bpw4
こんな感じで仕上がります。






bpw3
耐久性は後日報告という事で・・・。





みんカラにも参加中です。
mink












にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!




fj20_1985 at 10:19|この記事のURLComments(0)

2007年05月16日

とりあえず、MUSIC!!

au1

余っていたナカミチデッキ・・・。

配線は楽です・・・とっても。

今の車ではありえないくらい、スペースが確保できます。








au2

DRのために温存していたパイオニアTS−X11!!

当時、アルミダイキャストボディの置き型スピーカーは高嶺の花でした!!

パイオニア、KENWOOD、クラリオン、アルパインなど、メーカー各社が高音を競っていた時代の一品は歯切れ良い、今とは違う感覚の音質を奏でてくれます。

・・・

接続して試聴・・・。


懐かしいカセットテープの音源・・・。


仮選択ですが、実は究極だったりして!


コンソールの設置まで、配置位置は助手席の足元です・・・。


古いカセットテープをあさらなければ・・・^^;)















にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!


fj20_1985 at 15:33|この記事のURLComments(2)

2007年05月04日

初ドライブ前にチョット・・・。

黒
ココ、ずっと気になってました・・・。






黒1
前後左右のみ、お手軽マスキングで塗りました。
つや消しなので、脱脂のみで下地処理もなく・・・。






PW1


次にPWの修理・・・。
ストックしていたSWの交換です。

実はコレも破損品・・・。

ホントにこの時代の日産のSWは樹脂も弱いし、構造も難アリです!!

ストック必要ですね・・・。







PW2

エポキシで接着!!

このSWがないと、コンソールのSWでも窓をあけることは出来ません・・・。







PW3

交換・・・。

窓が全部開くぞ〜!!











PW4

最後は窓枠溝にシリコンスプレーを!!

すべりが良くなれば、モータの負担も少なくなるし・・・。















にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!


fj20_1985 at 12:47|この記事のURLComments(0)

・・・朝。

朝

目を覚ますと、間違いなく、夢ではなく・・・。









にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!


fj20_1985 at 07:11|この記事のURLComments(0)

2007年05月03日

念願の帰宅・・・。

帰宅・・・。

帰宅途中にパチリ・・・。






帰宅2・・・。

普通に走れる事に感謝・・・。










にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!


fj20_1985 at 21:10|この記事のURLComments(0)

記念すべき2007/5/3・・・帰還。

sh1

休日にしては、早く目を覚まし、約20km離れた工場へ・・・。

・・・・

師匠、一人で頑張ってました・・・。

私「車高も、もうちょっと、下げた方がいいですよね・・・。」

師「そうだね・・・。」

・・・・

コレは自分でやらなければ・・・という事で、車高調レンチを借りて、タイヤにスロープを駆り、指2本くらいまで落としてみました。

高すぎず、低すぎず・・・。

最近のローダウン車では普通でも、実はDRには結構、キツイ車高です。

sh2

その間、師匠の方は、パワーウィンドウの分解、メンテ・・・。

左後ろ以外は開くようになりました・・・。

この左後ろのドアにはSWが破損欠品しており、モーターをバッテリー直結したところ、動くのを確認!!

自宅にストックがあるので、パワーウィンドウに関しても終了!

残るはサイドのステッカー・・・。

ちょっと、気を抜くと曲がってしまいます。


記念に貼ってもらう意味もあるので、細かい事ナシです!!

「ちょっと、曲がった・・・。」

「ここがな〜・・・。」

「ステッカー、もう一回作るから・・・。」


・・・・

・・・・

・・・・

いいんです、もう感無量ですから・・・。

魂が吹き込まれた気がしました!!


そして帰還・・・。

以前、公道をこのDRを走った記憶は、霞のように小さくなっていましたが、

クラッチを繋いだ瞬間・・・。


何なんでしょうね・・・この感覚・・・。


さあ、帰ろう!!!













にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!


fj20_1985 at 16:43|この記事のURLComments(2)

2007年05月02日

2007/5/2夜・・・。

m1






m2






m3






m4






m5






作業場から出てきたDRを最後の洗車・・・。

いろんなものが、こびりついて、沁み込んでしまったものも沢山あるはず・・・。

新たな第一歩のために、全て洗い流して欲しいと願う気持ちで、眺めていました・・・。

残るは、ウィンドウの開閉と、ステッカーのみ・・・。



そして、問題の帰還!!

明日、5/3に決定!!!


師匠、明日、出てきてくれるそうです・・・。

「俺も来ますよ!!」って心の中で・・・。












にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!


fj20_1985 at 20:54|この記事のURLComments(0)

2007年04月30日

待望の帰還まであと・・・。

前々から、納車時期については、車の状況と、工場の混み具合ではっきりしていませんでしたが、ほんとに、間近になりました・・・。

私「GWには乗れますかね〜?」

師匠「乗りたいよね〜。やっぱり・・・。」

私「出来れば・・・。」

師匠「そうしたいんだけど、部品来なくちゃな〜。」

私「そうですよね・・・。」

師匠「多分、いけると思うんだけど・・・。」

私「マジすか!!!!」

・・・・

私「とりあえず5/2に来てみます〜。」

たわいもない会話にすごく大きな意味がありました。









にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!


fj20_1985 at 00:00|この記事のURLComments(0)

2007年04月28日

納車まで、あと一歩!!

納車・・・待ち

車検が上がり、ナンバーを無事取得!

残るは、何点かの不具合対処・・・。

まず、

*原因不明の放電。
これは、リレー全交換で様子を見ることに・・・。

*社外水温計のセンサーアダプター待ち

*ウィンドウの開閉不良。
長い間の固着です・・・。

*サイドのステッカー貼り。
自分で!とも考えたのですが、ここに記念の1枚を師匠に貼ってもらいたかった。

*ドライブシャフトブーツの交換・マフラー吊ゴムの交換
車検の帰路、マフラーが落ちて、ドライブシャフトのブーツが切れてしまった。

大きくは以上の不具合が解消すればDRは帰還・・・。












にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!


fj20_1985 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2007年04月21日

熱くなりました・・・。

ひょんな事で仕事中、DRを預けている工場の前を通過しました・・・。



・・・・・!!!!



????・・・・!!!



???????????!!!!!




DRが工場前に停まっている・・・!!!


しかも、しかも、何か白いモノ付いている!!!!!


うっかり通り過ぎてしまって急ブレーキ!


バック、バック・・・気が逸ります。


・・・・・・・・


・・・・・・・・


・・・・・・・・


・・・・・・・・


・・・!







明らかにこれは、ナンバー!!


大の大人なのに、一瞬で目頭が熱くなってしまいました。


今さっき帰ってきたそうで、エンジンもまだ暖かい。


師匠に聞くと、DRで自走して陸自に行ったそうで、それが正真正銘、公道復帰の一歩だったんでしょう。

車検用に車高は上げられ、ごく、ごく普通の車に見えるDRですが、ココまでの道のりは、ほんと遠かった・・・。

思い起こせばココまでの8年間・・・。

いろんな事がありすぎました。

まだ回想している心の余裕はないので、そんな記事は後日、改めて・・・。



問題のライトの光量は何とかギリギリ?通った(通した)みたいで、一発で車検が通った事は、まさに、手を掛けてくれた職人さんがたのおかげに他ならないです。

改めて感謝、感謝です。


車検完了で、いざ帰還!!

なんて訳にはいきません。

とりあえず、車検は通しちゃおうくらいの感覚の車検ですから、これから先があります。

ボディ磨き、サイドのステッカー貼り、追加メーターの配線配管、それに伴ってホース類の全交換(ラジエター上下・ヒーター上下)、そして師匠が見つけてしまったサイドステップ裏の小さな錆の穴(ホントは大きいのかは未確認)の板金、ウィンドウの固着修理(運転席以外の3枚は下がりません)・・・・などなど。

という事で、ご帰還は、GWまでに間に合うか、間に合わないか、微妙なライン・・・かな。

何はともあれ、公道を走れるようになった感激が、今も続いています。

普通に道路を走らせるって、こんなに大変だと思った事は今までありませんでした。

そして、ナンバーがこんなに綺麗に見えた事もなかった・・・。


何の因果か、翌日は私の誕生日・・・。

誕生日を喜ぶ歳でもないのに、妙にその日が嬉しく思います。












にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!







fj20_1985 at 18:10|この記事のURLComments(4)

2007年04月18日

一歩一歩・・・感謝・・・。

一つ一つの作業箇所を見ていると、長い間、手を入れてもらってる人達から、沢山の思いを込められているのが伝わってきます。

決して、暫定的修理ではなく、永く持つように板金されていくボディ・・・。

プロの技と意地と思いが伝わります。
r・

トランク内左





r・・

トランク内右





r・・・

外されたパーツも順番に整然と・・・。

わりと今までは、何もかも一人でコツコツいじってきましたが、良い車屋さんとの出会いが、車好き人間の最高の幸せなのかもしれないと、最近思ってきました。

車を通じて情報を交換できるWebの世界も魅力が大きいですが、実際に車を通して伝わる心を越えるものはないでしょう・・・。

面と向かって口には出せませんが、ほんと感謝の気持ちが募るばかりです。









にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!






fj20_1985 at 19:00|この記事のURLComments(0)

いよいよ車検・・・。

車検待ちの姿・・・。
d・







d・・・・







d・・・・・

私的に不安は多々ありますが、関わってくれた方々、信頼してます。









にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!



fj20_1985 at 14:27|この記事のURLComments(0)

2007年04月11日

・・・撤収・・・。

車検が間近という事で、ノーマルパーツ&お釈迦エンジンを引き取りに行って来ました。

ひきとり・

集めると結構あります・・・。






ひきとり・・

エンジンはOHか、ニコイチ・・・?!






ひきとり・・・

足回りは、時間を見てバラしてみて、まだ使えるか確認します。









にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!



fj20_1985 at 17:19|この記事のURLComments(0)

2007年04月06日

DR新規登録に向けて・・・。

車検新規登録に伴い、今回は贅沢に希望ナンバー登録をします。

1週間ほど待つようになりますが・・・。

昔では考えられないシステムです。

希望番号制度
https://www.kibou-number.jp/kibou/index.html









にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!




fj20_1985 at 20:12|この記事のURLComments(0)

2007年03月30日

DRヘッドライトOH11

あらい

工業用洗剤でよ〜く洗います。










ひかく


右が洗い前。左が洗い後です。
写真では分りづらいですが、実物は結構違います。








くりっぷ


ガラスを合わせて、ファンヒーターの前で温めながらクリップで留めます。



ヘッドライト完成



待ちに待ったヘッドライトの完成です!!

再バラシの可能性もあるので、防水コーキング処理はしません。

即、工場持ち込みます〜♪♪




いよいよ、車検に突入!!!










にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!


fj20_1985 at 11:29|この記事のURLComments(0)

2007年03月29日

DRヘッドライトOH10

rifoh

戻ってきたリフレクターを逆順で組み付け・・・。






rifoh2

組み立ては自分で分解しているので、楽勝!






rifoh3







rifoh4

硬化しているブチルゴムでレンズを嵌める際に引っかかりそうな部分のみ、ニッパーでカット・・・残りは暖めて、再接着に利用します!





rifoh5







rifoh6

組み付け完了!!輝きは新品以上!!・・・レンズ洗わなければ。










にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!

fj20_1985 at 20:56|この記事のURLComments(0)

2007年03月25日

DRヘッドライトOH9

とうとう上がってきました!!

いろいろありましたが、出来は上々!!

純正同様、蒸着メッキで仕上げたそうです。

納期3週間・・・あまり問題ではありません。

出来上がったことが重要ですから・・・。



mekki 1







mekki 2







mekki 3










にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!



fj20_1985 at 02:08|この記事のURLComments(0)

2007年03月13日

DRヘッドライトOH8

drめ

メッキに出して早2週間・・・。

当初、納期10日間との事だったので、連絡入れてみました!!

結果、あと1週間かかるとのこと・・・。

混んでいるからではありません。

トラブっているようです。

メッキの方法としては、純正同様に蒸着メッキでトライしているようですが、問題は下地が剥離しきれず、再メッキがのらないんだそうです。

通常の下地は一般的に真鍮や銅で、それを鏡面加工した上に、表面に仕上げ用のクロームをのせるんですが、下地がどうやら、金属ではなく、ベークライトっぽい材質の様だそうな・・・。

下地の平滑化を省略する為に、メーカーで手抜きをしたのか・・・。

さらに、5個送ったリフレクターの材質がバラバラで、同一の作業が出来ないとも・・・。

今のところ、1個は完璧に上がっているそうで、残り4個の上がり待ち状態です。

ちなみに、「焼け」もメッキののらない原因だそうです・・・。








にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!



fj20_1985 at 19:35|この記事のURLComments(0)

2007年03月10日

DRヘッドライトOH7

はっそう







対応不可の状態では車検に向かう事も出来ないので、Webで検索して次々電話です・・・。




何とか見つかり、発送しました。

納期は10日間とのことで・・・結果は近々ご報告します!!







にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!

fj20_1985 at 16:54|この記事のURLComments(0)

2007年03月08日

DRヘッドライトOH6

いざメッキ!!

ということで、会社でも取引しているメッキ屋さんにリフレクターを持ち込みました!

結果、通常の工業用メッキでは不可との結論に・・・。

凹部にはメッキはのせられないらしい・・・。

このリフレクターのメッキは、蒸着メッキと言われるもので、メーカーレベルでないと処理不可能とのこと。

ただ、そのまま帰るのも空しいので、ダメモトで、旧車などのレストアをしているメッキ屋さんを紹介してもらって、そのまま直行!!



メッキ屋さん








そこでの話は、メッキは可能との回答!!

が!装飾用なので反射目的での使用は保障出来ないと・・・。

以前、車検用にメッキを掛けた実績があり、その際も車検不合格だったそうで。

更に追い討ち!

中国オリンピックの影響でニッケルが高騰(数年前から異常に!)でメッキの材料も昨年から比べると10倍近く仕入れが上がっているそうで、持ち込んだリフレクター4個で3万円は越える・・・なんて話されました。

車検も通る保障もなく、費用3万!!(ちなみに新品ライトASSYは3万円強)

次の手を考えます・・・。



蒸着





真空蒸着の原理

真空蒸着技術とは、対象物に対して金属のメッキを施すメッキ技術です。
真空蒸着法では、メッキを施す金属(ターゲット)を真空蒸着装置内部の発熱源(蒸着源)に載せて、真空中で熱を加えます。
すると加熱された金属ターゲットが気化・昇華し、真空蒸着装置内の真空中に飛散した金属ターゲットは対象物(基板)に付着(蒸着)します。
その結果、きわめて薄い金属膜(薄膜)を形成することになります。
これを一般に、真空蒸着メッキと呼びます。

真空蒸着技術では、金属や樹脂、ガラスやセラミックスなど様々な材料に、アルミニウム(Al)やクロム(Cr)、金(Au)、銀(Ag)、銅(Cu)などの金属(ターゲット)の薄膜を蒸着することが可能です。
真空蒸着技術の利点として、蒸着膜の厚さのコントロールが可能であることがあげられます。
真空蒸着技術では、真空を利用することにより、基盤と密着度の高い蒸着膜を何重にも形成することが可能になります(多層膜)。
この真空蒸着技術は非常に広く応用されています。

真空蒸着の応用例

真空蒸着技術は、メガネやカメラのレンズ、磁気テープ、液晶ディスプレイ、プラズマディスプレイ(PDP)、プロジェクタなどのほか、CD・DVDの盤面など広く応用されている、生活に不可欠な技術です。
例えば、PDPに応用される真空蒸着技術は、40層以上にものぼる精密な多層膜を形成します。
しかし真空蒸着技術が応用されるのは、こういった精密技術ばかりではありません。
身近なところでは、日光を遮り、酸素や水分の透過、酸化を防ぐ目的としてスナック菓子やレトルト食品の包装(裏側の銀膜)やビール瓶などにも真空蒸着技術が用いられています。
また素材に光沢を出すことで高級感を出すという目的で、さまざまな衣料や装飾品などにも、この真空蒸着技術が応用されています。

【以上引用】






にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!




fj20_1985 at 19:06|この記事のURLComments(2)

2007年03月06日

DRヘッドライトOH5

磨き前Lo
磨きまえ







磨き後Lo
磨き後LO







磨き前Hi
磨きまえHI







磨き後Hi
磨き後HI








ごく一般レベルでこんな感じです。
Loは焼けているので間違いなくメッキは軽く撫でただけで剥がれます。
真鍮っぽい色の下地が出てきます。

反射はしますが、光量アップは期待できないでしょう・・・。

Hi側は運が良ければ使えます。

使用頻度の問題です。






にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!



fj20_1985 at 17:42|この記事のURLComments(0)

2007年03月04日

DRヘッドライトOH4

リフレクターを磨いてみます!

これ、駄目モトです。

何といっても、メッキ部分がLoに関しては完全に焼けているので、復活はほぼ無理!!

光ればラッキーです!
りふ磨き1







りふ磨き2







用意した研磨剤は「ピカール」「極細目コンパウンド」写真にはありませんが、水垢取りWAX。

結果、やはり、どれも似たり寄ったり・・・。

「極細目コンパウンド」を水で薄めて使ってもみたんですが、結果は・・・。






にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!


fj20_1985 at 17:30|この記事のURLComments(0)

2007年02月28日

DRヘッドライトOH3

ケース裏の光軸調整ボルトを全て緩めます・
リフレクターはずし1

Lo側のリフレクターケースのボール軸をマイナスドライバーなどで手前に引き出します。







リフレクターはずし2

同じくHi側のリフレクターケースのボール軸をマイナスドライバーなどで手前に引き出します。







リフレクターはずし3

リフレクターをケースから外します。

Lo側は1ヶ所緩み止めの金具が1個取り付けられています。

左右で合計4ヶ所のツメを、ケースを破損させないように、ゆっくり、マイナスドライバーで引き上げ、リフレクターを外します。






リフレクターはずし4

リフレクター単体にするために、バルブホルダー(バルブシェードごと)を外します。

3ヶ所のカシメ止めなので、適した工具で押し込んである、ツメを引き上げます。






リフレクターはずし5

これでリフレクターのみとなりました。

バルブシェードは外すと見た目、明るく見えるそうですが、あまり効果は無いと聞きました。

配光の関係で、車検の際は必要になります。

私は、通常仕様で1セットは外します。

バルブシェードは外から見るとライト全体を暗く見せてしまうので、耐熱シルバーで塗装するつもりです。

次は、ダメモトでリフレクター磨きです!!






にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!


fj20_1985 at 17:09|この記事のURLComments(2)

2007年02月26日

DRヘッドライトOH2

hlクリップ

ヘッドライトを洗ってから、まず上下のクリップ6ヶ所をマイナスドライバーを使って外します。







drヘッドライトばらし

次は湯割り・・・。

一番良いのはヒートガンで暖めて外す方法ですが、熱が均等に行き渡らないのと、熱くなっても冷えやすいので私は湯割りで行きます。

問題点は、熱で、リフレクターが変色します。

もともと、純正のメッキは蒸着されているらしく、メッキとしては弱い表面です。

曇っても再メッキをかける覚悟なので、少々、リフレクターが痛んでも、確実に剥がせる湯割りの方が、本体を破損させる可能性が低いと思います。

今回、ばらした際に、それでもガラスを何箇所か欠けさせてしまいました。

数年ほど前にヒートガンで割ったライトは確かにリフレクターは痛みませんでしたが、本体は、かなり、変形してしまいました。

沸騰した湯を洗面所に張り、つける事5分・・・。

ブチルゴムが柔らかくなったところのライトレンズと本体ケースの隙間に少しづつマイナスドライバーを挿入!

外側のカバーゴムの内側からスタートがベストです。

少しづつ、焦らず、ゆっくり、剥がします・・・。

少し隙間が空いたら、ハメ合いの溝に沿って切り込んでいきます。

溝にドライバー先端が入れば、ブチルゴムが十分温まっているので、いとも簡単に剥がす事が出来ます。






にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!



fj20_1985 at 17:17|この記事のURLComments(0)

DRヘッドライトOH1

ヘッドライトOH

板金もほぼ終わり、次は車検の準備!

まず、DRの致命傷の暗いレンズ・・・。

ほとんどの場合、リフレクターの焼けが原因。

このままでは光量不足で車検不合格間違いなし!

片方一個、3万円以上する新品を揃える予算は無いので、OHを決行!

予備の2セット含めた3セットをバラします。

そして、メッキ状態の悪い物と、良品を選別して、クリーニングでいけるものはそのまま使用。

NG品は再メッキに出します。







にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!


fj20_1985 at 16:57|この記事のURLComments(0)

2007年02月24日

DR板金終了・・・・・。

mae1







mae2







mae3







mae4









見違えるようなボディに一新!!

次は車検準備。


すんなりいくかと思いや、次なる問題発生!!

DRの欠点の暗いライト(ほとんどの場合、リフレクターが焼けています)

すでに、今の状態では光量が絶対的に不足!車検不可!

ライトバラシにかかります。

リフレクターの再生です・・・。

今回は自力で何とか・・・。

これ以上、師匠の手を煩わせては・・・。



どちらにしても、ライトの再生は今回の必須項目でしたから、覚悟はしてました。

最終的な形は、フォグランプとおさらばして、すっきりしたフロントシェイプを作って、HIDを投入・・・っていうのが目標でしたから・・・。

HID入れるにも、焼けたリフレクターでは宝の持ち腐れ!

とにかく、行動あるのみ!!







にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!


次は車検準備。

次なる問題はDRの欠点の暗いライト。

すでに、今の状態では光量が絶対的に不足!車検不可!

ライトバラシにかかります。

通例のリフレクターの再生です・・・。

fj20_1985 at 11:31|この記事のURLComments(0)

2007年02月17日

DR板金終了・・・・。

リア右1−1−1







リア右1−1−2・







リア1−1−2・・




リア右の図です。

少々、左より出ています。

沈めば内側に入るのでいい感じです。

かつての腐れきったリアフェンダーは想像がつきません・・・。





にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!

fj20_1985 at 16:25|この記事のURLComments(0)

DR板金終了・・・。

リア左の図です・・・。
リア左1−1−1







リア1−1−2







リア1−1−3








少々、被っていてヤンチャ風でステキです。







にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!

fj20_1985 at 16:12|この記事のURLComments(0)

2007年02月16日

DR30フロントフェンダーつめ折

f−つめ1







f−つめ








R32 4POTキャリパーを装着に伴い、7J+25に15mmスペーサーを使用してフロントフェンダーが、ツライチになりました。

キャンバー調整で更にセッティングは出来ますが、現状では丁度いい感じです。

このままフェンダー干渉なしでいけるかも・・・なんて思っていたんですが、先日覗きに行ったところ、キチンとツメ折とフェンダー加工(微妙に引っ張ってくれています)してくれていました。

心遣いのある作業に感謝、いっぱいです。








にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!

fj20_1985 at 10:45|この記事のURLComments(1)

2007年02月15日

DR30リア板金・・・後半へ。

DRリア塗装

サフが入りました・・・。






リアサフ

リアから・・・。






サフフェンダー

リアフェンダーの形状が明らかになりました。
サフが入るとワクワクしてきますね・・・。










にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!



fj20_1985 at 10:54|この記事のURLComments(0)

2007年02月09日

DRの休息所・・・。

rsxc-1


キャンバー調整で何とかフェンダーに入ってくれました・・・。

フロントはホントにギリギリです。



プラグがカブったらしいです・・・。


徐々に、間違いなく進んでいます。

復帰に備えて最後の休息を取っているようにも見えます。










にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!

fj20_1985 at 17:46|この記事のURLComments(0)

2007年02月07日

DR30・・・内装。

dr−ds

内装もやっぱり紫外線等でやられています・・・。

ハイタッチモケット一式も準備しているんですが、内装も全体的にやらないと・・・。

目立たずしっかり仕上げたいです。










にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!

fj20_1985 at 17:17|この記事のURLComments(0)

FJ20・・・愛読書。

hon





FJ20を組む特集が組まれています・・・。

今の昼休みの愛読書です・・・。




hon2














にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!

fj20_1985 at 12:44|この記事のURLComments(0)

リアを後ろから・・・。

リア左-1

一番の大手術の部分です。

やはりトレッドは左右、微妙に違います。

しかし、フェンダーは新規作り直しなので心配無用・・・。

さらにスペーサーでトレッドを拡げるのでシックリくるでしょう。


苦労の軌跡が・・・。

最高の仕事です。

↓右
dr−rr









にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!

fj20_1985 at 11:50|この記事のURLComments(0)

DRに車高調・・・後ろ。

DR足回り交換2

リアはこんな感じです。

まだ余裕があります・・・車高もトレッドも。

リアのツライチ設定は8.5J+20か!?







にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!

fj20_1985 at 11:44|この記事のURLComments(2)

DRに車高調投入!!

DR足回り交換

車高調が入りました!

JIC製です。

走ってみないとインプレは出来ませんが、入手状態でそのまま付けると、かなり車高が低いです・・・。

フロントのキャンバーが一番アウトの状態なのでタイヤの上部が大きくはみ出ています・・・。









にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!

fj20_1985 at 11:41|この記事のURLComments(0)

2007年02月02日

FJ20・・・目から鱗。

目から・・・。

ヤフオク出品中のDRですがフルレストアすると、こんなになるんだ・・・なんて見入ってしまいました。







にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!

fj20_1985 at 18:29|この記事のURLComments(1)

2007年01月31日

DR30・オイルパンショート加工・結晶塗装・・・。

旧車は特にオイルパンがメンバーより下に出ています。

もともと、車高を下げる事は考えられなかったのか、ストレーナー形状の設計の考慮なのか・・・。

DRでは泣き所になる、車高を落とした場合のオイルパン。

今回は、今まで一番の難関です・・・これまでになく、下げますから。

そこで、オイルパンのショート加工になる訳ですが、以前どこかで加工してくれる業者があったような・・・。

が、探せど探せど見つからず・・・。

やっと1件見つけたのが

ESCORT さん

ドラッグレースなどのチューニングショップでノウハウも豊富らしいです。

ストレーナーをショート加工してパンもカット。

そして底に、オイルの量を確保する為に弁当箱のような箱を溶接しています。

なんと、ショート加工量は3cm、しかも油量は増量されているそうです。

ストレーナー、オイルパンをセットで加工してくれます。

↓これが問題のショート加工オイルパン
oilpan







↓結晶塗装もしてくれます!!
結晶塗装







今回、ここまで予算が捻出できないのが残念です・・・。

師匠に相談、相談・・・。






にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!

fj20_1985 at 09:49|この記事のURLComments(0)

2007年01月26日

DR30でツライチ・ロングハブボルト交換

話は前後しますが、フロントにR32キャリパーを入れた為、15mmのワイドトレッドスペーサー入れました。

リアにまだ10mmほどの余裕があり、余計にそのバランスの悪さが目立ちます。

リアにもワイドトレッドスペーサー・・・なんて、最初は考えたんですが、10mmのそれを取り付けるナットって、見てみると、コレが薄い・・・。

掛け代は同じなんでしょうが、レンチを掛ける時、トルクが掛けられないような不安と、回転の真円度の問題、折れる不安等々、検討した結果、ロングハブボルト交換で対応に決定!

昨日、DRを見に行ったところ、すでにボルトは到着済み(んっ!競技用?)

今回は師匠にお願いしますが、次回は自分で^^)

DR30でツライチを狙う・・・って邪道のような気もしますが。

Webで沢山のロングハブボルト交換を紹介されています。

DIYでやられる方、覗きに行ってみては!?









10
11





にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!

fj20_1985 at 12:00|この記事のURLComments(3)

2007年01月23日

DR30・・・リア

テール・・・。

板金に伴い、リアバンパーが外され、いろいろな面が浮き彫りに・・・。

前の色替えの時、バンパー裏は塗られていなかったんですね・・・。

影響が出るところではないですが、仕上がりの気持ちの良さが得られるならば、一緒に塗っても、さほど手間はかからないレベルの作業だと思います。


まだまだ続く・・・。






にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!

fj20_1985 at 14:20|この記事のURLComments(0)

2007年01月17日

また作られていくDR30・・・。

左・リア・

特にひどかったのはこの左リア・・・。

見ての通り、完全に作り直し。

切って貼っての繰り返し・・・。

感謝、感謝の連続です。

持ち込んだ前日まで程度のいいR30が部品取り状態であったそうで、本当に残念でなりません。







にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!


fj20_1985 at 12:54|この記事のURLComments(0)

2007年01月16日

DR30の顔・・・。

ステッカー到着!

ジェネシスさんから到着です・・・。

これで心置きなく腰下板金できます。

フロントエンブレムも新品は始めて見ます・・・。







にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!


fj20_1985 at 18:01|この記事のURLComments(1)

2007年01月12日

スカイラインRS

DRRS

スカイラインR30はトップグレードが「GT」ではなく、「RS」・・・。

なぜかハグレモノイメージで好きです。

FJ20のフィーリングも、どのスカイラインとも共有することなく・・・。


オイルショックで(私が高校の頃)骨を抜かれた車ばかりの時代に突如として現れた日産のまさに救世主。


ジャパンターボよりも私には衝撃的だった・・・。




そろそろ、うちのDRも目を覚ましている気配があります・・・。






にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!


fj20_1985 at 15:24|この記事のURLComments(0)

右リアフェンダー・・・RS-TURBO

右リアフェンダー

見た目こっちの方が腐りが激しかったんですが、実際に重症なのは右でした・・・。





にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!


fj20_1985 at 14:52|この記事のURLComments(0)

2007年01月11日

DR30・・・穴、穴、穴・・・。

トランク右

トランク右のスペアータイヤ裏も腐っておりました・・・。

水抜きの穴、開け直しですね・・・。

新しい鉄板がやけに嬉しいです。

最初はショックだったんですけどね!


エンジンが心配でしょうがないです・・・電装は大丈夫なのか・・・。

ソレノイド関連のバルブは大丈夫なのか・・・。

パーツの調達もタイミングが良くないと難しくなってますよね、



ヤフオク、アラート入れとかなきゃ!




にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!


fj20_1985 at 20:14|この記事のURLComments(2)

2007年01月10日

DR30を買おう・・・って。

やっぱり気になりますよね〜。

ヤフオクでの最新状況・・・。

他の旧車なんかと比べると絶対的に割安ですよね。

ずっと乗るならやっぱり4ドアターボCかな・・・私は。

悲しいかな、今までかかったレストア費でみんな買えるのが恨めしい・・・^^)

220000即決

220000円即決




67000km−250000

67000kmで250000円




350000〜

350000円〜




390000〜

390000円〜




596000〜

596000円〜






にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!



fj20_1985 at 12:38|この記事のURLComments(2)

DR30フロントエンブレムも注文!

↓昨年までの放置状態のDR
rs-side


サイド腰下板金に伴い、

DR30フロントエンブレム「S」  ¥2,940
サイドステッカー(I/C文字付・ブラック 2枚セット)  ¥5,355
ジェネシスさんに注文しました。

送料がもったいないのでDR30フロントエンブレム「S」はおまけで・・・。
コレ、結構痛むエンブレムなんですよね・・・。

この際、フンパツです!!




にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!

fj20_1985 at 11:40|この記事のURLComments(0)

2007年01月09日

RS8 17インチ

dr-30

レストア中ですが、早速、持ち込んだRS8 17インチが投入されていました。

車高はまだ、車高調が入っていないのでノーマルです。

オフセットは心配していたんですが、なんとか収まっているようです。

車高を下げれば更にキャンバーをきるのでスッキリするでしょう・・・。


シルバーと黒のみで統一します。

純正より少し明るいシルバーは前オーナーのオールペイント。

かなり悩んだ事だと思います。

再度の文字ステッカーも板金の際に貼りなおしです。






にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!

fj20_1985 at 15:33|この記事のURLComments(0)

2007年01月08日

フタ(トランク)を開けると魔物が・・・。

いやいや、やっぱり旧車です・・・。
トランク左












トランク左1







トランク左2












フタ(トランク)を開けて時々は眺めてはいたんですが、パッと見には気付かなくとも、腐食の魔の手は着実に・・・。

左側は特にひどく、師匠が悪戦苦闘した跡が・・・。

ここまで修復したら最後まで乗り切らないと嘘です。


さらに続く悪魔との戦い・・・。






にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!

fj20_1985 at 16:21|この記事のURLComments(2)

2007年01月07日

DR30に新品燃料タンク投入!!

tank

昨日、DRに今年初めて会ってきました。

昨年末に燃料タンクがもう、使い物にならないとの事で新品タンク(ユニット含み)に交換!という事態になっていました。

エンジン2基目でタンク、フューエルラインは洗浄してもらっていましたが、やはり、錆はおさまらず・・・。

中古のタンク・・・なんても一瞬考えましたが、中古と言っても20年以上経過したものを使うのもどうかと・・・。

運良く在庫で1セット、日産に在庫があり!

出費がまたかさみますが、DRが最後と心に決めているので二つ返事で、即注文!!


すでに交換されていました。

フューエルポンプに続いて2個目の新品パーツ投入です。





にんき←入魂の1クリックお願いいたします!!

fj20_1985 at 16:10|この記事のURLComments(0)