前回に続き、日本維新の会の候補者色分けです(甲信越・北陸・東海・中部・近畿)。
たちあがれ日本、保守系=青
民主他より寝返り=赤
際物系=ピンク

新潟4・栗原博久(元自民・落選中) 5・米山隆一 (元自民・落選中/田中真紀子選挙区、自民=長島忠美

長野2・百瀬智之 3・井出泰介

山梨1・小沢鋭仁(元民主) 

静岡2・諸田洋之 3・鈴木望(元磐田市長、「ネットワーク河村市長」代表) 8・源馬謙太郎(浜松市議)

富山

石川1・小間井俊輔 

福井1・鈴木宏治(元民主福井県議自民=稲田朋美の選挙区 3・塚本崇

愛知3・山本洋一(元日経記者) 5・小山憲一(歯科医) 9・中野正康 12・重徳和彦 15・近藤剛(弁護士)

岐阜4・今井雅人(元民主)

三重1・松田直久(前津市長・民主公認より寝返り、引退する中井洽の後任に想定) 2・珍道直人

和歌山1・林潤(元自民・自称保守系) 2・阪口直人(元民主、他県で落選) 3・山下大輔(県議)

滋賀1・奥村利樹 3・久保田暁(元堺市議) 4・岩永裕貴

奈良1・大野祐司(元国交省職員) 2・並河健(元外務省職員) 3・西峰正佳(歯科医) 4・松浪武久(泉佐野市議、松浪健太のいとこ)

京都1・野口昌克(会社員・立候補を辞退→田坂幾太(自民府議)自民=伊吹文明みんな=民主より寝返った平智之 3・山内成介(任天堂・山内家一族) 4・畑本久仁枝 6・清水鴻一郎(みんなの党公認から寝返り)

大阪1・井上英孝(大阪市議) 2・西根由佳 4・村上政俊(元外務省職員) 7・上西小百合(保険会社勤務、合間にキャンペーンガール/藤村修官房長官の選挙区、一部週刊誌で上西優勢と報道) 8・木下智彦(商社社員) 9。足立康史(元経産省職員) 10・松浪健太(元自民/民主党=辻元清美の選挙区) 11・伊東信久(医師)  14・谷畑孝(元自民・同和) 15・浦野靖人(元自民・府議) 17・馬場伸幸(堺市議・元中山太郎秘書官/この立候補で西村慎吾は比例に) 18・遠藤敬(元自民支部長) 19・丸山穂高(元経産省職員)

兵庫3・新原秀人(元自民・県議) 4・清水貴之(元朝日放送アナウンサー) 5・三木圭恵(元三田市議。たちあがれ日本) 6・杉田水脈(みんな支部長より寝返り・西宮市職員) 9・谷俊二 10・岡田久雄(会社員) 11・堅田壮一郎(26歳)

比例近畿ブロック単独:西村慎吾(たちあがれ日本)

近畿は党派を超えた寝返りが非常に多いのが特徴的です。中でも、自民党地方議員が目立ちます。国政鞍替えを希望しながら、候補になれず、維新に寝返ったという動機がうかがえます。官僚もちらほら見えます。

ただし、それ以外は概ね素人の落下傘部隊です。選挙活動の経験も基盤も何もないという連中です。そのため、京都1区の辞退まで起きています。さすがに、雪辱戦に燃える自民・伊吹文明に対する玉砕戦のために選挙費用と100万円の上納金を払うのはアホらしいということでしょうか。また、保守系が少ないのも特徴的です。たちあがれ日本とは地域分担関係がはっきりしています。

際物系は、大阪7, 10, 14区、兵庫4区などにありますが、寝返りが多いので、少なくなっています。橋下は、近畿での引き抜き成功に幻惑されて大風呂敷を広げたのかもしれませんが、寝返るということは、それまで依存していた組織票を敵にまわすということで、実際は大苦戦するのではないでしょうか。テレビ、新聞、週刊誌の維新躍進報道は非常にいかがわしく感じられます。