日本維新の会の候補者色分けの最後です(中国・四国・九州)。
たちあがれ日本、保守系=青
旧民主ほか寝返り=赤
際物系=ピンク

鳥取 島根

岡山3・平沼赳夫(たちあがれ日本) 4・赤沢幹温(倉敷市議)

広島3・中丸啓(たちあがれ日本) 7・坂元大輔

山口1・篠田誠司 2・灰岡香奈(家事手伝い→和木町議)

香川1・小林敦(桜内文城参院議員の秘書)

徳島2・谷川俊規(時事通信社)

高知1・藤村慎也(経営コンサルタント)

愛媛1・池本俊英(元自民・松山市議) 2・西岡新(元国会議員秘書) 3・森夏枝(太極拳指導員) 4・桜内文城(元みんな・参議院議員)

福岡2・頭山晋太郎(たちあがれ日本) 4・河野正美(たちあがれ日本) 5・吉田俊之 9・荒木学

佐賀2・宮崎美穂(会社員)

長崎

大分1・桑原宏史(会社役員) 2・竹内紀彦(商社勤務)

熊本1・松野頼久(元民主・衆議院議員) 4・園田博之(たちあがれ日本)

宮崎1・中山成彬(たちあがれ日本)

鹿児島1・山之内毅(神職) 3・福留大士

沖縄4・魚森豪太郎(会社員)

西日本は概ね低調です。若干の寝返りとたちあがれ日本が存在する他は、空挺降下部隊ばかりです。小選挙区では壊滅するでしょう。

あらためて全国を見直すと、近畿では既成政党からの引き抜き(特に自民から)が多く、橋下の言行不一致がよくわかります。たちあがれ日本とは、維新の会はたちあがれ日本を使って近畿以外の頭数を揃え、たちあがれ日本は、維新を利用して比例復活を目指すという、互いを利用し合う関係にあります。民主党以上の呉越同舟状態なので、仮に多少の当選議員がでても、当選後に内紛や分裂を引き起こすのは不可避でしょう。

しょせん、マスコミによって作り上げられた虚業、一過性のブームに終わるでしょう。マスコミは維新の会を宣伝することで、民主党批判票が自民党に流れるのを阻止しようとしているだけと判断できます。