古田博司・筑波大学教授が提唱した、「助けない、教えない、関わらない」が発端となり、非韓三原則や、無韓心という、すばらしい言葉が生まれました。

「非韓三原則」「無韓心」。いずれも本当にすばらしい言葉です。造語された方に、心から敬意を表したいと思います。広く国民に普及したいものです。

朝鮮人は、蝿、蚊、ゴキブリのようなもので、対話の対象として扱ってはいけません。連中は駆除の対象です。朝鮮人は、日本を憎悪し、日本にたかり、泥棒を繰り返し、挙げ句の果てに世界中で日本への誹謗中傷をばらまいています。

朝鮮人とは絶対に関わりを持たず、徹底的に無視し、封じ込める一方で、朝鮮人によって作り上げられた日本への誤解を、支那人、朝鮮人以外の世界の人々との友好関係によって解消していくのが、最善です。

たとえば在日朝鮮人の中には暴力団との関わりを持つ人が確かにいます。ヤクザが多いのは厳然たる事実です。普通の日本人なら、暴力団とは絶対に関わり合いたくない、と思うはずです。そうした素朴の気持ちを大切にしましょう。朝鮮人とはまさにそうした連中なのです。