November 16, 2005

365への挑戦! 365日提案型営業

「うちの花屋、毎日来て下さるお客様がいらっしゃるんです。」
「えっ!?毎日ですか?どんな方なんですか?」
(内心、店長さんに一目惚れした男性客かしら??)
「《本日のバラ》を楽しみにして足を運んで下さるんです。目の不自由なご婦人が、杖をついて、付き添いの方と、、。」
 ・・・・・・・・・・・
 この話を伺い、少し目頭が熱くなりました。お取引先様のバラに対する熱い思いから、今年の1月から始めさせて頂いた365日提案型《本日のバラ》の納品に、協力させていただく事が出来たことを感謝いたしました。
 
 続きを読む
「今日は、どんなバラなの?」
「茶色い、フリフリした大輪のバラですよ。」
「あら?今日も《スイートチョコ》なのかしら?」
「いいえ、今日の《本日のバラ》は《カフェラテ》と書いてありますよ。」
「そうなの!とってもいい香りがするわね、近くに百合でもでてるのかしら?」
「カサブランカがたくさん並んでますよ。」
 こんな会話を目の不自由なご婦人と、付き添いの女性はするらしいのです。
 新百合ヶ丘駅前にある小田急フローリスト・エルミロード店の高野店長は、毎朝こう思われる。(あのご婦人が朝早く来店される前に、急いで《本日のバラ》並べなくては!)弊社から、朝一で納品された荷を、手早く水揚げして陳列・・・。
 私達の仕事が、消費者の方の生活に、花を通して癒しやゆとりが創り出されるお役にたてたかも知れない、と少し感じました。
 今年の1月16日から始めさせて頂いた、365日提案型《本日のバラ》。弊社のバラ担当者・篠原・金子は最初は「どうだろう?」と思ったらしいのですが、高野店長の熱意から、だんだん面白いかもしれないと挑戦させていただくことになりました。
 365日毎日違う種類のバラを、高野店長の好みを踏まえながらバリエーションを考えて納品。弊社のバラ担当者のお任せで、仕入れ・納品をさせていただいています。
 花き業界の成長が横ばいを言われている中、高野店長の小田急フローリスト・エルミロード店は、毎年売上は好調に伸びているとの事。花に対するこだわりと熱い思いのある高野店長ならではに違いないのでしょう。
 高野店長のお話を伺い、お客様のニーズに応えて、花文化の日本の社会への浸透に貢献していきたいとの思いが深まりました。
 
 上記に関連する記事が、草土出版「フラワーショップ1月号」に掲載されます。
http://www.sodo.co.jp/

バラ




本日のバラ「パスカリ」
(2006/10/22現在 パスカリの出荷は無くなりました。)







小田急フローリスト エルミロード店
小田急フローリスト 
新百合ヶ丘エルミロード店
〒215-0021 
神奈川県川崎市麻生区上麻生1-4-1新百合ヶ丘エルミロード地下1階
Tel : 044-965-3031
Fax : 044-965-3031
http://www.odakyu-landflora.co.jp/




フローラルジャパンへのお問い合わせはこちらまで
http://www.floraljapan.co.jp/
担当:HP管理人


fjapan1122 at 02:38|PermalinkComments(1)TrackBack(0)