2006年11月13日

東京展ついに決定!

今日ついに佐藤美術館から尖東京展・内定の知らせをもらった!
いや〜ほんとうに長い道程やったけど、こんな理想的な場所で理想的な時期に開催できるとは、夢のようや。
設立当初、山本さんや林さんと東京に何度も足を運んだことが走馬燈のように蘇る。

やるからには、しっかり準備して個々が最高のものを発表できるようがんばりたい。

まずは、作品だが、付帯イベントの方も今までやった京都ならではの勉強会をベースに素晴らしいものにしたいと思っている。

そうそう日程は、2007年9月11日〜21日(於)佐藤美術館

*詳細は追々紹介したいと思います。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fjok/50640282
この記事へのコメント
お手伝いいたします(^o^)
Posted by Bambook=竹本 at 2006年11月13日 21:26
ありがたいです!
竹本さんにそう言ってもらえると、すごく心強いです。
Posted by 雅人 at 2006年11月13日 22:58
尖展東京開催!おめでとうございます!
注目しております。
Posted by jiji at 2006年11月15日 12:21
jijiさんご無沙汰しています。
ご期待に沿えるよう面白い展覧会にしたいと思います。
Posted by 雅人 at 2006年11月15日 18:21
楽しみだね。
見に行こうかな。
Posted by 空蝉 at 2006年11月20日 12:42
いこかな〜じゃなくて…
来て下さい!
Posted by 雅人 at 2006年11月20日 17:55
とうとうやりましたなー!!
東京何度も行ったよなー。
あの頃は何のつてもなく闇雲に手当りしだいの美術館に飛び込んで尖展の企画を訴えたよなー。
それがついに・・・感無量(涙)
Posted by 山本俊夫 at 2006年11月21日 01:08
いやー、ほんとほんと、
東京では、学芸員と喧嘩したり、
担当の人が知らんまに変わってたり…、
ほんとに続けて来て良かった(涙)
Posted by 雅人 at 2006年11月21日 21:25
ほんとにおめでとうございます。
そしておおきにです。
創立メンバーの皆さんの努力あっての賜物だと思います。
後発の自分としてはよい作品を作る事を心がけたいと思います。
Posted by 高村総二郎 at 2006年11月23日 10:01
いやいや、創立時のメンバーだけでは、とてもここまで続かへんかったし、
今まで尖に参加してきた全ての作家の力やね。

来年も他では絶対見られへんような高村君の作品楽しみにしてます。
Posted by 雅人 at 2006年11月23日 22:44