2007年02月03日

虹色のバックは黒系岩絵具

虹色を際だたせるバックとして黒系岩絵具を彩色している。

黒系岩絵具には、天然岩黒・新岩岩黒・新岩純黒の三種類があるが三種三様の特性を持っている。
この中で最も黒いのは、新岩純黒で烏の濡れ羽色のような濃度のある黒で5番〜白まで濃淡の差も少ない。
ついで黒いのは天然岩黒で粗い粒子での輝きが強く、細かい粒子では若干茶味を帯びる。
上記2種に対し新岩岩黒はややグレー味を帯び、マイルドな感じの発色をしている。

今回は様々な色相の新岩を際だたせるのに最も黒い純黒をベースに輝きの強い天然岩黒をブレンドして使っている。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fjok/50702058
この記事へのコメント
天然岩黒、私も良く使ってました。
黒の中では一番好きです。
黒曜石なんですか?オニキス?
Posted by 比佐水音 at 2007年02月05日 03:30
確かブラックジャスパーだったと思います。
値段の割にいい輝きしてるよね!
Posted by 雅人 at 2007年02月05日 18:15
うん、そうですよね!
しっとりした輝きというか。
Posted by 比佐水音 at 2007年02月07日 14:26
純黒は細かいとこまで濃くていいね!
Posted by 空蝉 at 2007年02月09日 12:50
そうそう細かくて濃い黒を出すには純黒に限るね!
Posted by 雅人 at 2007年02月09日 18:16