2007年07月28日

岩絵具にとって良い膠とは…

ここ数年さまざまな膠を試す機会を得て、気づいたことがある、

常々「岩絵具にとって良い膠とは、」と言う観点で接してきたが、従来から言われている、発色や筆馴染みの良さそして塗膜の柔軟性・適度な接着力などに加え、膠で練ったとき10段階ある粒度による濃淡と発色の違いを粉体のままの状態にいかに近く保てるかと言う点が重要なのではないだろうか。
この点で比較して見ると不純物の少ない洋膠やゼラチンよりも和膠(特に昔のもの)のほうが明らかに優れている。また樹脂膠類は確かに柔軟性があり接着力も強いがこの濃淡・輝きの幅がかなり、狭まってしまう。
アラビアゴムではさらに縮まるし、リンシードオイルなどにいたっては濃淡が殆ど無くなってしまう、つまり水彩画や油画ではピグメントを粒度分けする意味が無いわけである。

日本画の大きな特徴である岩絵具の番手による濃淡と輝きの振幅をより忠実に再現できるものが良い膠の重要なポイントと言えるのではないか。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fjok/50994369
この記事へのコメント
で・・・

ずばり、どの膠ですか?
Posted by 雅幸画房 at 2007年08月31日 07:53
返事が遅くなりすいません。
厳密に言うと市販されているものの中で完璧にこの条件を満たしているものは私の知る限りありません、強いて言うなら薬品を使わない和膠=京上膠に少量の一種膠をブレンドしたものが近かったです。
Posted by 雅人 at 2007年09月10日 20:56