2007年03月27日

BOWRIVER

7467ebb1.jpgお久しぶりで〜す♪

ちらほらBOWRIVERでもアングラーを確認できるようになってきました。
でも気温は日中でも5℃前後。アングラーの皆さんはご存知の通り、川沿いとなると体感温度は当然マイナスの世界!
アングラーにとっては、まだまだ春が遠いカナディアンロッキーなのです。

とは言っても、BOWRIVERをチェックするのは仕事の一つ。
晴天と言う事もあり、久々に写真を撮りましたので、別添する事にしました。
まだ「雪しろ」がない状態なので、透明度も良好でした。
(ちなみに自宅からBOWRIVERまでは車で約5分の距離)

先日、バンフ在住のフィッシングガイドから電話があり、45cmアップのブラウンを捕った〜!!との事。
フライはやっぱりこの時期定番のソフトハックル系なのです。

3月に入りフライ巻き巻きモードに突入!
でも暇を見つけて、ブラウンと遊んでくる事にします。
あ〜そうそう!4月中旬には友人達とアルバータ州南部の河川へ一泊二日の釣行を予定しています。
ビッグ・レインボーが待っている!かも?

またレポートします。それでは
  

Posted by fjunior at 06:16Comments(0)TrackBack(0)

2007年03月03日

ビーバーゲット!(3)

そして・・・

小生の異変に気付いたアングラー2人が背後に接近してくる。
そして彼らの話し声が聞こえてきた。(来んな〜!)

「ウァーオ!」ビッグワンだぜ〜ロッドのベンドが並じゃね〜
さっきの音はビーバーかと思ったら魚だったんだな〜
こりゃ〜見ものだぜ〜!

見・ら・れ・て・し・ま・っ・た(ヤバイ!)

頼む〜放っておいてくれ〜!!と思って、フッと後ろを振り向くと2人だった筈の
アングラーが3人に増えているじゃ〜ありませんか。

も〜この状況になると恥ずかしさ越えて、自分でも噴出しそうなくらい可笑しくなっていた。
で、ゲラゲラ笑いながら、後ろを振り向きギャラリーのアングラー達に一言。
「ビーバー釣っちゃった!!」3秒後大爆笑
みんな、ひっくり返って笑ってたぞ〜(小生赤面)
 
それから2〜3分後、バーブレスだった事も手伝って見事フックオフ。
ビーバーちゃんはようやくフライから開放されたのでした。

このストーリーを友人のフィッシングガイド(カナダ人)に話したら、「お前はまだいいよ、俺はこの前カモメ(なぜかカナディアンロッキーにもいる)を釣って大変だったんだぞ〜」と言って、カモメからクチバシ攻撃を受けた痛々しい傷痕を見せてくれました。(笑)

いや〜釣りって、本当に楽しいものですね〜
それではまた〜(水野晴郎 風)  
Posted by fjunior at 05:18Comments(0)TrackBack(0)