2007年08月27日

ブルトラウト

ec9b7492.JPGど〜も!

今回は、先日埼玉よりお越しのT様がゲットされた写真を添付致します。
(T様、写真ご送付頂きありがとうございます。)
ブルトラウトって、日本ではあまり聞き覚えがないのでは?・・・
おそらくですが、ここカナダの淡水のCHAR FAMILYの中ではレイクトラウトに次ぐデカさに成長すのと思うのですが!?
(どなたか、ご存知の方いらっしゃいましたらご連絡お願い致します。)
そりゃ〜!レイクトラウトは当然湖ですから、ドデカくなりますよね!
でも、ブルトラウトはここアルバータ州の山岳渓流系で60センチアップに成長しちゃうんですよ。(そこが凄いわけです。)
デカくなるのには当然理由がありまして、主食はカットスロート・レインボー・ホワイトフィッシュの稚魚をムサボリ食っているわけです。
なので、当然チョイスするフライも#4くらいのバガーやクローサーミノーになります。

今回の写真のブルは30センチアップくらいでしたから、ランディングまでにそれほど時間は掛かりませんでしたが、これが60センチクラスとなると、プールの底からなかなか出てきてくれないのです。

そろそろ9月ですね、ブルが産卵のため山岳渓流の上流域まで遡上し始めます。今年も出るか〜!60センチオーバー!!

  

Posted by fjunior at 06:10Comments(0)TrackBack(0)

2007年08月24日

HIGHWOOD RIVER 調子良好!

fa9194c5.jpgこんにちは!

今年は「HIGHWOOD RIVER」の釣果が良好です。

添付の写真は千葉県よりお越しのM様が見事にランディングされた、ここカナディアンロッキーのネイティブ「カットスロート」と「レインボー」の交配種「カットボー」です。

写真でもお判りの通り#4のホッパー系に猛アック!ヤル気満々の奴はファイトが違いますね〜
ジャンプ♪ジャンプ♪で、またジャンプ♪
ランディングまで少し手こずっちゃいましたね〜

M様、お約束の通り次回は9月の中旬頃、あのビックプールで見た、巨大「ブルトラウト」を狙いましょう。

「ブルトラウト」に関しましては、次のアップの際に今年お客様が釣られた写真を添付致します。

それでは、今回はこの辺で。
  
Posted by fjunior at 04:45Comments(0)TrackBack(0)

2007年08月23日

ブルック

8b67eeb5.jpgご無沙汰で〜す。

チョッと忙しくて、アップさぼりぎみでスミマセン。
とりあえず、別添のブルックの写真を見てください。
どーでしょう!この美しさ!

ブルックは「川の宝石」と呼ぶアングラーがいるくらいですから納得ですね。
ちなみに、写真は先週神奈川県よりお越しのT様が釣られた一尾です。

ブルックは産卵期が近づく8月下旬くらいから、徐々に雄・雌ともに魚体にオレンジっぽいカラーが腹部を中心に広がります。
また、パープル系の斑点もクッキリ目立つ様になり、まさに「川の宝石」と形容するに値する魚体へと変身するのです。

9月に入ると雄・雌のペアが寄り添いながら、泳ぐ姿を見かける様になります。
(産卵期近し!)
この様な状況になると、なかなかドライには反応しなくなるので、ニンフ中心の釣行となるのが、ここカナディアンロッキーのブルックなのです。

それでは、今回はこの辺で。

  
Posted by fjunior at 02:57Comments(0)TrackBack(0)

2007年08月17日

釣りに行ってますか〜!

92ab9ddc.jpg日本の皆さん&カナダの皆さん
釣りに行ってますか〜!

今年も早いもので8月の中旬、シーズンも残すところ約一月半と云った感じです。
毎年の事なのですが、やはり日本からのお客様は「お盆」休みに有給休暇をドッキングさせて遊びにいらっしゃるのですね〜。

と、云う事で当方のツアーも8月8日〜17日頃まで毎年「問い合わせ」や「予約」が集中するのです。
キャンセルさせて頂きましたお客様、本当に申し訳けございません。

でも、きっといつかお供させて頂ける事と思います。
その際には凄いトラウトを・・・

別添は「お盆」前日のお客様(U様)との釣行の際の写真です。
川!綺麗〜ですね〜!!

U様メール頂き、ありがとうございます。いつか必ずご夫婦を「桃源郷」へとご案内させて頂きます。

それでは、今回はこの辺で・・・




  
Posted by fjunior at 07:49Comments(0)TrackBack(0)

2007年08月09日

ようやくですか!?ボウリバー

a7dce3b0.jpgこんにちは!

タイトルにもありますが、ようやくボウリバーが落ち着いてきました。
別添の写真は先週お客様との釣行の際に写した物です。
水位は少々高め、濁りも少々でしたが、まずまずの釣果でした。

今回の釣行で一番エキサイトだったシーンは、「ダメもとで#6のスティミュレーターをトライしてみましょう。」と言う事になりました。
シーズン的にはとっくの「むか〜し」にスティミュレーターは終わりのはずですが、しかし・・・出たっ〜!ボウブラウン!サイズは40センチ弱でしたが、やる気のやる奴は違いますね〜!!

もっと早く、RUNOFFが終わっていれば・・・
なんか、もうBWOがチラホラなのです。
そろそろカナディアンロッキーでは初秋のフィッシングになります。
ヨシッ!頑張って南下しよ〜♪

それでは、今回はこの辺で。


    
Posted by fjunior at 07:47Comments(0)TrackBack(1)

2007年08月03日

どうなっちゃったの!?ボウリバー

f21ad36e.jpg本当にどうなってしまったのでしょうか?

今年のボウリバーのRUNOFF(雪代)が終わりません。
4年〜5年前までは6月の上旬にスタートし7月の上旬にはストップ、9月の下旬まで釣りが楽しめるのですが、ここ2年〜3年は全くもって上述の常識みたいなものは通用しなくなってしまいました。
今年は6月2日頃からスタートし、既に2ヶ月経ちますが水量・濁りとも全く落ち着く気配がありません。(困ったものです!)
原因ですが幾つか考えられる事を下記しますと、まず30℃を越す日が6月の下旬から続いている事。(地球の温暖化)次に今年は冬の降雪量が例年よりも多かった為だと考えられます。

と、言う事で現状ボウリバーでの釣行はあきらめて、チョッと遠出になりますが、カナナスキスの河川での釣行で今年は頑張っています。

ボウリバーブラウンではありませんが、ネイティブなカットスロート・レインボー・ブルックがターゲットになります。

別添の写真は先日お客様が釣られた、グッドシェープのカットスロートです。
綺麗ですね。!!今回はこの辺で。

  
Posted by fjunior at 04:44Comments(0)TrackBack(0)