2007年11月16日

今シーズン ラスト釣行 LOWER BOW その6

ee60d946.jpg日も傾き始め僅かなポイントを残すのみ、ボートは少しスピードを上げて最終地点のFISHCREEKへ近づく、さっきのポイントで漕ぎ手はキャプテンDALEに交代。ラストにもう一本何とかっ〜!と懸命にキャスティングを繰り返すPETERと小生。
願いが通じたか!?ラストにグッドシェープのブラウンをゲット!
(別添)写真を見てもらうと判りますが、斑点が妙にデカイ不思議なブラウンでしたぞ〜
10分後FISHCREEKに到着、2007年度ラスト釣行終了となりました。
いや〜今年も結構面白い釣りが出来ました。
本当!フライフィッシングは楽しいものですな〜

いきなり話は変わりますが、来週の水曜日には日本(福岡の実家)に戻る予定です。
今年は日本で新年が迎えられそうなので、とても楽しみですぞ〜
(暴飲暴食には気を付けなくては。)
2月初旬の国際フィッシングショー(於:横浜)にも遊びに行く予定です。
そんなものですから、みなさ〜ん!是非ともショーでお会いしましょう。
ショーの後は横浜中華街でドンチャンしちゃいましょー!!

じゃー今回はこの辺で。
  

Posted by fjunior at 15:16Comments(0)TrackBack(0)

2007年11月15日

今シーズン ラスト釣行 Lower Bow その5

4158b869.jpg下流へと進むボート!

ラスト釣行もそろそろ終盤戦へと突入。
以前として40cmオーバーは小生の一本だけ。数的には3人で既に8尾くらいの釣果は出ているが、サイズ的には3人とも満足がいく状況ではなく・・・

次のポイントでどうしてもビッグワン!

気合充分のPeterがポイントで一人ボートから飛び降りて、ウォーク&ウェードで丹念にバンクを攻める!
すると、またPeterにビッグワンのアタリ、ロッドのしなりからして50cmオーバーか!?今度は見事にランディング、50cm弱の丸々太ったレインボーをゲット!!

写真撮る前にPeterあっさりリリース、残念ながら写真はなしですが、綺麗なLower Bowレインボーでした。

その後、同じポイントでチョッと粘ると、小生にもアタリが、写真のようにグッドシェープなレインボーをゲットしたのであります。

ちなみにDaleも1尾ランディングに成功したのですが、40cm弱でこれも写真を撮らずにあっさりリリース。

で、とうとう本日ラスト1時間となるのでありました。

その6へ  
Posted by fjunior at 09:42Comments(0)TrackBack(0)

2007年11月08日

今シーズン ラスト釣行 LOWER BOW その4

08ef81da.jpgどうやら、オジさん達本気モード突入!
写真は腰まで入り、ビッグワンを狙う
PETER。
しかし、元気ですな〜!!55歳を越えても積極果敢に狙い続ける姿勢。
脱帽です(ペコッ)

このポイントはバンクになっていて、深いプールが約20メートルほど続き、今日の釣行では絶好のポイントなので、ボートを降りて3人とも丹念にポイントを攻める事にした。
上流にはDALE、下流にはPETER、で小生はド真ん中のポイントへ。(仕方ね〜)
どんどん下流へと進むPETERが吠えた!ガット・ワ〜ン
竿がバッドから曲がり、ビッグワン間違いなしの筈だったのだが、
PETER痛恨のバラシ。(Fワードを2〜3回連呼!!)

テンションがかなり上がっていただけに・・・

結局、このプールでは3匹の30cm弱が遊んでくれただけで、下流へと移動する事となったのでした。

その5へ
  
Posted by fjunior at 08:32Comments(0)TrackBack(0)

2007年11月01日

今シーズン ラスト釣行 LOWER BOW その3

4d9a48f8.jpg釣り下る事約2時間、30cmクラスはフックアップするものの、40cmアップがなかなか出ない!
う〜ん!しばらく我慢の時間・・・

そのうちオッサン二人が「わめき」はじめた!!
ビッグ・ワンは何処じゃ〜!!ボケこら〜!!ハゲ〜!!(なぜか大阪弁に聞こえたぞー!)
何となくBEERの香りが少しづつ強くなって来ているのは気のせいか?

だんだん不機嫌になってゆく二人、ヤバシ・・・
ここらで、何とか・・・
キタッ〜!良いタイミングで小生にアタリ!
時間的にもサイズ的にもOKだと思ったのですが、二人的にはどーもOKではないようだったのです。でもとりあえず写真を撮ってリリース。
別添の通り、別に悪いサイズじゃないでしょ〜!ちなみに43cmあったのですぞ。

小生的にはこの時期に、このサイズのブラウンは結構イケてるサイズなのですが。
(てっゆーか、二人はどのサイズなわけ!)
でも、何となくですが小生のブラウンを見た後、どうやら二人のフィッシャマンズ・マインドらしきものに火が点いたのか!?
ボートの漕ぎ手は小生へと変わったのでした。(キャプテン フジ参上!)
ま〜っ!一本良いのが出たら漕ぎ手は交代するのがボクらの常識なのです。
で、どんどん下流へ。

その4へ
  
Posted by fjunior at 15:22Comments(0)TrackBack(0)