2009年06月30日

カウチンリバー釣行記(14)

be6d968d.jpgアップの写真をもう一枚追加しま〜す♪

別に必要ないって!?でも、ここまでデカイとね〜♪
ちなみに55僖ーバーでしたよ。

と言う事で無事カウチンリバーでの釣行は終了致しました。
メデタシ!メデタシ!  

Posted by fjunior at 14:01Comments(0)TrackBack(0)

カウチンリバー釣行記(13)

188b4701.jpgいろんなポイントで粘ったが、結局モーニングから全くアタリなし!
アタリなしと言うか、ライズさえ・・・
も〜すでに釣行時間は12時間を越ている。気温30℃以上のド・ピーカンのせいもあり飲料水も残り少ない。

決してギブしたワケじゃ〜ないけど、とりあえずキャンプサイトへ戻る事に!
頭を冷やしながら、夕食のクラフトディナー(笑)で腹ごしらえ。
そしてラストのイブニングタイムに突入!
モーニングでナイスレインボーをキャッチしたポイントへ!
キャンプサイトからなんと!徒歩5分のプール。

すでにPM8時半、ど〜粘っても残り時間は1時間くらい、水面はモーニングと同じ状況。特にこれといった変化はナ〜シ。
ところが、その時でした!私の右肩をかすめるようにデカキャディスがスルー。
そしてプールの略中央付近にランディング。その3秒後!ゴボッ!と云うビッグトラウト特有のあのランズ音!!
その瞬間、全身の毛穴がワイドオープン状態(笑)

これがプライムタイムショーの始まりでした。
ドライ一本にしぼり、奴とイブニングタイム!ギリギリまで対峙する事に決めました。
カディスをトライ・・・反応ナシ。
メイフライをトライ・・・反応ナシ。
ストーンフライをトライ・・・反応ナシ。
スティミュレーター系をトライ・・・反応ナシ。
最後はこれくらいしか・・・テレストリアル系!?
ここまできたら、ダメモトでとりあえずジャイアントアント・・・反応ナシ。

そして手にしたのは通称コバちゃんスペシャル事(去年のお客さんのスペシャルフライ)CDCビートル!!
時間的にそろそろタイムアップに近い。焦る気持ちを落ち着かせてフライを奴のフィーディングラインへアプローチその時でした。
一瞬水面が盛りあったかと思うと同時に、グボッ〜ガボッ〜!!重低音があたりに響き渡たり、そして#5のロッドがバットからひん曲がったのでした。
なんとも形容し難い右手に伝わる大物のズンズン感!(最高〜♪)

ようやく奴は事の重大さに着付いたかのように下流へダッシュ。そして今度は上流へと・・・
ロッドをあおりながら奴を追走!とにかく凄いパワーに圧倒されそうになるが、ダブルハンドで持ちこたえ徐々に浅瀬へ引き寄せる。
しかし何度も浅瀬まで引き寄せるが上流・下流の深みへと逃げ込み、ラインは水面に突き刺さったままの状態が約10分以上は続いたでしょう。
そして!!ようやく〜!本当にようやく〜!奴が私の足元に横たわったのでした。
ど〜です!ビッグブラウン。いやいや自分で言うのは何ですがメガブラウンですよね。(笑)
  
Posted by fjunior at 09:23Comments(0)TrackBack(0)

2009年06月29日

カウチンリバー釣行記(12)

a52a9977.jpgランチもそこそこにポイントを捜す。
同行のナビ係りの嫁殿から下流への指示を受け移動。ど〜やらキャンプサイトの近くに滝があるらしい。
写真は滝の上流のポイント、ここは水深が3〜4メートルと結構深めのポイント、早速シンクティツプにストリーマーをチョイス!出来るだけボトムを攻める。
しかし・・・反応ゼロ。
ちなみにドライ・ニンフ系もダメ!
2時間以上粘ったが・・・

そろそろイブニングの時間と言うのに〜!これまでなのか〜!?
  
Posted by fjunior at 17:27Comments(0)TrackBack(0)

カウチンリバー釣行記(11)

7e3ee789.jpgご覧の通り、プロショップで教えてもらったポイントへ。
対岸に深めのプールあり!暫く目を凝らすが、やっぱり全然ライズなし。
情報だとブラウン、レインボー、カットの3種との事。
普通と言うか!アルバータの河川じゃ〜ドピーカンの真昼間でもカット&レインボーはドライでもイケちゃうワケですが、ここじゃ〜チョッとそう言うワケにはいきそうにない状況を察知。どうも勝手が違うと言うか?・・・

20cmクラスのトラウトを全然見かけないないのは非常に不自然。
出るとデカイが魚影そのものはアルバータの南部の河川の方がはるかに上だな〜!
などどと考えながらの釣行。
このポイントの上・下流をウォーク&ウェードするが全く反応ナシ!
下流域で先行者と情報交換、先行のアングラーも当たりナシとの事、モーニングの勢いは一体何処へ・・・  
Posted by fjunior at 16:47Comments(0)TrackBack(0)

カウチンリバー釣行記(10)

b4d1bfe2.jpgとは言うものの!とりあえずはフライを購入しない事には釣果&情報は入手困難の事は世界共通ですよね。
(インフォメーションセンターじゃないもんね。笑)

ありきたのパターンのフライを勧められ、フライボックスにはバッチリスタンバイなフライばっかり!!
でも〜!ここはとにかく情報のためにと勧められたど〜でもイイ感じのフライを購入
。(フライの説明は要りませ〜ん。)とにかく欲しい情報はアプローチ&入渓ポイントな訳です。

フライを購入した甲斐あって、ポイントを幾つかゲット!
とにかく身支度し勧められたポイントへ。
キャンプサイトによく似た森を歩く事、約30分(写真)  
Posted by fjunior at 11:48Comments(0)TrackBack(0)

カウチンリバー釣行記(9)

0e644c71.jpgラッキーといえばラッキーなモーニングに恵まれ!とりあえずキャンプサイトに戻る。気着けば日は結構高くなってるし腹ペコ。
速攻で朝食の準備!
写真は朝食の準備をしながら撮った一枚、自分で言うのはなんだけど結構イイ感じですよね〜♪
アルバータ州にはこの感じは絶対にナ〜イ!
ゆっくり自然を感じながらの朝食!(シリアル系&ベジタブル系)
朝食を食べながらも、考える事は?やっぱりドライ&ニンフに反応しない事・・・

当然モーニングのレンボーに満足する事はありえませ〜ん!
と!言う事で、とりあえず地元のプロショップへ行く事に。
カウチンリバーの源流地のカウチンレイクのそばにプロショップがあると聞き、早速そのプロショップへ!

すると〜!出た〜!ただのオッサン店主!T−シャツにビールっ腹、ヤッパ!カナダ西のフライショップはこのパターンがほとんどなんだよね〜。(ま〜それが、西の良い所です。)
逆に言うと!全然カッコつけてなくてイイ!!
ちなみにカナダ東部トロント近郊のプロショップだと、店のロゴ入りシャツ(白)を着て、決して腹は出でなく〜!口ひげが良い感じで〜!メガネが似合う〜!ロマンスグレー気味のオヤジが接待してくれる訳です。
で〜最終的には買わなくていい物まで購入!?なんてパターンは日常茶飯事だったりする訳です。
  
Posted by fjunior at 10:29Comments(0)TrackBack(0)

2009年06月26日

カウチンリバー釣行記(8)

f22b1dd7.jpg気持ちイイ〜♪
川のセセラギ&鳥のサエズリで起床。AM7時にも係わらず気温は既に15℃以上!
そそくさと身支度を整え、昨晩チェックした深みのプールへ。

モーニングの一発狙いに来たものの、水面は凄く静か。
とりあえずドライ(4種〜5種)トライ・・・反応ナシ。
次にニンフ(3種〜4種)トライ・・・全然反応ナシ。
トラウト!いるのか〜!?
どうなってんの〜!?
ダメもとでボウリバーでよく使うデカめの#4番のストリーマーを深みへキャスト
いい感じに深みへ・・・
リトする事2回〜3回、するとガツ〜ン!と鈍くて重い引き!

写真の通りナイスサイズのレインボーをゲット!
その他にも30cmUPのレインボーを2匹ゲットし無事モーニング終了。
しかし!?ドライ・ニンフに反応ナシ反応するのはストリーマーのみ・・・  
Posted by fjunior at 02:55Comments(0)TrackBack(0)

2009年06月25日

カウチンリバー釣行記(7)

bce82ace.jpg「VICTORIA」から北へ車を走らせる事約1時間。
とうとうカウチンリバーリバーに到着。(笑)
ここでワンポイント!皆さ〜んカウチンセーターはご存知ですよね。
なのカウチンセーターの発祥の地はココ、カウチンリバー沿いのインディアン(ファースト・ネーション)の物なのです。

平日&シーズンが若干早い事もあり、川沿いのキャンプ場を易々と確保!
しかも川のセセラギが森の奥から若干聞こえる感じのキャンプサイト最高で〜す!
とにかく速攻で河川をチェック!水量・水質・水温どれを取ってもご立派で〜す。
深いプールやエディー(反転流)に目をやりライズを捜すが、無反応。
メイフライ(小型)&キャディス(中型)のハッチはあるものの、ライズは確認できず、結局この日はテント&夕食が終了した頃は既にPM10時過ぎ。

翌朝から!待ちに待った「カウチンリバー」での釣行。
そそくさとテントにもぐり込む。
でも何だか、軽い興奮状態!小学生の頃の遠足や運動会の前日みたいな感じを思い出して・・・懐かしいな〜。

  
Posted by fjunior at 11:36Comments(0)TrackBack(0)

カウチンリバー釣行記(6)

23f368d6.jpgフェリーを下船し一路「VICTORIA」へ、約40分で「VICTORIA」のダウンタウンに到着。
綺麗なウォーターフロントの街って感じ、治安が良いのは街を歩くと直ぐ分りますよ。同じダウンタウンでも対岸のバンクバーのダウンタウンとは雲泥の差ですね。(笑)
ひとしきり街を散策、ランチタイムという事もあってか街中が良いニオ〜イ♪
この日の夜からキャンピングのスタート!という事は暫くご馳走はお預け・・・
やっぱり!シーサイドの街のレストランのメニューは違いますね〜!!
カナディアンロッキーの「山の人達」が見るとヨダレ!だら〜!って感じのメニューのオンパレードな訳です。
でもココは!やっぱノースアメリカの定番中の定番で行くしかないよね!
てっ〜事は!そ〜当然「フィッシュ&チップ」でしょ〜!
これでいかに味の違いがあるかを判断すると・・・
いかに我等カナディアンロッキーの住人達が、ヤバ〜イ「フィッシュ&チップ」を食べてるかという事が分るじゃ〜ないですか。
「オーダー」・・・待つこと暫し、写真の通りの現物が!美味いの〜!美味くないの〜!
きっと、他のメニューも美味いんだろうな〜・・・

お腹も満腹!Gone to Cowichan River!




  
Posted by fjunior at 10:01Comments(0)TrackBack(0)

カウチンリバー釣行記(5)

d672d66f.jpg一晩お世話になった友人宅を翌朝10時頃に出発。
約30分で「TWASSEN」のフェリー乗り場に到着。ここから車ごとフェリーに乗り込み、目的地ビッグトラウトが待つバンクバー島のカウチンリバーへ・・・
(ちなみにこの日は平日&シーズン前料金だったので往復で$72ドルでした。)

乗船時間約1時間半、ちなみに写真の島は親戚のオジさんのサマーコテージがあるMYNN島(でも残念ながら一度も行った事はナシ。)
いつかは行ってみたいな〜などと考えながら、海原に浮かぶ島の景色を楽しんでいると、ほどなくバンクバー島に到着。


  
Posted by fjunior at 09:05Comments(0)TrackBack(0)