2020年03月18日

IMG_1919

◆昨日はグラニー。
その前日、超久々の午前様就業をかましてしまい
猛烈な眠気や倦怠感を引っ提げてジム入り。
前回トライした125度の初段は1Qに、
1Qは初段に鞍替えとなっていた。
グレードなんぞ水物だと感じているので
再登の状況に応じてグレードアップorダウンが
グレードのあり方としては妥当だと思う。
でも僕が登れそうなものは総じてV17と
グレーディングしておいてほしい。




◆今日は正面緩傾斜の初段Bを
やる気満々オットセイでいたんだけど
とにかく体が動かない。
澤井メソッドをやろうにも、
左手は言わずもがな右手でも片手オープンでは
指の第一関節程度の幅だと5秒ももたない。
左手は0.5秒くらいと散々な結果だった。
早速作られてるファイル課題は初手が取れず、
1Qと化した125度の課題も
飛び出しの際の右手が謎に保持できてない。




◆FUJIYAMAよろしくモチが急降下するなか
僕の琴線に触れたのが125度の2Qの6番。
めちゃくちゃデカいスローパーをつなぐ
こんな日の僕のためにあると言っても
最早過言ではないと思しき課題。
そんな課題にシバさん(新妻)が苦しんでいた。
新妻が苦悩する姿が拝められるのも
ボルダリングの魅力とlivedoor newsに
ゴミ屑みたいな記事を投稿した後、僕も参戦。
悪い。
なんだコレ。
先ずスタートが狭い。
家族5人暮らしなのに2畳2間という
地獄物件のような狭さである。
そして僕のムーブで6or7手目、
宝貝(画像参照)のような黒ホールドが
全然持てない。
僕は1人でどきどきし始める。
新妻が宝貝で苦悩する姿。。。
コレどう考えても下ネタだろ。。。↓



『赤いガバに右足ヒールがイイですよ』



という声に僕の頬が紅潮した。
その赤ホールドというのが↓

FullSizeRender

こんな形なのだ。最早キンタマである。
右手は宝貝。
右足ヒールはキンタマ。
苦悩する中間管理職と人妻。
アッチがイイだのコッチがイイだの
距離が足んねぇだの塩が足んねぇだのと
悶えている。。。
オイ、このジム大丈夫か!
背後でオカさんが『ああああああぅぅぅぅ!』
とか叫んでるけど大丈夫か!
しかもジム内透っけ透け!!!
『グラニー』って『具ラニー』か!!!
風営法に抵触するんじゃないか!!!
ヲジサンのスカイツリー!!!
ヲジサンのスカイツリー!!!
となったところでこの日のジムは終了。
結論は



『しっかり寝る(嫁と)』



ということです。
俺独身だけど。



fkawa125 at 23:00コメント(0)ジム 

2020年03月14日

◆火曜日は寝起きの際も業務中も
すんげぇ眠いし疲れてるなと実感してたのに
エクストリームコックリさんやってたら
『ジムで登れし』と言われたので渋々グラニー。
ホールド替えたばかりの壁にテンションが上がり
テープ課題の1Qやら初段やらをつまみ食いし
最終的には何1つ登れず爆死した。




◆土曜日はワンデー東海地方したかったけど
天気が終わってたので2億年ぶりのスポドリ。
受付に行ったら↓



さてはオマエ2億年来てないだろ



と責め立てられ、泣く泣く初回登録料を払う。
800円って俺の時給3時間分くらいあるのに!
駅で『クライミングが好きなんだな』って類の
ポエムを売りまくり何とかジム代を稼ぐ。
早速登ろうと思いきやアイタマの姿が。
アイちゃんはなんだか謎にご機嫌で
話しかけた瞬間からスベってた。




◆『midsommar』を観ると言ってたのに気づけば
『ムルゲ』っつう謎の映画を観てたユン氏も合流。
ムンボがやりたいって話どおり、
早速ムンボは7aあたりからお触り開始。
先ずはboom boomなる課題から。
boom boomは4手しかないので
脳筋さんには嬉しい課題。
3手目取りの際スタンスがなくて困ったけど
そこはかとなく頑張って登った。
ちなみにユン氏もコレは完登。




IMG_1914

◆次もboom boomと似たようなホールドを辿る
bouncing aroundなる7a+。
4手目取りが少し悪くて、
つなげるとゴール取りもしんどみが深い。
ゴール一つ前の左手カチ取りに躓きつつ
ゴールへの右手クロスでやいのやいのしたけど
矢井田瞳って裸足で歌ってたなっつーのを思い出し
ヤイコと叫んだら登れた。




◆次に取り付いたのは『calculated』なる7b+。
初手からそこそこしんどいんだけど、
先ず2手目取りがきつい。
取り先のフラットカチを中途半端にかすめると
激痛が体全体を覆う。
2手目が取れた後右手クロスで取る3手目も遠く、
ゴール一つ前の左手カチ取りに辿り着く頃には
右手の保持が落ちてるのに、
このカチが結構遠い場所にある。
痛いだのきついだの遠いだのヤイコだの言いつつ
僕は体力任せの8万トライで完登。
さらにこの後、instaでも多分お馴染み
クソ強クライマーのhoseok lee君が設定した
7Cの肩王国みたいな名前の課題を
2本立て続けにトライし、肩が逝きかける。
その後も7b〜7Cくらいの課題をつまみ食いし
7b+登れた時点でパワー切れしたんだなと
自覚したのち、
アイタマが撃ってたテープ課題に意気揚々と参戦。
最後はゴール一つ前のクソでかい黄緑スローパーを
止め切ることができずに四肢爆散し無事死亡。




◆なんか久々にムンボ撃ったけどあれで7Cとか
8Aとかをコンスタントに落とせるようになったら
それはそれで強くなるのかしら?
今年のトレ内容は迷いに迷いそうだな・・・



fkawa125 at 23:00コメント(0)ジム 

2020年03月07日

IMG_1868

◆世の大潮流は『パパ活』である。
皆一様に若い女の子をホテルに誘うべく
接客中級編と称した下の講習会を開催し、
謎に寿司を振る舞おうとする。
流行に敏感というか過敏な我々も
この一大潮流にライドしない手はない。
僕・アイタマ・ユン・キムの5人は
真のパパ活王になるべく西は豊田市を目指した。




IMG_1871

◆選んだ舞台は鉄塔85エリア界隈。
若い子への誘い文句として



『ヲジサン👨の下⬇️の鉄塔🗼も
マスミちゃん👧に見て👀もらいたいな❤️』



とサラリとLINEできるのが真のパパ活王たるもの。
※マスミちゃんは架空の巣鴨在住のオニャノコ。
真のパパ活王として戴冠を授かるべく
僕らは鉄塔85エリアを徘徊し、
遂に『the old』の岩に辿り着いた。




IMG_1901
※ キムラ写真

◆先ずは『きさらぎ』なる1Q課題から試技開始。
(下の)割れ目沿いに強傾斜をグイグイと登る
パパ活にはうってつけの課題である。



『下⬇️の割れ目⚡︎に手👌を突っ込んで
恋💒のバランス💞を取ろうね🌋
その後はお寿司🍣をご馳走💰するよ🤑』



とマスミちゃんにLINEするものの、
僕的には全然バランスが取れず。
んだよこのアバズレが(チッと舌打ちした後は
バランス度外視・パワー全開の
『1発ヤらせろ💪』アタックでLINEしまくる。




IMG_1877

IMG_1883

◆パパ活要らずの真のパパ・キムちゃんは
痛みに顔を歪めつつも速攻できさらぎを完登。
その後、隣の『さげつ(初段))』も速攻で登り
この時点で真の王にかなり迫る。




IMG_1886

◆夫にアイちゃんを持つ悲運のタマ王。
この日は肘の調子はそこまで悪くなかったっぽい。
んが、先日アイちゃんから喰らった
チンポコビンタの影響か顔の調子がイマイチらしく
何故か不思議とクソブスに見える。
そんなタマ王はきさらぎのバラしはほぼ終えるも
スタートから繋げ切らない。
後日LINEで何の脈絡もなく↓




『サンドイッチ美味しかった!』



と送りつけてきた。
後でOKwaveで判明したことなんだけど、
『サンドイッチ美味しい』は
『ジャンククラッシュ』の意とのこと。

IMG_1899





IMG_1880

◆真の王を決めたいとパパ活に関する詳細を
僕らに送りつけてきた張本人・ユン王@夏至祭。
きさらぎに関しては各所をバラしてはいたものの
終始コナン君の真似で



『(・・・!・・・コレは青酸カリ!)』



と言ってタマキ王に塩を舐めさせようとしてた。




IMG_1902
※キムラ写真

◆チンポコビンタ界の雄・アイダ王は
キムちゃんにリアルチンポコを激写された影響か
きさらぎの核心と思しきリップ取りで苦戦。
クラック上部を左手アンダーで取り、
みんなよりやや右側を抜けようとするも



『写真通りの顔って言われます』



の誘い文句を鵜呑みにした結果、
町屋駅で待ち合わせしたらタマ王がやってきて
無事に四肢爆散し死亡。
パパ活の前にpairsからやり直すとのこと。




IMG_1903
※キムラ写真

◆さて、マスミちゃんに対し



『あれ?😝ヲジサンのLINE📲見て👀るカナ?😅
きっと眠くて😪ベッド🛏でおねんね🌙してる❓
割れ目⚡︎の2手目✌️がクソ💩痛い😭から
青酸カリ☠️でも飲んで🍺四肢爆散🌋しろ🙆‍♂️』



とLINEする。
というのも核心と思しきリップ取りはできるのに
みんなが苦労してない2手目界隈が
僕1人全然できないのだ😭😭😭
周囲から『接客中級編(笑)はやめとけ笑』などと
多くのアドバイスをいただくものの
44歳にもなると他者の助言に耳を貸さなくなり
最後にはマスミちゃんに



『回らない💞🙅‍♀️お寿司🍣屋さんを予約📞したよ💘
活アジ食べながら🐟下⬇️のガンツチャート📊を
埋めたい🕳ナ❗️❓😝😁』



とアクセンチュアのテンプレメールを拝借し
LINEを送ってみた。
結果、謎にパワー切れを起こした僕には
塩と偽られた青酸カリをコナン君@ユンユンに
舐めさせられ無事死亡した。




IMG_1896

IMG_1891

IMG_1888

◆きさらぎの隣はクソカッコいい『the old』。
きさらぎですらパワー切れを起こし
コナン君@ユンユンに『あれれ〜?』とか
言われてる僕には完登は言わずもがな、
パートでのバラしすらてんで話にならなかった。
タマ王に塩と偽り青酸カリを舐めさせられた
アイちゃんもグッタリ横たわる最中、
キム王・タマ王・夏至祭王の3人が
the oldのバラしに挑んでた。




5003
※『ささめ』の強度のイメージ図

◆真のパパ活王になるには、



【単価 × 人数】



の鬼畜な提案型営業を受け入れなければならぬ
という非情にも程があるハードルがあり、
こんなにも体はクタクタだというのに
次に選んだ課題は『ささめ』なる課題。
洞窟のようなルーフの内部を左→右にトラバースし
ド級のガバリップ目掛けて這い出す内容。
んが、トラバースのセクションのホールドが
いつぞや欠けてしまったらしく、
どう考えても強度が酷そう。




IMG_1905

◆この酷い強度のささめのバラしをする最中、
タマ王が合コンに参加したことがないのに
王様ゲームはやったことがあるという
二律背反な事実を口にし始める。
タマ王以外の4人の王は
社会経験に乏しい小さじ一杯な人生を送る
タマ王にも極めてジェントリーで、
なんとその場で真の王様による真の王様ゲームを
見せてあげることにする。



エフ:我こそが王である!

キム:いやいや、我こそが王である!

アイ:やや、そちは北の王か!我は南の王である!

ユン:我こそが西の王!!!



と、俄かに4人の王が爆誕。
キムちゃんが乗ってきた時点で
嫌な予感しかしなかったけど
ここから暫くの間、
主に僕とキムちゃんとアイちゃんが
『王様ゲーム』で盛り上がってしまい
事あるごとに『我は王なり!』と言ってた。
タマ王にとっては地獄の時間だったろうが
3人の王はすごくキラキラしてた。




◆ささめ王については2手目取り&3手目取りも
だいぶ大変なんだけど、
特にトラバース中間部・ホールドが欠けたと
思しき界隈からはパートでもバラせる気配なし。
ささめがあまりに強度高過ぎなので、
帰るまでは各々の王が好きな王国の前に陣取り
『HONEST』撃ったり課題のない岩登ろうとしたり
そうこうするうちに光速で日暮れを迎えた。
ちなみに帰りに飯を食いながらthe oldを
YouTubeで大川してみたら
ぼんちゃんが物凄い安定感でthe oldを登ってて



『安定王』



の称号が授けられてた。
おめでとうございます。



fkawa125 at 23:00コメント(0)豊田 

2020年03月05日

IMG_1866

◆今日もグラニー。
UPを6本くらい登り、
今日のファイルを探してみる。
3〜4Qがちょうどいいなと思ったけど
ホールド覚えんの面倒くせぇなっつうことで
いきなり1〜2Qをやる。
トライし始めて思ったけど2Qの要素がない。
結局グレードは1Qになってた。




◆先ずボテ下の黄色いホールドから
ボテの青カチを取りに行くのが悪い。
手とか足とか金とかコネを使い青カチ取ったら
次の木製ホールドのマッチがクソ悪い。
どうも普通にマッチじゃなくクロスでマッチして
左手ガスからガバを取りに行くんだそうな。
確かにマッチは安定するけど、
次のガバ取りに至るまでにヨレんなこれ。。。
カルピス飲んだりウオッカ飲んだり獺祭呑んだり
あれやこれやのレストを経て、
多分20トライ以上繰り出して登れた。
内容的にはできたら10トライ程度で
キメたかったけどな。。。
つーか1日50トライとかってのは一体どこへ??



◆その後は一昨日の疲れが抜けていないのか
物凄い疲弊感と眠気に襲われ、
フレッシュでも多分登れなそうな
ファイルの黒印課題をほんのちょっとやって、
ホールド替え前にと正面緩傾斜の
初段Fに手をつけるも右手人差し指の側面が
パッカリ割れたヤツが痛くて早々に敗退。
その後オカさん課題を1つ登り力尽きた。
この感じ、土曜日の外岩に大きく響きそう・・・。




◆そういえばキムちゃんがGoogleフォトに
uploadしてた写真を拡大して見てみたら
アイちゃんのオチンポがばっちり写ってた。
LINEでその旨を伝えたらタマキちゃんが
家宝にすると言ってたので、
夫婦が各々ハンデキャップになってて
2人とも大変だなぁと思った。
しかも普段の外岩メンツが僕とかユンユンとか
泣きっ面にアサシンバグの大群でしょ。。。

(了)


fkawa125 at 23:40コメント(0)ジム 

2020年03月03日

FullSizeRender

◆先日観賞した『midsommar』の物真似を
お披露目したいのにお披露目できず
コロナウイルス関連の対策で通常業務も進まずと
精神的にかなりアレなので今日は炎のジム入り。
言っても仕事終わりも読めなかったので
本日もグラニーに駆け込む。




IMG_1832

◆ちょちょっとUPしてから3Q+をやる。
デカい青ホールドの左側の木製ホールドを
使わずにやったこともあってか
少し便数を費やしてしまった。
まぁ1Qやりたかったし温まったかなと
黒1Qをトライしてみたらクソ悪い。
初手は右側のカチを取り、
スタート真上にあるクソカチに左手を出す際
他のクライマさんみたく手に足ヒールも考えたけど
左膝のパッキャオが気にかかり却下。
ド正体で左手を取りにかかるも足が抜け、
先に左手を取ってから右手を取ろうにも
左手のカチが悪過ぎる。
つーことで↓

IMG_1834

◆他のクライマーさんがトライしてた
何やら面白そうなピンチ課題に転戦。
グレード不明なんだけど2Qくらいかな
と思いきや全然悪い。
特に左手デカ青ピンチから
右手で青ガバカチを取った後、
左側にあるリップゴールの1つ前、
ピンクのピンチを取るのが悪い。
そもそもピンクのピンチそのものが甘い。
そもそも左手デカ青ピンチからの一手も悪く
なかなか精度が高まらず。
UPもそこそこに負荷の高い課題に手を出し
一気にヨレ感に見舞われてしまった。
こんな時こそ心にmidsommarだなと
主人公ダニーの心情を追体験し、



『んぁあぁあぁあぁあぁ!
むぅはぁぁぁぁぁぁぁぁ!
はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぅ!』



と深呼吸を繰り返す。(注:↑そっくり)
気づいたらガバカチを握りすぎたのか、
右手人差し指の側面がパッカリ割れている。
やたら痛いので右手カチの課題は避けたいんだけど
一度手をつけた以上コイツは落としたい。。。
敢えて口には出さなかったけど、
たけやんさんとシバさんとが
最近ケツのコンしたようなので、
僕の心の初夜を捧げようと覚悟を決め
『ファーストナイト』って叫んだトライで登れた。




IMG_1833

◆その後はツチノコ御大の至言を胸に
第一関節片手ぶら下がりを敢行。
画像のキャンパシングボードの最下段、
一番端の穴が結構浅そうなのでコレに挑む。
右手はフレッシュな状態なら
10秒くらいは頑張れそう。
撃ち込んだ後だったけど7秒くらいはいけた。
問題は左手である。
この浅い穴だと1秒が関の山。
木製ラングでさえ1秒程度だった。。。
当面はこのボードとかお銀座のbeast10mmで
片手でそれなりにぶら下がれることを
目標にしてみよ。


fkawa125 at 23:00コメント(0)ジム 

2020年02月29日

◆タイトルからも丸わかりのとおり
この日は金山沢の上部エリアに行った。
以前金山沢に行った際、タマキ姫が川の上流に
大きな岩が点在してるっつうんで見に行ったけど
案の定そこの岩々はTOKIOさんが舐め尽くしてて
8級から3段まで多くの課題が作られていた。




IMG_1723

◆美味しいパン屋『やまに』経由で金山沢へ。
んが、目の前の道はゲートが閉まってる。
Google先生にお伺いを立てたところ
閉まってるゲートから歩いて1.4km、
時間にして22分程度とのこと。
瑞牆やらSSKやらへの転戦も考えたけど
歩いて22分なら歩くべとゲートの脇をすり抜ける。
この時、僕らは道的にY字路にいたんだけど
ほぼ盲目的にゲート向こうの道が金山沢への道と
信じ切りGoogle mapをまともに見てなかった。
『んなアホなw』と思うかもしれないが、
僕らスットコドッコイ5人組は
金山沢と全然関係のない道路をマットを背負い
45分ほど歩くことになる。

FullSizeRender
※キムラ写真。この後アイちゃんがチンポコを出すのだが
その理由はマジで不明。。。

で、・・・あまりにも金山沢が見えてこず、
バカでも流石にコレはおかしい、とわかる。
たまたま『通話可能エリア』なる場所に着いたので
弱々しい電波を頼りに再度Google先生に聞いたら



『あと1時間超かかるよマイメーン』



と言われ一同愕然。
この後、責任の所在を賭けた殴り合いが勃発。
薄れ行く意識のなか、
両目に眼帯という性癖をこじらせたタマキ姫が
『i am the low』と叫んでいたのは覚えている。




IMG_1726

◆タマキ姫が法と化した後、
車まで戻り金山沢に行ったら5分とかからず到着。
往復80分の旅は一体。。。
既に疲れてヘトヘトなところに加えて
追い討ちの山道20分をなんとかこなして
今日の目的地である金山沢の上流エリアに着いた。
なんか寒いぞオイ!




IMG_1831

◆先ずは『ねこあしSD(1Q)』からトライ。
初手取りから意外にも悪く、
初手そのものも持ち感が悪い。
コレ左手でリップに右手となねぇよなと思いきや
コーヒー豆キムラが左手飛ばしでなんと一撃。
おいおいコーヒー豆強ぇなと思いつつ
トライするも全然左手飛ばせるイメージがわかず。
僕とキムちゃんの実力差はこんなにもあったかと
驚愕してたけど左手の持ち位置がわかった途端
リップが叩けるようになり完登。

FullSizeRender
※キムラ写真

一応動画撮ってたのに途中でまさかの充電切れ!
くぅー!!!238m先のリップを
左手小指第一関節のみで止めるスーパーダイノが
抜き差しバッチリ決まった名シーンだったのに〜!




IMG_1837

IMG_1828

◆システム界の犬鳴村・ユン氏と
食品界の杉沢村・アイちゃんの2人は
そもそもの初手取りから苦戦気味。
特に股関節の固さゆえ『ゴールドライタン』の
異名を持つユン氏は初手取りで大苦戦。

IMG_1841

一方のアイちゃんは初手でイイとこが持てないのか
上手く238m先のリップにランジできない模様。
ちなみに↓

IMG_1847

IMG_1827

見る見るうちに血色が悪くなり
唇が土色になったタマキ姫は暫く身動ぎせず。
半分『スイス・アーミー・マン』みたくなってた。
今思えばよく屁もこくトコロとか似てるなぁ、
つうかダニエル・ラドクリフご本人かも・・・!




IMG_1843

◆ネコアシを終えたキムちゃんと僕は
すげぇ見栄えするヘビイチゴ岩の真正面を突く
『蛇苺の季節(3段)』をトライ。
左手はポジティブな縦カチ、
右手はネガティブな縦カチ、
んで左手を超絶ネガティブなフラットカチに送り
リップ目掛けてドゥーーーーンという課題。
たったの2手で3段とあって慄いてたけど
キムちゃんはガツガツと初手取りに挑んでる。
んが、なかなか初手が取れない模様。
ほらーしっかり3段あるじゃん!!!
で、僕もお試し受験的にトライ。




スポ




あれ、初手取れちゃったよ・・・

FullSizeRender
※キムラ写真

全然リップに飛び出せるイメージわかないけど!
僕とキムちゃんの差は↓



僕:キムラ
=右手ピンチ:右手カチ
=左足ヒール:ベタ踏み
=人間🧑:コーヒー豆☕️



といったところか?
結局コーヒー豆も右手ピンチ&左足ヒールで
初手のフラットカチをキャッチ。
んが、僕もキムちゃんもリップに飛び出せず。
つーかトポには『カチラーには易しいカモ🦆』
みたいなこと書いてあったけど全然3段、
しっかり3段だから!!!!




FullSizeRender

FullSizeRender
※いずれもキムラ写真

◆ネコアシを諦めたユン氏は
同じくカタバミ岩の『オキザリス』なる
初段課題をトライしに行く。
僕も少し浮気してオキザリスやってみたけど
ナニコレ???全然でぎん。
スイス・アーミー・マンもオキザリスに合流、
クソブスアバズレポッケパワーをしても
なかなか手が進まない模様。
僕はこのオキザリスをやったり
時折アイちゃんのネコアシトライにガヤ飛ばしたり
また蛇苺の季節をトライしてみたりと
半径数十メートルを往来する。




IMG_1728

◆オキザリスに心をバット折りされたユン氏が
ヘビイチゴ岩の上流面にある『蛇の道』なる
1Q課題を撃ちに行くというので相乗り。
流石に1Qは登れるだろと思いきや
なんか悪い、凄い悪い。。。
お隣『蛇の穴』っつう2Qと同じスタートで
どのホールドまでが2Qと1Qの境目なのか
イマイチよくわからなかったけど
トポどおりのラインを辿るには
ホールドが乏し過ぎる。
つーことで突如現れたコーヒー豆も加わり
2Qの『蛇の穴』を3人でセッション。
イの一番に完登したキムちゃんが悪そうにしてて、
いやいやいやいやwwwww2Qっすよwwwww
と思ったけど気がつけば僕はバラしてた👍




IMG_1851

◆で、アイちゃんである。
実はアイちゃんこのエリアの到着後から
ほとんど浮気せずネコアシを撃ってたのだ。
ただアイちゃんは金山沢自体が初めてで、
lower areaもupper areaも行けてない。
そうこうするうち、アイちゃんが覚悟を決めた。



ア:自分、あと1便でupper areaに行きます!

皆:・・・アイちゃん・・・



皆泣いてた。普段泣かない僕も泣いた。
アイちゃんが登れる予感がしなかったから。
そんな酷な未来予想図を自らの手で破るべく
アイちゃんが、最後のランジに挑んだ。





任せんしゃいしゃいしゃいしゃい





それがアイちゃんの最後の言葉となった。




IMG_1852

IMG_1733

◆ネコアシに散ったアイちゃんの面影が
ユン氏と一緒に『花園への誘い』っつう
ピンサロみたいな名前の課題を撃ち出す。
トポには『難しいパートはない』ってあったけど
最後までコレをやってた僕とユン氏は
途中のセクションをバラせなかった。
ちなみに僕はピンサロの意味を知らなかったが、
ユン氏がボディランゲージと手旗信号で
その意味を教えてくれ、頬を赤く染めた。




IMG_1734

◆で、ココから謎に『鷲は舞い降りた』の
セッションのパッションが急上昇。
正直光速で登ると思ってたキムラも苦戦中。
ポッケまで取ってカンテ取り損ねとか
スタンス滑らせるとか色々してた。
最終的には気合の裸トライでSDで完登。
前回SDを登り損ねたタマキちゃんは
スタンドへの合流でアッパッパーとなり
顔から言動から丸っとアッパッパーとなった。
しきりに↓



『あれー???おかしいなぁー???』



とコナン君みたいなこと言ってたけど
おかしいのは顔と言動と貴様の夫だ。
で、ユン氏も以前完登寸前までいってたのに
この日はてんで進まずどっちら毛。
全然関係ないけど↓

FullSizeRender

敗因は双葉のSAでジェイソンガチャやって
一番不要なメタルジェイソン引き当てた
からじゃないかな。
※僕もアイちゃんもガチャした




IMG_1739

IMG_1741

◆このセッションの主役も勿論アイちゃん。
ネコアシで一度は死亡するも
スピードワゴン財団の手により無事蘇生。
KPIの概念が腰砕になるほどの
激烈トライを繰り広げる。
そして日暮れ。
アイちゃんが言う。



ア:自分、あと1便で最後にします!

皆:・・・アイちゃん・・・



皆泣いてた。普段泣かない僕も泣いた。
アイちゃんが登れる予感がしなかったから。
そんな酷な未来予想図を自らの手で破るべく
アイちゃんが、最後のトライに挑んだ。





任せんしゃいしゃいしゃいしゃい





それがアイちゃんの最後の言葉となった。
ちなみにラスト便の後も何便かやってた。

(了)


fkawa125 at 23:00コメント(0)金山沢 

2020年02月24日

IMG_1718
※疲労のためかタマキ姫の顔が西郷どんに!

◆岸良イベントで張り切り過ぎたのか、
最終日の起床直後から体の方から
『僕氏無事死亡』をお知らせしてくる。
まぁ言ってもせっかくの鹿児島ツアー4days、
元より体なんぞ死亡させて本懐なので
朝から漂う謎のウンコ臭を目一杯吸い込み
車を藺牟田ボルダーへと走らせる💩




IMG_1167
※在りし日のアイちゃん

◆と、藺牟田に向かう途中アイちゃんから
驚きの発言が。



『僕、・・・途中で釣りリベンジします!!!』



鹿児島ツアー2日目、
バス釣り界隈では知らない人のいない大御所・村田基ですらそのメソッドを眼前にして
そっとロッドを置いたという
『アイダメソッド』をもってしても
1匹も釣れなかった驚愕の事実を前に、
アイちゃんがひっそり闘志を燃やしていたのだ。
アイちゃん以外の3人は一様に



『絶対に釣れないといいな』



と思った。




IMG_1817

◆駐車スペースには本日も澤井夫妻の姿が。
しなびたキンタマみたいな心情のくせに
見た目は猛烈美男美女で、弾けた笑顔で僕らに
おはようございぬ鳴村!と言う。
それに対しタマキちゃんがキンタマみたいな笑顔で
お疲れさまで杉沢村!と応える。
その横でアイちゃんがキンタマを出している。
心がキンタマvs顔がキンタマvsキンタマの
地獄の三つ巴の様相を呈していて地獄だった。




IMG_1762

◆気になってた『懺悔』や『ダッコ』の下見後、
僕らは『夜市』『闇市』のある岩で『夜市』から
登り始めることにする。
夜市はスタート時のみ下の岩使用オーケーという
1Q課題なんだけど、
慣れるまで最初の数手もそこそこ負荷が高い。
と思ってたら写真を撮る隙もなく澤井君が
ツチノコパワー全開で余裕の完登。
じゃヲヂサンも続いちゃうぞと思いきや
ツチノコ氏がさっくりこなしてた中間部も
それなりに悪いでやがる。
ユン氏のキンタマにラムサールと書いた後、
生態系保全と叫んだら登れた。

IMG_1819

で、ツチノコ氏と一緒に『夜市』の左側にある
初/2段課題、『闇市』のバラしに入るも
すっっっげぇ悪い。
ツチノコ氏がこなしてる中継のカチ取りすら
上手くバランスが取れずにてんで手が進まず。

IMG_1783

ツチノコ氏は負荷の高さに顔を歪めつつも
着々とバラしを終え繋げを開始。
んが、繋げてくると強度の高さだったり
バランスの悪さだったりで上手く繋がらず。
一方、『夜市』を撃つ他のメンツは↓

IMG_1756

IMG_1759

◆タマキ姫は課題の質的にも秒殺と思われたけど
肘の不調が影響しているのか、
リップ下の左手サイドホールド取りで苦戦。
ちなみに永きに亘りタマキ姫を苦しめる
右肘の大不調の原因は『土嚢』である。




IMG_1776

IMG_1779

◆トモエ姫はリーチ的にギリギリかと思いきや
アイダメソッドにより初手取りが大安定後、
強靭なカチパワーで各所をこなしていく。
ちなみにトモエ姫のinstaにも記載のとおり、
彼女の座右の銘は『金と男とデカい土地』である。




IMG_1775

◆ユン氏は垂壁&カチ系課題で苦手に思われたけど
思いの外バラしを進めていった。
最終的に登れなかった理由は
ペットの蛇と偽りチンポコを画面一杯に映し
リモート会議に臨んでいたからだそうな。
早く死なないかな!




IMG_1782

◆ツチノコ氏の闇市が繋がりそうで繋がらないなか
僕もなんとか闇市をバラそうと、
ジッタリンジンの『プレゼント』の一節、



♪大好きだったけど〜
彼氏が〜シマ〜ユウジ〜



と歌いながら頑張ってみるもなかなかバラせない。
コレは息抜き的にアレだなと思い、
スマホを耳にあてがいながら↓



『・・・もしもし?あーオレオレ。どした?
ん?トラブル?原油を?飲ませた?
え、飲ませた!???
お客さんに?お茶と原油間違えた!!???』



と、完璧過ぎる演技力で業務で多忙のフリをして
初日にド敗退した『ドグマ』を見に行く。
するとキタさんなるローカルクライマーさんが
既にトライをしている。
胸に手を置きキタさんの思念体を読み解く。



(・・・エフはん・・・登りなはれ・・・
登っておくれやす・・・)



何この似非京都弁とか思いつつも
『登りなはれ』というなら致し方なし。
ドグマリベンジという稟議を声高に発議、
僕は靴とチョークとサブマを手に↓



『あーもしもし?原油の件?
うんうん、うん。うん。あっそう。
原油大丈夫だったの。気づかなかった?
え!?お客さん気づかなかったの!???
原油飲んで!!??二杯飲んだのに!??』



と、またまた完璧過ぎる演技力で周囲を欺き
闇市をトライしてたツチノコ氏を従え
ドグマ征伐に乗り出す。
一昨日の雨の影響があるかと思いきや
ドグマの岩も夢精したパンツみたいにカッピカピ。
早速トライするも2回ほど手がすっぽ抜け
1回はリップを取り損ねる。
はやる気持ちを抑えつつ、↓

IMG_1822

IMG_1823

『ラムサール条約!』の掛け声とともに
無事『ドグマ』のリベンジ成功。
ちなみにツチノコ氏も当然のように↓

IMG_1704

ドグマを完登。
二人揃ってドグマをキメた後に
『夜市』の岩に戻ったら、
ちょうどそのタイミングでアイちゃんが
夜市メソッドをキメて完登した模様。

IMG_1768

まぁ多分ウソだからあとは繋げるのと
醜い承認欲求を捨てるだけだね!👍
つーことで夜市セッションも一段落し
僕らは揃って『重圧』の岩へ。
アイちゃん&トモエ姫&ユン氏は『重圧』を、
僕は『重弁』を、
ツチノコ氏とタマキ姫は『ムンズンズバリ』を
各々トライすることに。




IMG_1784

IMG_1790

◆『重圧』組のアイちゃんはお初のトライ。
シュシュシュと終わるかに思えたけど
やっぱり核心の左手サイドホールド取りができず。
んー、改めてパートでやってみたけど
なんだかんだ難しいよなこの一手。




IMG_1786

IMG_1801

◆初日に、↓



『コレはモロたで!モロた!
下手したら一撃だったやん!
もっと慎重にイカなあかんやつやったやん!』



と秒で嘘とわかる関西弁でまくし立ててたユン氏。
しかも初日『重圧』のトライ終わり際には



『わかりましたわエフはん!
ワテ、左手間違えてはったわー!
左手こうなら余裕どすえ!!!』



と秒で嘘とわかる京都弁でドヤってもいた
ワケだけど、なぜかこの日は



『指が痛み。。。マジつらたん。。。』



と、とっくに廃れてそうなJK用語を連発させ
全然高度を上げられずにいた。
自称『ユンぽよ』はパフォーマンス云々ではなく、
精神とか知能とかの健全化を図るべき時だろう。




IMG_1797

IMG_1802

◆『重圧』完登に向け一番真面目なトモエ姫は
どうしても核心の左手サイドホールド取りで
イイ感じのムーブを構築できておらず。
左足のヒールの位置を高くしてはと提案するも
あまり相性がよくない模様。
横から見てると左手出しの際に
岩からカラダが離れてしまっている。
左足はヒールじゃなくベタ踏みにして
右足の工夫で岩と体の空間を潰す作業が
必要になるのかしら???
と思ってたらトモエ姫がここで一工夫、
右足のインサイドを岩に押し付けることで
腰が岩にグッと入る形を作る。
で、この日これまでで一番の高度を出す。
さすが座右の銘が『金と男とデカい土地』。
ちなみに後日登れた模様。おめ!!!





◆僕は完全にパワー切れしてしまっていた。
いつもならクライミングKPIに則らず
バカスカとトライを重ねてしまうところ、
『重弁』は出だしで負荷の高い左足ヒールが
出てくることも重なってか、
バラしも全然できないしバラしに熱も入らない。
んが、アイちゃんがサラリと『重圧』の
初手の真下辺りにあるガバに左手クロスを
出すのを見た瞬間にヤル気満々。
自棄っパチの最終便で謎に繋げトライしたら
最後の最後に重弁のスタートホールドまで
手を出すことができた。
なんか来世にトライすることがあれば
松田聖子と郷ひろみのように結ばれそうです!




IMG_1795

◆一方、『ムンズンズバリ』なる3/4段を
撃ちに行ったツチノコ氏&タマキ姫。
『重圧』側から姿が見えない2人が
『あ〜!!!』とか『うお〜!!!』とか
『ミッドサマー』とか言ってたので
一体何の夏至祭だよと思ってたんだけど、
ツチノコ氏はなかなかできなかった核心と思しき
ポッケからの右手クロスができたと喜んでいた。

IMG_1813

ちなみに一緒にトライしてたタマキ姫は
そこらに生えてるゼンマイを両手に頭に掲げて



『ガンダム』



と言ってたのでまぁイイ感じだったんだろう。
ちなみに肩幅の大きさから『ガンダム』の
異名を持つタマキちゃんはその昔、
『ハマー』と間違えられ岩城滉一宅に納車された
という逸話の持ち主でもある。

FullSizeRender

そんなタマキ姫の両目にクロムハーツのピアスを
捻じ込んだりしてたらあっという間に16時過ぎ。
べらぼうに楽しかった鹿児島4daysは
遂にクライマックスを迎えるのでした。
と言うのも、アイちゃんが『重圧』『重弁』の
トライをサササササと終えると↓



『僕・・・釣りにリベンジ行ってきます!』



とレンタカーで藺牟田池に向かったのだ。
アイちゃんに許された釣りタイムは小一時間。
16時半に駐車スペースと伝えたワケだけど、
アイちゃんは驚愕の釣果を引っ提げて
僕らのもとに帰ってくるのか?
固唾を呑んで車の到来を待つ僕らの前に、
レンタカーが姿を現した。
釣果は・・・。アイちゃんの釣果は・・・!↓




FullSizeRender




ということで無事アイちゃんの死亡が確認され
晴れて鹿児島ツアー4daysは終幕。
個人的な登りの成果は実力的にもトントンかな?
できたら2段は一つ何か落としたかったなー。
にしても本当に楽しい4daysだったのでヨシ!
グッバイ鹿児島、サイチェン澤井家!!!

(了)




【動画】


※画像をクリックすると『ミッドサマー〜三丁目の夕日〜』が観れるよ!




【おまけ】

IMG_1816
※カワイイ嫁対決。なんかタマキ姫がアンゴラ村長みたくなってる。


IMG_1824
※岸良イベント懇親会の様子。カブちゃんなんなのw


IMG_1717
※写真整理して出てきた謎の写真。なんだコレ。。。



fkawa125 at 23:00コメント(0)藺牟田 

2020年02月23日

IMG_1624

◆ビビるぐらいの快晴のなか、
岸良イベントの受付場所に到着。
澤井家と思ってた全く知らないクライマーに
全力で挨拶しちゃったりしつつ受付を済ませる。
駐車スペースではミキペディア夫妻に遭遇。
今回のイベント後ナニをペディるのか楽しみ!

IMG_1642

IMG_1720

今回謎にトンちゃんも発見(写真は帰り際)
トンちゃんは2日間の弾丸行程らしい。
いやーなんかテンション上がる!!!




IMG_1626

IMG_1630

◆とうふエリアのアプローチを下ると
真っ青な海と真っ白な岩の塊。ピャー!!!
開会までの時間を見計らってトポ見つつ
触りたい課題の下見に勤しむ。
ってか『直線の波』ヤバ過ぎだろwww




IMG_1633

◆本イベントの主催者・キロニコのアキラさんの
開会宣言に始まりスポンサー紹介、
んで中嶋徹君の挨拶etcがあり
いよいよイベントスタート。
で、なぜかチバトレのチバさんと一緒になる。
澤井家は何度かチバトレのパーソナルを
受けていたこともあってか、
澤井宅にチバさんがお泊まりするくらいの
肉体関係だったりする模様。
僕・アイタマ・ユン氏っつう地獄の4人に加え
澤井家&チバトレっつう異様な編成で
『ラフテル(1Q)』がある岩へ移動。




IMG_1649

◆『ラフテル』は岩の見栄え的には最高。
真っ青な海をバックにキレイにカットされた
フェースの下部のクラックから
カンテとカチを活用して上部のクソガバ目掛け
チバトレする内容になってる。
当のチバさんは入念にストレッチやらをやってて
流石プロだなと思わず感心。
僕はと言えば暑いし体を夏にして過激に最高なので
いきなり『ラフテル』のトライを開始。
んで、全員が苦悶する泥仕合が展開するとは
この時点で誰も予想できなかっただろう。




IMG_1713

◆僕はまぁ1Qだしカンテとカチ使って
ガバにどーーーーんでしょとたかをくくりまくり
秒速で離陸で躓く。
普通に考えりゃクラックをアンダー保持して
カンテをパンパンパン///・・・なはずなのに
離陸自体も大変だし
カンテまでもそれなりに距離がある。
澤井君も程なく出港したから完登を大川しようと
ワクワク待ってたらなんと澤井君も初手取り失敗。
寡黙を保ち出港したチバさんも初手取り失敗。
僕が持ち前の明るさと元気と笑顔で初手を取るも
そこからは余裕と思われた上部のカチ取りが
想像よりも断然悪い。

IMG_1648

僕がポンコツだからなと思いきや
澤井夫婦&アイタマ&ユンユンと初手取り
orカチ取りで総倒れ、
入念にチバトレしてたチバさんも
二手目になる上部カチ取りができず、↓



チ:お、コレ案外しっかりしてる。
しっかりした1Qだ。
これはしっかりしてるぞ。
くそー、しっかりしてるな!

僕:難しいっすよね。。。

チ:ま、1Qだけどね。



・・・なんとなくこの辺りから
チバさん『こっち側』かなと
地獄の4人は皆内心感じ始める。

IMG_8265
※こっち側の様子

んで、トライ開始から◯◯◯分経過。
灼熱の太陽が僕らの体を夏にして過激に最高ななか
初手のカンテからの二手目取りがなかなかできず。



チ:・・・わかった。もうオレ次で登るわ!

チ:コレむかつく、マジしっかりしてる!

チ:こういう動きか。あーわかったわかった!



めくるめくチバトレフレーズとは裏腹に
当のチバさん含め我々一行は
パートですらなかなか二手目が取れない。
んが、ココで澤井君が持ち前のツチノコチ◯ポで
二手目のカチを握りしめたら
右足ヒールをカンテに掛けて右手クロスで
上部のガバを見事にキャッチしそのまま完登。
最早この時点で1Qってグレードは
相当怪しいと思うけど、
トポを縦読みしても『ユキナダイスキ』って
書いてあるだけで1Qなのよね。。。




◆昼メシを食う頃になっても一進一退を繰り返し
澤井君(ツチノコ)以外の完登が出ずじまい。
このままでは岸良公開イベントが
ラフテル&ツチノコ公開イベントと化すのを危惧し
興味津々だった『アルバトラス(初段)』の
様子を見に行くことにする。

IMG_1636

大迫力の『Drink the sea(V14)』を見たり
他の面白そうな課題のセッションを眺めつつ、
ユン氏のチンポに『ユリ・ゲラー』と書いて
本格的なダウジングを試みるも
アルバトラスが全然見つからない。
ココにあるはずと思しき位置には
元々そびえ立ってたであろう岩が横たわってる。
むー、もしや倒れたのか???と思いきや、
単にアルバトラスはルーフ課題と判明。
写真で見る限り緩傾斜のダブルカンテ課題かと
思い込んでた。




IMG_1651

◆アルバトラスへの興味が一気にトーンダウンし
『ラフテル』に舞い戻ってみたら
なんとチバさんがまだまだチバトレしてる!
色々悪態ついたりくだらない話もしてたけど
めっちゃ真剣だなぁと凄く感心。
そんなチバさんに僕も触発され、
難しいとはいえ1Q相手に負けられんバイと
改めてラフテル成敗に気合を入れ直す。
ココでPDCAを92万回転させ、
『カンテ右手の親指を突起に被せず純粋にピンチ』
で上部カチ取りに挑んだらこれがまさかの大正解。
右手のホールディングを変えた直後の繋げトライ、
それまでパートでも超精度が低かったカチをとらえ
勝利のガバは僕の目の前。
澤井ツチノコ先生みたく右足ヒールからの
右手クロスも頭に浮かんだけど急遽取り止め。
謎のスタンスを右足で謎にスメア、
サイファー的に左手をガバに謎デッドした。
一か八かだったけどガバが取れて
そのまま謎にツチノコできた。
それにしてもこの課題はしっかりしてる!




IMG_1652

◆すっかりシークエンスが固まり
上部カチ取りまでの精度が異常に高いチバさんは
ツチノコ方式もエフカワ方式も相性が合わず
上部ガバ取りに苦悶してたけど
最終的にカンテ上部に右手を飛ばし、
ほぼ真横から上部ガバ取りを成功させてた。
よもやの敗退もあるかと思いきや
流石チバさん・・・ってか執念よ・・・




IMG_1664

◆ひっそり釣りをしてクソ坊主だったアイちゃんと
ユン氏の2人が『サマンサタバサ』なる
初段課題を撃ちに行く一方、
残りの面々は『月明かりの影』『水車』
なんかがある岩を見に行くことに。
早速『月明かりの影』をトライし始めたけど
物凄く痛い初手のカチフレークをマッチして
物凄く狭い状態のレイバックみたいな体勢から
上部のガバに手を出さないと駄目みたい。
澤井君はうぉとかぐぅとか日本のUMAとか
言いながら非レイバックで登ろうとしてた。




IMG_1654

IMG_1660

IMG_1661

◆ラフテルで同じ課題を撃ち続けたこともあり
同じ岩の『水車』への切り替えは音速。
『水車』はルーフ内のガバクラックから
凹角の3Qにつなげるんだけど、
ツチノコ→エフ→チバさんと立て続けに完登。
岩の上から見える海がかなり気持ちいい。
で、



『少し撃ったら追いかけます』



とサマンサタバサを撃ちに消えたアイちゃんが
全然来ないこともあり靴を片手に様子見に行く。




IMG_1665

IMG_1668

IMG_1721

◆なぜかカブちゃんも出没してるサマンサタバサは
多くのクライマーで賑わってた。
と思いきや眼前でアイちゃんがまさかの完登。
ここ24年くらいアイちゃんの完登は
どこにも記録がなかったので
会場からは大きなどよめきと悲鳴があがる。
僕も秒速で登ろうとしたけどスタートからの
初手がなかなか決まらず。
初手取りに何度か失敗した後、
カジヒデキ感を醸し出すことで完登できた。




IMG_1637

◆その後『八咫烏』なる初段を撃ちに行くも
こちらもなかなかにイミフ。
初手のカンテからリップ下のカチに左手を寄せるも
そのカチが悪すぎてにっちもさっちもいかず。
澤井君は激カチを思いっきり保持してたけど
僕には無理っすよツチノコ先生!🐍




IMG_1641

◆フェスの終わりが近づくなか、
僕はトモエ姫初登の通称『イルカ/SOUL'd OUT』
には1ナノも近づくことなく、
トンちゃんがトライしようとしてた2Qをトライ。
なんかマントルが怖いなと敵前逃亡した後、
その左カンテが1Qっつうことで
アイちゃん・ユン氏の群に混ざることに。
なんかナガヤマさんがスススと登ってったけど
僕は左膝のパッキャオも下地の悪さも怖いしと
色々言い訳をこしらえて艶やかに敗退。
ラフテルのバカ撃ちがこたえたのか、
すっかり疲労困憊したところで16時を迎え、
岸良イベント終了とともに僕も無事死亡。

IMG_1647

◆夜の懇親会に出る澤井家とはココで一旦お別れ。
また明日一緒に登るだよということで
後ほど映画『パラサイト』バリに
モールス信号を送ることにした。
僕らは風呂に入った後、
岸良から程近いお店で犬鳴定食を平らげる。
帰りは4人揃ってすっかり寡黙だったけど
そんだけ充実した1日だったってことで。
明日は最終日&藺牟田ボルダーアゲイン。
・・・で、できればドグマの回収だけでも
なんとかさせてくだされ〜!




【追記】
『もっとまともな記事ねぇのかよ!』
というお方、あります!
こんなクソ有害電波ブログではなく
ツチノコ先生のブログがございます!!!



【呑んで登ってまた呑んで】



(day4へ続く)


fkawa125 at 23:00コメント(0)岸良 

2020年02月22日

IMG_1710


◆2日目。ユン氏が言った。



『エフ皮さん、・・・何か足らなくないですか?』



確かにそんな気はしてた。
このそこはかとない欠乏感は何か。
全く答えの出せずにいた2人の中間管理職に
そっと手を差し伸べてくれたのが
やっぱり、やっぱりSOUL'd OUTだった。



SOUL'd OUT カーステレオ
音 ボリューム
もっとデカ目じゃなくちゃ
んで真昼間だからfried potatoes
塩が足んねぇよ 笑い止まんねぇよ
Axel ガッツリと踏んでけよHey-yo
(Dream Drive/SOUL'd OUT)



塩。
僕らに足りなかったのは塩。
昨日食ったウナギでもなく、
空港でピックアップしたアイちゃんでもなく
まさかの料理のさすせそ、塩。
我々一行は塩を求めて鹿児島へ飛んだ。




IMG_1583

◆ユン氏の希望とあり、
先ず『霧島高原ビール』の工房に向かう。
入口に入ると直ぐに電源の入っていない
ペッパー君が事切れて頭を垂れている。
ふふっとなって写真を撮ろうととしたら
スタッフのおじさんから
『ここ工事中なので立入禁止です』
と言われて外に出された。
なんで鍵閉めておかねーし。
ペッパー君激写を諦め二階から館内に突入。




IMG_1584

◆麹やら西郷どんやら様々な展示物が並ぶなか
僕の目を引いたのはコレ。
黄色い小さな缶には『前立腺の友』とある。
マカの力とか凄十とか、精力に訴求する飲料は
これまでいくつか見たことがあるが
前立腺にフォーカスする飲料があるとは。
感嘆の声をあげながら先に売店に行ってた
アイちゃんとユン氏に追いついたら
アイちゃんが『前立腺の友』を買ってた。
脳裏を『類友』というフレーズがかすめ
ぶんぶんと首を振った。
ちなみにユン氏にあげてた。

IMG_1586
※ユン氏の傍に例の缶の姿が。




IMG_1585

◆塩不足の解消を物理的に解決すべく
向かったのは『ひものcafe』なるお店。
ここで鯖バーガーや鯖カレーを食う。
腹一杯になったところで外に出たら
朝からシトシト降っていた雨が止んでいる。
ただ登りに行くには陽も出てないし
風もほぼほぼ吹いていない。
海から程近いこともあり僕とアイちゃんは釣り、
ユン氏は車で寝るとのことで移動することに。
んが、全然釣れない。
2回ほど謎の魚がチェイスしてきたけど
それだけでアタリはなし。
そもそもテトラや堤防周りに普通なら見える
小魚が全くいないのも気にかかる。
クソ未満の虚栄心を満たすためだけに



『今日は釣りの日!海がキレイ〜⭐️』



とクソ未満の価値すらないクソ投稿をinstaにあげ
魚の死骸で『my life』と文字を作ってたら
物凄い勢いで天気が回復。クソ暑い。
乾きの良い岩ならワンチャンあるんじゃないか
ということで
いざとなれば釣りができる藺牟田池に移動する。
藺牟田池はラムサール条約に登録されており
水鳥を主とする生態系保全のためにも
重要な湿地帯というポジションなんだそうな。
で、生態系保全の一環だからなのか、
池の駐車スペースには『外来魚ボックス』が
設置されている。
で、ツアー初日にタマキちゃんから耳にしたのだが



『外来魚は1匹10円で買い取ってくれる』



のだとか・・・。
そんなイージーな儲け話が転がっていてイイのか?
100万匹釣れたら1,000万円だぞ???
1000万匹釣れたら1億円だぞ???????
頭のなかに僕のラムサール御殿が浮かぶ。
ラムサール通りを走るラムサールカーの助手席には
極上のラムサールガールが座る。
ラムサール別荘のラムサールテラスには
僕の下僕と化したラムサールタマキが用意した
僕の生まれ年のラムサールワインがある。



女:『ラムサールに。。。』

僕:『フッ。。。乾杯』

チーン



そして夜はラムサールベッドで
ラムサールセ◯◯◯◯◯◯。。。
僕の下の湿地帯もすっかりラムサールし
いつでも登壇の準備ができあがっている。
ラムサールする前に少し落ち着きを取り戻し
念のため初日に行けなかった竜石を見に行く。




IMG_1588

◆駐車スペースから58日経過。
予想以上の急登をエンヤコラと登り倒し山頂から少し下ったところに竜石発見。
イメージ的にはオープンスペースに
竜石どーーーん!みたいに思ってたけど
思っくそ日陰でやがる。
岩肌を触ってみたら茶色く見える箇所は
しっとりしてて、指先に泥っぽいのが付着する。
結構高さもあるしランディングもよくないし
これはカピカピに乾いたときにトライしないと
不測のリスクを抱えることになるなと思ってたら
同じく岩肌を触ってたユン氏が↓



『・・・なんか女子高生の柔肌みたいっすね(照』



と頬を赤らめている。
とりあえず警察に一報を入れつつ
竜石の課題を一通り見てみたけど
やっぱトライするにはちょい危ないなー。
つーことで駐車スペースに戻り、
僕とアイちゃんは釣りをすることに。




IMG_1593

◆藺牟田池は釣りスペースと釣り禁止区域が
キレイに別れてる。
タックルを用意し釣りスペースに移動中、
大量のカモと、白鳥2匹の姿が目につく。
軽く口笛を吹いたら一か所に集まり始めた。
後ろを振り返ると



『白鳥のエサ 100円』



と書かれた箱とエサが目についた。
はー、こいつら完全に餌付けされてんのか。
と思ったらアイちゃんがエサを買おうとしてる。
その瞬間↓

IMG_1595

池から出たカモは柵も通り抜け、
次々とアイちゃんの元へと大集結。
そして↓

IMG_1598

白鳥に威嚇されたりしつつエサやり。
ちなみに白鳥は案外気性が荒く、
羽ばたかせた羽に当たると腕が折れるとか
そんなレベルの力と危なさを持っているので
皆さんは迂闊に近づかない方がイイと思う。
ちなみにアイちゃんはすげぇ突かれてた。




IMG_1600

◆で、釣りなんだけどまさか釣れねぇだろって
思いのままにアシ際に4ichグラブをキャストしたら
ゴミ引っ掛かったかなみたいなアタリとともに
ラインがグイーンと走り始める。
なんか結構重くね?重くね!??
って思ってたら軽く40cmオーバーが釣れちゃった。
嬉しい一方、この池は外来魚釣れたら
ボックスにinなのでコイツは天に召される
運命なのでした。合掌。
ちなみにアイちゃんは帰り間際にアタリがあり
慌ててあわせてバラしてた。ダセぇwww




IMG_1420

◆この夜はすげぇ久々の澤井夫婦と一緒に
黒豚しゃぶしゃぶを食いに行った。
久々の澤井夫婦はイケメン&イケレディで、
人望やら人柄やらありとあらゆる方面で
アイタマと5兆点差くらいのコールド勝ちを
余裕でおさめていた。
そんな澤井夫婦を前に何を血迷ったのか、
タマキちゃんが



『綾波レイです!』



と言ったら、澤井君が嫁に



『今のは綾波レイが『綾波レイです』なんて
普通言わないのにそう言うのが面白い』



って説明してて控えめに言って地獄甲子園だった。
美味い黒豚食って腹一杯になった後、
ガチで灯りのない国道・県道を走って
突如出没するビジホに到着した僕ら。
その道中、車中の蟲たちが対向車線の車を見て
『あ、犬鳴カーだ!』とか大川隆法の真似で
『・・・犬鳴村です・・・』とか言ってて、
僕らに足らないのは塩じゃなく倫理と知能だと
深く思い知った。
明日は岸良のイベント、楽しみー!!

(day3に続く)



fkawa125 at 23:00コメント(0)藺牟田 

2020年02月21日

IMG_1602

◆羽田空港に着くと動く歩道に装甲車みたいな
肩幅の女が歩いてる。
完全にタマキちゃんだ。
左目の眼帯のせいで左背後に陣取った僕に
全く気付いていない様子。
しばらく後ろから観察してたけど
ケツ毛を引き抜いて自販機につけてた。
その後ユン氏が現れたんだけど、
少し長かった髪をカットしたユン氏を見て
タマキちゃんがいきなり



『さよなら枝毛www』



と言ってた。
この女は放っておくと悪口しか言わない。
ついでにレンタカー借りに向かう途中、
突然↓



『綾波レイです!』



と言ってた。
後日、あろうことか事情を何も知らない澤井家に
このネタを披露することになるのだが、
その時の惨状は別投稿で記載する。




IMG_1604

◆鹿児島空港に着き一路藺牟田ボルダーに向かう。
その途中、巨大なくすの木があるという看板を見て
ユン氏がいきなり



『田舎は直ぐ巨大な木を推し始めるwww』



と言ってた。
この男も放っておくと悪口しか言わない。
ちなみにユン氏いわく、鹿児島は



『バリ島に似てる』



とのこと。多分全然似てない。




IMG_1572

◆『三人寄らば文殊の知恵』とは言うが
僕・タマキちゃん・ユン氏と
ジャンル違いのバカが三人集まったところで
知恵が出るわけでもなく、
藺牟田ボルダーに向かうのに軽く迷う。
何もしていない僕のせいにされたりしつつ
なんとかメインエリアまで辿り着く。
宮崎に移住した見かけだけは美男美女の
澤井夫婦からのLINEに書かれたオススメ課題のうち
先ずは『ドグマ』なる初段を撃つことに。

IMG_1605

『ドグマ』は高さこそないけど
張り出した小ルーフ内からリップを止めて
元気一杯にマントル返す系の課題。
んが、ルーフ内の数手のホールドの向きが悪い。
特に画像でユン氏が右手保持してるホールド取り、
それからリップへの一手がなかなかできず。
しかしバカも三人集まると案外知恵が出るもので
タマキちゃんが右手取りを、
ユン氏がリップ取りを、
僕が【土足でマット】問題を解決した。
多分僕の功績が最も大きい。

IMG_1623

そんな僕氏、繋げに入り見事各所をこなし
パートでは上手くいってたリップ取りに突入。
んが、取り損ねを3億回ほど繰り返し敗退。
敗因は寝不足。
エフ皮家は家柄的に100代前まで全員寝ていない。
他にも『懺悔』『重圧』『半魚人』『リゲイン』
などなどやりたい課題が山盛りのため
ランクルのウインチで引きちぎられる思いのまま
移動と相成った。ドグマ氏〜。。。

IMG_1610

◆大大大しゅきだったドグマたんとの惜別の後、
僕らが目をつけたのは『半魚人』っつう二段。
リップの掛かりの良さから考えると
離陸と初手取りで二段がつけられてるクサい。

IMG_1611

『肩もバカ』の異名を持つユン氏も離陸で悶絶。
初手が取れたテイなら3人ともバラせたけど
とにかく離陸からリップへの一手ができずじまい。
僕が少しイイ形を作れたけど結局ド敗退。
敗因は全員過度の寝不足。
フライト直前までチャリで遠出してたしな〜🚴‍♀️
instaで何気なく藺牟田ボルダーの思念体を見てたら
なんと澤井君が半魚人を登ってた。
一体彼は薩摩川内市長にどんな枕営業をしたのか。
ちなみに僕は半魚人を登りたくて
薩摩川内市役所に出向き、
薩長同盟と言いながらチンポコを出したら
摘み出された。




IMG_1612

◆タマキちゃんとユンさんが『重圧』なる
1Q課題を撃つというので僕も合流。
『重圧』は110度くらいの傾斜のデカフレークを
スローパーやらピンチやらヒールやらを駆使して
モリモリと直上する元気モリモリ系課題。
先ず取り付いたユン氏がいきなり好発進。
核心と思しき上部の左手サイドが取れかける。



『こ、これはフラッシュ狙えたヤツ!!
ちゃちゃちゃんとやっておけば良かった!!』



と俄かにドヤり始めるユン氏。
無論コレは壮大な前振りとなった。

IMG_1613

IMG_1620

実力的には瞬殺と思われたタマキ姫も
写真上の左手取りがなかなかこなせず。
左目に眼帯・右目にトコブシ、
両耳にクロムハーツのピアス、
大音量でワタナベイビーを聴きながら登る
見た目にも耳にも大迷惑なタマキちゃん。
せめてクロムハーツのピアスはやめておけば
結果はもう少し異なったのでは。




IMG_1707

で、僕である。
無論登れた。
草原を吹き抜けるそよ風のように、
何の淀みもなく登れた。
画像は何ら淀みのないシークエンスに
僕がひっそりと組み入れたユン氏への言伝。
部下の評価に頭を悩ませるユン氏を思い、
左足ヒールを敢えて外して



『マネジメントは三点支持なり』



と伝えたのだ。何たる友だち思い。
ちなみに後からユン氏には
『左足ヒール外れてましたよ』と言われた。


※画像をクリックするとPDCAが回るよ!




IMG_1619

で、『フラッシュを狙えた!』と豪語して
instaのストーリーにも『これから一撃します!』と
とっくに一便出してるのに一撃宣言まで投稿して
やる気満々で『重圧』に挑んだユン氏。
んが、文字通りマネージャーとしての重圧なのか
なかなか核心が止まらない。
んが、俄かに↓




『ボク左手の持ち方ずっと間違ってました。
この突起に指あてると普通に持てます』




とかほざき始めた。
ハイハイ風邪気味だから風邪気味だからw
とユン氏のエクスキューズを流してたら
その後突然本当にスタティックに
勝利の左手サイドホールドに左手が出始めた。
そして遂には!



FullSizeRender



一度も核心を超えることなく心停止。
『こ、これはフラッシュ狙えたヤツ!!
ちゃちゃちゃんとやっておけば良かった!!』
というあの勢いは一体何だったのか。
その後ユン氏はTwitterに



『もう無理み。マヂ病んでる。。。』



と病みツイートしてたからかなり元気。
で、最後に『リゲイン(二段)』を触ったら
初手からいきなりイミフだった。
んだよこの課題!!!誰だよ初登者!!!




IMG_1708

◆ということで瞬く間に初日が終了。
その後タマキ姫はシベリア超特急と化した
お父様がお車でお迎えにいらっしゃるとのことで
お父様ご指定の待合わせの場所まで
我々も向かうことにしたんだけど



『我、蒲生の道の駅』



という謎のダイイングメッセージを最後に
お父様の消息が不明になった。
ユン氏がGoogle mapをシゲシゲと見つめながら
『この【くすくす館】のことじゃないすか』
と推理したんだけど、
流石に道の駅と【くすくす館】と間違えないだろ
と思ってたら後日お父様は本当にくすくす館に
潜伏してたことが判明した。
ついでにタマキ姫はお父様とはついぞ合流できず
普通に電車で実家に帰ったとのこと。
こうしてタマキ姫は『ハマー』→『ガンダム』
→『アバズレ』とあだ名が移り変わり、
直近このくすくす館エピソードにより
『蒲生(がもう)』というあだ名に落ち着いた。

(day2へ続く)


fkawa125 at 23:00コメント(0)藺牟田 
Twitter♪
ギャラリー
  • 【ジム】風営法 is coming
  • 【ジム】風営法 is coming
  • 【ジム】鬼滅の総務
  • 【外岩】パパ活キングダム〜我こそが王なり〜
  • 【外岩】パパ活キングダム〜我こそが王なり〜
  • 【外岩】パパ活キングダム〜我こそが王なり〜
  • 【外岩】パパ活キングダム〜我こそが王なり〜
  • 【外岩】パパ活キングダム〜我こそが王なり〜
  • 【外岩】パパ活キングダム〜我こそが王なり〜
  • 【外岩】パパ活キングダム〜我こそが王なり〜
  • 【外岩】パパ活キングダム〜我こそが王なり〜
  • 【外岩】パパ活キングダム〜我こそが王なり〜
コメント
ヾ(・∀・)♪ラッサイ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ