2016年01月01日

新年明けましておめでとうございます。




続きを読む

fkawa125 at 06:00コメント(1)トラックバック(0)場外 

2015年12月31日

紅白?
ガキ使??? 
ナニ言ってんだ、年末年始は




マボだろマボ!!




っつーことで今年も年末恒例のゆく年くる年剥けぬ皮、
カントン小林マボツアーに参戦したので
当該ツアー渾身のレポートを100%ノンフィクションでお届けします。




ツアー主催者である八百屋界の寵児・マボからの招集を受け、
大晦日の早朝から新宿駅のハッテン場との呼び声も高い
小田急ハルク前に集合したツアー参加者の面々。
俺氏の他、昨年の参加者でもあるフニュー君と
昨年の某ブログの影響で酷い目に遭ったという若林スコ君が
当該ツアーに参戦。
主催者のマボはツアー数日前から風邪と包茎をこじらせ
『早く治れよバカ!』と自己管理の至らなさを完全に棚上げした
kussoダサいTweetをお披露目するなど、
ツアーの成果がなかった際の担保設定に余念がなかったことは
周知の事実なワケですが、
なんとツアー当日の早朝マボから飛び出した言葉に参加者一同大絶句。




『オレ、寝てないんだよね』




町屋の不夜城・アイちゃんの生き写しかと
思わずにいられないまさかの不眠宣言。
一寸の隙もない用意周到な自己保身に
恐れ入谷の洗体専門店でございます。
こうしてマボの運転する根野菜配送専門車にて中央道をBダッシュ。
ちなみに今ツアー初日は恵那の新エリア・里エリアにフォーカス。
既に買ったトポやらネットやら今夜も生でさだまさしやら
あらゆる媒体を駆使し、時には枕営業も辞さず数々の漢に抱かれなつつ
トライしたい課題の目星をつけてた俺氏は
課題名を口にするだけでテンションピンコ勃ち。
競灰鵑妨かって『ヴァ〜〜〜』って叫んでるうちに
バンゲリングベイよろしく恵那という名の空母に着陸。
マボの車中にあったananのキレイになるセックス特集によると
イカの御仁が既に里エリア入りしてて
UP後にオドロシをトライするとのこと。
初のエリアだし恵那だし54さんいるしで、
里エリアに着いた瞬間からソワソワしっぱなし。
逸る気持ちを抑えつつアプローチを行けば、
あるわあるわ岩・岩!
すげぇな恵那のポテンシャル、
コレまだ公開されてないor開拓されてない岩場もあるんだよね・・・。
若林君が泡だらけッスねと言ってたけど、
どうも若林君は岩のコトを、登ることをくぐる
ボルダリングのことを洗体、恵那のことを御徒町と呼んでいる模様。
だから皆と全然話が噛み合わn↓



『だよね、どの泡くぐればいいか結構迷うよね〜、
鴬谷もすごかったけど御徒町もすごいなぁ』



あれ?マボが普通に会話できてる・・・。



『去年の大塚だらけでしたもんね』



あれ、フニュー君まで・・・???
OKwaveで事の真意を確認したところ、
鴬谷=ジョーズバレー、大塚=ビショップ、の意みたい。
さらには、スタンドスタート=ノーオプション
SDスタート=椅子の下、ローション=液チョー
液チョー=ローションと称するんだとか。



マボ
『あ、ローション持ってこなかった。
パオーン(恐らくマムートの意)のローション
染み付き(多分ロジン入りの意)だからまぁいいか』


『僕なんてローションと間違えて
液チョー持って来そうになっちゃいましたよ。
あ〜、石鹸どれ使おうかなー。
(きっとあ〜、シューズどれ使おうかなーの意)』



こんな時こそ洗体界の経験主義者・蔵前のダギンシス・ベーコンが
いてくれれば話が早いのにとハンケチを噛み締める。

image
ダギンシス・ベーコン(左はレディ・ガガ)


飛び交う洗体用語に必死に食らいついていくうちに
オドロシの岩には既に54さんの姿が。
『夜陰』『オメガング』『ユビサキキ』完登と
相変わらず糞強なパフォーマンスを発揮しまくる54さんは
UP後早々に『オドロシ(四段−)』をトライ中。
使うホールド見てみたけど、
正気の沙汰とは思えない薄カチを握りこむっぽい。
むー、実質数手でこのグレーディングじゃ相当悪いんだろうなぁ、
クワバラクワバラ。
我々四人も早くあの課題この課題を撃ちたいんですということで
オドロシの岩の近くにあった適度な高さのパイナップル岩からUPスタート。
真ん中からSDスタートするのが『フルーツポンチ』、
少し左側のカンテSDから抜けていくのが『パナップSD』、
いずれも三級とのこと。
真ん中の『フルーツポンチ』も三級の割には悪くて四人揃って数便を要する。
左側カンテ沿いの『パナップSD』に至っては、
中間部の処理が案外悪くて若林君とフニュー君がよもやの敗退。
数便しか撃ってないとはいえ、やっぱ三級にしては強度高いよな・・・。
いきなり三級の時点でそこそこの負荷具合を実感、
今日の里エリアでの成果を俄かに不安視しつつ
本番一発目はトポでもGOOD×3とかなりのオススメ、
町屋の上戸彩と称され男性クライマーニッチ層から
熱烈な支持を受けているニッポコナッポコ嬢も面白かったと太鼓判を押す
『飛行船(初/二段)』をトライしに行くことに。
続きを読む

fkawa125 at 23:00コメント(0)トラックバック(0)恵那 

2015年09月25日

image

長いと思いきや超絶短期決戦だった
南仏お洒落なカフェ・雑貨巡りの旅もいよいよ最終日。
んー、9日間って言っても移動で約3日は使っちゃうし、
少なくとも1日はレスト入れるワケで、
そうなると登れる日数は僅か5日間。
あのカフェも行ってないこの洋服屋も回れてない、
あっちの大聖堂ヲヂサンの下の大性堂と、
行きたい所が日に日に増すばかりだというのに!
フツフツと胸の奥底から込み上げるお洒落魂が大爆発。
早朝からパリの蚤の市で買った北欧カラーのチュニックを、
大胸筋を膨張させてブラごと引きちぎり、
ありったけのBCAAとグルタミンをレッドブルとモンスターで丸呑み。
『南仏』という額の焼印からジュクジュクと血を滴らせ、
早速岩場にヤル気満々オットセイで向かうことに。
んが、最終日の前夜に雨が降ったらしく、
額の『南仏』の刻印同様に道路もチラホラ濡れてる模様。
じゃあ乾きやすいエリアへということで
最終日もエビちゃんのナビで◯◯◯のエリアへ。
続きを読む

fkawa125 at 23:00コメント(0)トラックバック(0)海外 

2015年09月24日

image

6日目。
そろそろ大きな成果が欲しいぞっつうことで
この日も朝からグルタミンgkgk。
今日の岩場はButhiers Piscineっつうエリア。
こちらのエリアも駐車スペースの眼前に巨大な砂岩がゴロゴロ。
クライマー垂涎ものの岩環境を余すことなく楽しみましょうと
課題の下見を終えて早速UPをスタートしたのがチョックストーン。
見た目ガバだしまぁ余裕っしょということで試技開始。
んが↓



└(∀`)┘└(∀`)┘└(∀`)┘└(∀`)┘ワー



あれ?なんか悪くね??
ラット的に自らの身を捧げた俺氏が軽やかに落下したのに続き、



『おまえは俺が見た中で一番のミヤマクワガタだ』



の怪プロポーズでお馴染みのアイちゃんも落下。

f-miyama04
ミヤマクワガタ


ヨシダ・シラセの女子2名も立て続けに憤死と、
不穏な空気が欧州を覆い始める。



『さっきの訂正、ミヤマじゃなくてヒラタだから!ヒラタ!!』



という怪プロポーズの怪訂正をLINEで敢行したという奇行で
一躍時の人となったアイちゃんのムーブ解析もあり、
俺氏がなんとか最初にトップアウトしたものの完全に本気撃ち。

20130525hirata
ヒラタクワガタ


んー、コレそんなにグレード高くないはずなんだけど
なんでこんなことになったんだ?
いきなり疲弊した四人にさらなる試練が待ち受ける。
チョックストーンのお隣が高さのない垂壁・スラブ的なラインなので、
気を取り直してソチラをトライ。

image

んが、これまた見た目より上部が大変。
先ずは俺氏がブラをビリビリに破きながら力づくでトップアウトするも、
最早全力。
4四人揃ってUPから苦戦を強いられなんだか先が思いやられると
直感しつつも本チャン課題を物色。
続きを読む

fkawa125 at 23:00コメント(0)トラックバック(0)海外 

2015年09月23日

image

9日間の全日程もあっという間に折り返し地点。
帰路を考えると登れるのは残り3日!
ブラがビリビリに破けるまで登り尽くすしかないと、
サスペンダーよろしくブラ紐をッパーーーーーン
弾かせてこの日も気合満タン。
そんな本日は『Tigre et dragon』なる8a課題がある
Rocher Greauに行くとのコト。
この日のコーディネーターも勿論エビちゃん。
んー本当にありがたい!ヾ(・∀・`)アザース
エリアの駐車スペースに辿り着きアンディ夫妻を待つ間、
ふと栗が落ちていることに気づく。
チラホラと転がる毬栗に、アイちゃん&トクハラ&俺氏が
海老反りア○メの過剰反応。
胸中は異なれどその思いはただ一つ。



−栗が食べたい−



価値観も環境も目標もまるで違う三人が、斯様に心通わせるとは。
黙々と毬栗を拾い続ける三人に果たして幸福は訪れるのか?
長渕剛の『幸せになろうよ』を歌いながら
毬栗の肉奴隷と化した三人の物語はよもやの終劇を
迎えることになるワケですが・・・。
続きを読む

fkawa125 at 23:00コメント(0)トラックバック(0)海外 

2015年09月22日

image

今日はツアー最初のレスト日。
昨日からレストと決めてたこの日、
何故か外は雨。
んー、
そこまで気にしてなかったけど天気に恵まれ、
このタイミングで雨ってやっぱツイてるよなぁ。
折角おパリも近いことだし、今日は各々行きたい場所に行くべさと相成る。
んが、
レスト日の過ごし方をまっっっっっっったく考えておらず
観光にもグルメにも興味がない俺氏、どうしたもんかほとほと困り果てる。
続きを読む

fkawa125 at 23:00コメント(0)トラックバック(0)海外 

2015年09月21日

image

3日目。

今日もエビちゃんのコーディネートのもと意気揚々と岩場に直行。
この日の1発目は『JET SET(7a)』といった有名課題のある
roche aux sabotsのエリア。
こちらもまた漏れなく砂岩だらけ!
印象的なのは、国内の某岩場のように憎悪のような
緊張感で満ち満ちた空気は皆無

家族でフラッと登りに来て、母ちゃんはハンモックで昼寝とか、
カップルの彼氏が登る彼女を優しく(下の)スポットしてるとか、
なんとも和やかな雰囲気。
(下の)課外授業の一環なのか、
小学生と思われるガキ共が
先生と思しき人の指導のもとで小さな岩
をスニーカーで登ってたりと、
同じ外岩でも国やエリアの違いでこんなにも異なるもんなんだなと
微笑ましい気分に浸りながら超絶朝勃ち。
和やかどころか俺はギンッギンだし、牧歌的っつーか勃起だし!!
メダカの水槽に入れたザリガニの如く一人鼻息荒々しく、
そこらに転がるガキ共を往復ビンタと膝蹴りで一蹴。
累々と転がる屍をマット代わりに登攀開始。続きを読む

fkawa125 at 23:00コメント(0)トラックバック(0)海外 

2015年09月20日

image

2日目。
近場のスーパーで買い物を済ませ、
パン屋のクロワッサン&ショコラパンの美味さに軽く脱肛した後、早速岩場に。
・・・のその前に、今ツアーの超重要人物・
エビちゃんと
そのお友達をお出迎えにフォンテーヌアボンの駅に流
鏑馬。

image

image
『やっぱりニースは空気が違いますよね〜』とほざく日本人OL観光客と思しき
女性二人組を激写。この時僕は風上で屁をこいている。そりゃ空気も違うだろう。


image
異国の地とあっては旅の恥はかき捨てなのか、アヘ顔Wピースをして欲しい
という僕からのオーダーに余裕で応えるりカルト氏。



エビちゃんはパリ在住5年目を迎える、

日本でも虫なんかを完登してる強クライマー。
此処おフランスで整体師としてお店を開き、生計を立てているそうな。
勿論仏語もベラベラ!
こんな異国の地で開業して暮らしてるなんて、
エビちゃん然りヤスコちゃん然りパブロ然り、
海外暮らしの人達のバイタリティ・行動力・柔軟性etcには
恐れ入谷の鬼子母神だわマジで。
エビちゃん含め、ヒロさん・ヤスさん・タカさん・マンちゃんと、
おフランスで暮らすエビちゃんのお友達一行がマット&チャリっつう
洒落乙なスタイルで参戦。
靴職人、仏料理人、
アパレル、総務部と、
気になる仕事もフランスならではの洒落乙な臭いが鼻腔をつんざく
挨拶と自己紹介をサラリと済ませ、
いよいよ待ちかねた岩場へシトロエンを爆走させる。
続きを読む

fkawa125 at 23:00コメント(0)トラックバック(0)海外 

2015年09月19日

image

初海外となった豪州ツアーmeets マボ&イカの
舌の根も乾かぬうちに迎えた銀色週間初日の深夜。
FC2でサンプル動画のダウンロードに勤しんでたアテクシの元に
LINEでリカさんからこんなメッセージが。↓



『明日からみんなでフランス行くけど行く?』



既読無視したままその数秒後には
転校初日の転校生よろしくパスポートを口(注:上の口)に咥えて
羽田空港に猪突猛進

リカさんからのお誘いの件は銀色週間9日間を注ぎ込んで
クライミングのメッカ・
おフランスフォンテーヌブローへの岩旅、とのこと。
そんなお誘いとあれば北方謙三『試みの地平線』に相談するまでもなく
コンドーム持ってソープに行けの精神で大参戦でございます。
ニースだプロヴァンスだとか戯言を抜かすクソOLの頚動脈を引きちぎるべく
でっかくペニスと書かれたTシャツ一枚で家を飛び出し、
リムジンバスで羽田空港に見参。
さくっと手荷物検査云々済ませちまうかと真剣な顔でトレーにチ◯コを乗せてたら↓



(・∀・)ノシ



あれ、アイちゃん?
今回のおフランスツアーのメンツは
俺氏・ヨシダ・おけい・
リカさん・キングさん・アイちゃんの6人。
そのうち後発で参戦になったおけいとアイちゃんはフライトが別便なんだけど、
何故か同じ時間帯にアイちゃんを発見。
アイちゃんはお先に現地入りプランだからフライトはオレらより後発。
んが、皆さんお馴染み町屋の不夜城・
アイちゃんは今日も勿論寝ておらず、
居ても勃ってもいられずに早々とMACHI-YAを飛び出しちゃった模様。
とりあえず『あの人カバンの中に変な白い粉入れてましたよ』とアイちゃんを密告。
アイちゃんが屈強な空港警備員に二人掛かりで連れ出される様子を見守った後
仁川空港経由で一
路シャルルドゴール空港へBダッシュ。




−12時間後−




F皮有史二度目の超絶ロングフライトで膝に黒部ダムほどの水を溜めつつ
おフランスはシャルルドゴール空港に到着。
鼻をつんざくフランス臭に心もカラダもすっかりシルブプレ。
カラダを夏にして過激に最高してるウチに入国審査も音速で
終了。
レンタカーを借りる・借りないの瀬戸際を攻めたててたら
我々より先にパリの街で偽造テレカを買おうとしてたアイちゃんも無事捕獲、
レンタカー屋で手配を済ませてから待つこと○分、おけいとも合流。
・・・この時までは、
未曾有のドタバタ劇が幕開けするとは
夢にも
思っていなかったワケですが・・・。
ちなみに海外童貞の多い当ブログファンのために上から目線で言っといてやると、
若干不安視していたおフランスの交通事情、
日本や豪州と異なり右車線通行。
勿論借りたシトロエンも左ハンドル。
某社期待の中堅窓際社員・F皮課長、ヤエ子の○○○から拳を突き上げ早39年。
右車線も左ハンドル車も無論初体験。
それもそのはず、
インターナショナルな世の時流を抗い続けたシャケ皮さん、
つい2週間前までは頼まれてもないのに大絶賛セルフ鎖国状態。
ヲヂサンの下のペリーが来航するんでお嬢さんの出島を拝見なんて言ってる間に
あれよあれよと左
ハンドル握らされたらヲヂサンもペリーも頭真っ白。
借りた車はそこそこ型の新しいシトロエンなんだけど、
先ずエンジンの掛け方がわからない。
ハイパーオリンピックを彷彿とさせる指さばきで目にしたボタンとアイちゃんの乳首を
ズドドドドドドドと連打するも、快感でアイちゃんが走り出しただけで
肝心要のシトロエンはうんともすんともイグゥとも言わず。
ブレーキ&
ボタン長押しと教わってソロリソロリと走り出したら
今度は左ハンドル車の車幅感覚がまっっっっっっったく掴めない。
さらに悪いことに、空港内の入口・出口・道幅が矢鱈めったら狭いときてる。
トドメに↓






ズガガガガ






・・・
前を行くキング車が早速看板に接触。
不安の多重コーティングで余裕の2文字が霧消したワタクシ、
お手本どおりの10時10分ハンドリングで
暗闇迫るパリの街へとシ
トロエンで渋々突入。
鬼の形相で車を走らせ、息も絶え絶えに
超巨大スーパー・カルフールに到着。
んが、
ここでも問題発生、キング車が一向に現れない。
此処カルフールの営業時間は20時、現在19時半過ぎ。
おフランスツアーの拠点となる宿の周囲には夜遅くまでやってる店がないから
カルフールで食材が購入できないと今夜は飯抜きになっちゃうっつうんで
痺れを切らしたリカさん&ヨシダ&
俺氏はカルフール内へと背面跳び。
だのに買い物カートが何処を探しても見当たらない。
店員さんに聞いても流暢な仏語でまくし立ててくるから
全く要領を
得ずレジ前でベリーロール。
アテクシも店の入口付近を見回したけどやっぱりカートが見当たらない。
ならば小さなカゴに詰めるまでよと超絶広大な店内の1番端にしかない入口から
猪突猛進しようとしたら↓






ムーッッッシュ!






・・・と、スーツでビシッと決めた黒人のガードマンに思いっきり呼び止められる。
え?え?と大狼狽しながら後ずさり。
俺氏はその時貴重品やらを詰め込んだザックを背負ってたんだけど、
万引き防止の為らしくザックのチャックをしっかり留められたのでした。
予期せぬ厳戒体制と刻々と迫る閉店に脳内は完全にアニマルパニック、
そんななか店内に流れるBGMがはタイムアップ前のスーパーマリオ。
同じく半パニのリカさん&ヨシダと3人揃って



水水水水水水水水!!!』

『パンパンパンパンパンパンパンパン!
!!』

『肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉!!!』



・・・と、ダイ・
ハード2さながらにカルフール内を超激走。
遅れて到着したキングさん・アイちゃん・おけいの3人は
件のガードマンだか店員さんだかに入店を拒否され
、レジ向こうで単騎待ち。
なんとか一通りの食材を買って
外に出ようとしたら
またもや黒人ガードマンに激しく呼び止められ
る始末。
アテクシたちは手にしたカゴごと外に出るつもりだったけど、
他のお客さんが転がしてるような巨大カートじゃないと店外に持っていけない模様。
お国の事情でカルフールみたいなディスカウントスーパーだと
窃盗
やらナニやら厳戒体制を敷かざるを得ない諸事情もあるんだろうなと、
入国早々にお国柄の違いを眼前に叩きつけられたのでした。
アイちゃんが持ち前の突破力で巨大カートをGETし、
事なきを得て車に食材積んで宿に出発。




カルフールから景色もクソもない暗闇のパリを走り抜け、
鬱蒼とした森が出てきたと思った頃合いで
今ツアーの拠点となる宿
・『BLEAU GITE』に到着。
おフランスでは宿のことを『GITE(ジト)
』と言うらしく、
フォンテーヌブローの森の周囲にも幾つかのジトがあるんだとか。
で、我らがジトのオーナー・アントワさんが優しく我々一行をお出迎えしてくれました。
豪州ツアーの拠点となったアンジェラおばさんのキャビン的な、
田舎の片隅にある小さなコテージっぽいのを思い浮かべてたんだけ
中に通されて超絶ビックリ、クッッッソお洒落な一軒家じゃねーすか!
モダンなインテリアであしらわれたお洒落なリビングには大きな薪ストーブが。
機能的な厨房には食洗機とドラム式の洗濯機&
乾燥機。
広さの十分ある寝室には大きなベッドが備えてあって、
庭にはBBQコンロとテーブルセットが。
こ、これがおフランス・・
・。
想定外のお洒落宿に口をパクパクさせつつジトにせっせと荷卸し。
初日は大慌てで買い込んだ食材をギャグボールの隙間から詰め込ん
半ば倒れるようにご就寝。
初日から慌ただしいツアーになったけど、明日からいよいよブローの岩で登りまくれると思うと
グルタミンを
飲む手にも自然と力が入るというもの!
いやーマジ超絶楽しみ!!
 

fkawa125 at 23:00コメント(0)トラックバック(0)海外 

2015年02月07日

土日の天気予報を瞳孔が焦げつくまで眺め倒したけど
日曜日の好天は望め茄子とのジャジメントデイ。
つーことで土曜日豊田ワンデイを敢行。
極東のヴェニスと称され瀟洒な建物が建ち並ぶmathi-yaに
車を停めること◯分。
遅れてやってきたアイちゃんが開口一番↓



『やべ〜今日も寝てないわ〜、つーか今週一度も寝てないわ〜』



と、刹那車内に充満するナニソレ感を物ともせず
寝てない自慢を栗拡げるアイちゃん。
そんな寝てない自慢を耳にしたタマキちゃんの一言が



『やっぱカッコいいかも。。。』



ということで完全に心病んだ夫婦と、
キムちゃん&ヨシダくんを搭載して一路豊田へ。
今日は前々からお触りしたかった『インペリアル(f)』やら
『サウンズグッド(e)』やらを撃つべと相成りました。
とはいえ当該課題のある梟谷エリアは行ったこと茄子。
関東クライマー希望の光・シェルパ沢田も、
歩く黒本・ユータ in my mindもいない。
そんなアタイたちの一縷の望みは、
その昔に梟谷エリアを訪れたことのあるアイちゃんの淡い記憶。
アイちゃんの前頭葉を最大限刺激すべく、
眉間に青竹刺してみたり頭にルッコラ添えてみたり
出来る限りの手をつくし、いざ梟谷エリアへ。
その結果、パツイチで↓

1

迷子。

アイちゃん曰く、どうもハーフパイプみたいな道があり、
そこでも俺寝てないんすよ、とのこと。
それを聞いたタマキちゃんが



『ガチ抱かれたい。。。』



とボソリ。
夫婦揃って脳天に青竹がブッ刺さりますようにと天に祈ること数十分。↓

2

到着。
んー、こりゃ何も知らずに来るのは相当厳しいものがあるな。。。
その道中は岩のイの字も感じなかったのが、
サウンズグッドの岩を皮切りにあるわあるわ巨大な花崗岩。
こんだけ岩が転がってんなら、
俺らの知らない課題も相当数あるんだろうなぁ。
エリア探索に時間がかかったこともあり、
UPがてら『サウンズグッド』からトライ開始。
続きを読む

fkawa125 at 23:00コメント(0)トラックバック(0)豊田 
Twitter♪
ギャラリー
  • 思う
  • 思う
  • 思う
  • 思う
  • 年末年始唐揚げツアー −day1−
  • 年末年始唐揚げツアー −day1−
  • 年末年始唐揚げツアー −day1−
  • 年末年始唐揚げツアー −day1−
  • 年末年始唐揚げツアー −day1−
  • 年末年始唐揚げツアー −day1−
  • 年末年始唐揚げツアー −day1−
  • 年末年始唐揚げツアー −day1−
コメント
ヾ(・∀・)♪ラッサイ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ