今日の給食のメニューは つしま、れんこんコロッケ、魚そうめんのすまし汁、麦ご飯、牛乳でした。この中で特に注目は「つしま」です。山口県の郷土料理ということですが、私は食べたことがありませんでした。調べてみると、周南市、特に櫛ヶ浜あたりでは定番の料理で、お盆の時期によく食べられるとか・・・まだまだ郷土のことについて知らないことが多いということを改めて実感しました。
IMGP0037

画面上の皿にある、れんこんコロッケの横が「つしま」です。

 今日の給食のメインディッシュは「大平」でした。岩国地方の郷土料理で、もともと大きな平たい器に盛りつけていたことからこの名がついたそうです。しかしながら本校では給食に大皿は出せないので、名前の由来には反していますがこのようなビジュアルになっています。山口県民といっても、郷土の料理のことをよく知らないということを、こういうメニューの時に再認識します。そういう意味においても、給食ってとても大切だと思います。
IMGP0035

 昨日の持久走大会の後、地域の方からお電話をいただきました。だいたい以下のような内容です。

 「持久走大会で生徒が一生懸命走っている様子を沿道で応援していたら、自分たちも疲れているだろうに、男子生徒が笑顔で「(応援)ありがとうございます」と声をかけてくれた。こちらもたいへん温かい気分になった」

 このようなことでした。内容もとてもうれしいものですが、わざわざ学校までお電話をいただけるというのもたいへんうれしい話です。持久走大会では、毎年室積地区の方々にたいへんご迷惑をおかけしているにもかかわらず、生徒たちの様子を温かく見守ってくださり、その上このようなお電話までいただけるというのは、本当にありがたいことです。生徒にもぜひ紹介し、地域の方々のご厚情に感謝すると共に、これからもそのような思いに応えられるようにしっかり頑張っていけたらと思います。ありがとうございました。
DSC_0173

 

↑このページのトップヘ