昨日はお休みだったので三浦市は松輪港より東京湾のカワハギ釣りで楽しみました?です。しかし、海上はシケ模様で北風ピュ〜ピュ〜寒い!波があるのであたりがよくわからずに結果は4枚しか釣れません。段々海の様子が悪くなったので早めに切り上げてしまったのが数が伸びない要因ですが私としては早上がりで寒さから開放されて「ホッ」だったら初めから止めとけよなんて聞こえそうな気がします。家に帰って早速さばきました。そうすると中から肌色の大きな肝が出現!これがウマいの何のって肝を醤油で溶かして刺身と一緒にぺロり・・・ウマイ!うまい!ウマイ!冬のカワハギは肝が大きくなってお腹がパンパンに張っているので釣り人の隠語でこの状態を「肝パン」といいます。 太陽光発電の巻 太陽光発電 いよいよ全ての断熱材と白色の透湿防水シートも張り終わりました。

今回は屋根に太陽光パネルが見えます。

この家は断熱性能も使用するエネルギーもエコ住宅を目指しています。実に発電量最大10キロワット!(10000ワット)一般的に民家の屋根に乗せる大きさは2〜6キロワットぐらいだと思いますがおそらく民家の家に乗っている発電設備としては神奈川県最大と思われます。(確認しておりませんが・・・)日中の一般家庭の電気使用量は5〜600ワットくらいと言われていますがそれで考えると15〜20軒分の発電量です。さらにこの家はガスで自家用発電(東京ガスで言うマイホーム発電)します太陽光で発電する電気は雨が降らなければほぼ100%東京電力に売電してます。ちなみに2月の1日あたりの最高値は58キロワットでした。段々これから昼間の時間が長くなれば長くなるほど当然ながら発電量は増えていきます。 太陽光パネル1日の内一番発電する時間帯は・・・答えは10時45分くらいです。以外でした。始めは13時ころかと思いましたが10時台とは

 太陽光パネルです。

一枚あたり最大130ワットが77枚乗っていますので合計10010キロワットが最大です。このパネルは1枚でも影など出力が下がるとそれ以外のパネルも同じように出力が落ちるよう制御されますのでパネルを取り付ける角度や向き(方位)を全て同じ条件にしないといけません。以外と強度があって私がこの上に乗っても大丈夫です。割れそうで怖いんですがね費用は・・・・かなりかかります。正直20年くらい何もメンテ不要で動いてくれてやっとペイできるくらいですからいまだ普及しません。はっきり言ってマニアの世界ですから好きな人しか最終的には取り付けしませんね。さらにこの家は計測装置(発電量、日射量、外気温度を24時間365日モニタリングしていますからその費用もバカになりません。それよりエコで言うとエコキュートやエコウィルのほうが費用的にはるかにエコです。実はこの家は私の自宅兼会社のモデルハウスです。エコに関して興味をお持ちになられているお客様に見学していただいております。前に書いた外断熱の効果も解かります。さすがに太陽光設備は標準で設置しませんが断熱性能はお客様も私も同じ仕様です。なぜならそれ以上の断熱性能が必要ないからです。エコ住宅に興味をもたれている方で見学したい方はどうぞご連絡ください。