昨日は休日に仕事に出たための代休をいただきました。経営者でも労働条件は一緒?なので

久々の釣りで南伊豆は手石港から新島沖で金目鯛釣りです。新島キンメは稲取キンメと並んでキンメの中でも最高ランクのブランドキンメです。市場価格は1匹3,000円〜で超高級魚です。水深400〜500mもある深場に2キロの鉄筋の端材をオモリ代わりにして針数30本でイかを餌に狙います。リールは1200メートルも巻いた大変力のあるド迫力サイズです。このリールだけでゴルフクラブのセットがオーダーメードできる位の値段がします、もちろん手で竿を持ちながらなんて出来ませんので竿掛にかけっぱなしの釣りです。

仕掛けを底まで落とすと先ず当りを待ちます。水深が400メートルを超えてもちゃんと竿先がピクピク動くのでわかるんですよ、そうしたら道糸をずるずる出して900メートルくらいまで出してしまうので1200メートルも糸が必要なんですね、仕掛けを落とす時間は15分、上げる時間は20〜30分位はかかってしますので1日に仕掛けを落とせる回数が6〜8回が限界です。なんとも気の長い釣りですたくさんつれるとすごいですよ〜、キンメが海の中から海底に向かって段々見えてくるんですがこれぞ数珠繋ぎで1マ〜イ、2マ〜イなんて数えながら多いときは1度で20匹くらい釣れるンです。糸といっても50キロくらいはぶる下げられる強度のある糸を使いますので先ず切れることは無いんですが・・・・この日は2投目で仕掛けが海底に根掛かりして引き上げられません。仕方ないので船自体に糸を結んで強引に引き千切ってしまいました。道糸が切れてしまう大損です。糸は200m位切れてしまい5千円くらいの損?仕掛けの上に付いている道具も合わせて8000円くらいの損害です。 この日は結局9枚しかつれませんがサイズも1.5キロ以上のもばかりです。1日一枚食べるのが限界で親、兄弟、仕事仲間にプレゼント。大変喜ばれます。先ず一般家庭では高くて中々食べれませんからね。私は昨晩はキンメのしょぶしゃぶと雑炊にして食べました。オイティ〜〜(´0`) 今日はお刺身だ!

知ってます?お刺身って釣りたてより2日以降、魚種によっても違うんですが日にちが経つとうまみ成分が増加しておいしくなるのです。釣りたてよりわざと置くのです。