柱のひとり言<新築ではなく真築と考える社長の日記>

神奈川県平塚市にある建築・不動産会社の社長が外張り断熱住宅を孤軍奮闘しながら建築する熱い日々です。

建築日誌

洒落乙なゼロエネルギーハウス

完成が近づいている新築現場の査察(笑)
若い世代の建てている家ですが
こちらも最近の弊社の定番でありますゼロエネルギーハウスです。
そして高額な補助金もゲット
https://www.sumai-fun.com/money/regional-wooden-housing2020/

さらにさらに
実質無料の大容量の太陽光パネルも設置しています。
IMG_0532
ブラックの壁がモダンで目を引きます。

IMG_0543
これからスチールのオリジナル手すりが
これから設置される
リビングイン階段
階段の下にはニッチ収納があったりして

IMG_0540
ジャーン! 間接照明の洒落乙なキッチン
IMG_0541
キッチンの奥には大容量なパントリーもあり
IMG_0538IMG_0537
キッチンには泣く子も黙る?
ドイツ製!主婦のあこがれ
ミーレの大容量食洗機が!
IMG_0548
背面には使い勝手の良さそうな
カウンター式カップボード

IMG_0547
そしてこの家の窓からは
秦野市の市街と大山阿夫利神社が
風景画のような素敵な眺めも標準設定されています。

完成が待ち遠しい。

査察の結果?
文句のつけようがありませんね(笑)

この現場のそばには私が大好きな
白笹うどんがあります。
IMG_0559
古民家を改装したうどん店
2011年3月11日 東日本大震災が発生しました。
あの地震の揺れている瞬間に実は私は藤沢の建築予定のお客様と一緒にここにいました。
釘を使っていない古民家がギシギシと音を立てて建物が大きく揺れて
その様は非常に怖かった記憶があります。と同時に大規模停電
その後は急遽予定を中止して藤沢までお送りしましたが
信号は消え、幹線道路は大渋滞に中、裏道を駆使して何とかお送りができました。
IMG_0557IMG_0555IMG_0558
私は最先端な住宅を得意としていますが
今ではそんな地震の面影もないですが
穏やかな時間が過ぎ
縁側のある古い家も良いなと
感じるのでありました。

オマケ
現場現地看板には
素敵な場所の案内が笑える
ある意味ネイティブな英語の表現
IMG_0554

⇓ 



ソーシャルディスタンス

当社接客テーブルにソーシャルディスタンス用の透明なパーテーションを設置します。
どうぞご安心ください。
って
普通過ぎるので作っちゃいました。
お休みを頂いてましたが休日出勤?
まあ、趣味みたいな時間ですが
IMG_0461
当社倉庫にある廃材を再利用します。
IMG_0462

汚いのでまず初めに研磨からはじめ
IMG_0465
テーブルソーという固定式の丸のこで細く細断
IMG_0467
スライド丸のこで端を斜めに切り落とし
IMG_0468
四角い枠を作成して設置用の足も細工して加工します。ボンドが固まるまでの間にホームセンターに行ってビニールシートを買い出してきて
IMG_0469
倉庫に戻ってきてシートを貼ります。
なんせ初めての製作なので1枚目は貼るのが綺麗にいかなかったですが2枚目はもうコツはわかりました。

二つの枠でビニールを挟む作戦でしたが
IMG_0470 IMG_0471 IMG_0472
じゃーん‼️
うまく行きました。
材料費は約1000円で2枚出来ました。
どうぞ当社に見に来てくださいね

アウト‼️

はじめに
今回は恥ずかしいブログです。

現在進行中の現場で確認検査機関の構造体検査あとに自分が自主検査しました。
IMG_0397 IMG_0396
アウト‼️
しかし、法律上の構造体検査は合格しているのです。
正直大きな欠陥があります。
国はセーフ、ネストはアウト
わかるかなぁ
一般のお客様なんてわかるはずもない
一介の建築関係も金物がついていれば良いんでしょ?って気にもしない。良し悪しがわからない
この後、もちろんうちの大工さんの仕業とは思えないので大工さんに問いただすとその時にいた仲の良い左官屋さんが手伝ってくれたところって言ってました…トホホな
後で気がついてくれることは私の期待ですが先に私が発見してのでことなきを得たと言うのが事実
最前に適応する金物が現場にはなかったので
改めて支給することにしましたので入れ替えて貰います。
同じコストでも管理では無い監理が大事
建てる会社で同じコストでも監理の仕方で耐震性のは変わるということです。
ミスしながら変な話ですが監理が大事ってことがわかってもらえればと思います。
私がこだわっている筋交や補強金物は金物もたくさんあります。

筋交、補強の金物は色々なメーカーが同じ基準で作っているはずですが先の熊本地震の日が状況で金物によって明らかな傾向が出たのは建築業界でも知っている人、対策している企業は自分が知る限りかなり少ないのです。
建築家っていう方の建物も建築しました。
普通の建築士事務所の仕事もしましたが
どのメーカーのこの金物を使えって詳細な指示は無く建築会社に委ねられます。
また、大工さんの手間を考えれば他の形状のある金物に自然に偏るのですが私は原則使いません!
我々の手間より御利益はお客様に!がそれが基本です。

気になる方はどうぞ私にお尋ねください、
30分くらいは私のマニアックな話にお付き合いいただきます(笑)


今度の作品は?

建物の設計当時からお施主様には小さなお孫さんが並んで座れるベンチが欲しいと言われていました。
ベンチの座面の下にも出来れば収納がとも

新築工事の木工事の終盤
ベンチの製作が始まりました。
今回の私の勝手でやる(笑)
お近づきのしるし活動は
今回の私は詳細設計のみ
予算らしい予算はいただいておりませんので建具屋さん、家具屋さんなんかには頼めません。
製作自体は大工さんにお願いしました。
ここのところ一般の方は誤解をしているのですが木部の所は大工さんが全て造るって思われているのですがそうでは無いんです。
勿論日本全国の中にはやる大工さんもいらっしゃると思いますが木を加工する機械などの関係から建築工事では木を扱う職種でも職人の分業化がされているのですね。
IMG_0234
設計図で大工さんに設計の意図を伝え
扉の加工や金物類の設置、それらを加工する要点などを説明しました。
IMG_0236
早速に翌日には下地が出来ていました。
バッチリ👌
ベンチ収納の中の壁部分は余ったフローリング材です。化粧されているし、収納ですからガンガンと物をぶつけても平気ですね。
何より材料費の節約になります。
IMG_0235
座面を仮置きしてみました。
全長約4mの超ロングベンチがもうすぐ出来上がります。
何人、お孫さんを並べるのだろう(笑)

鉄砲の修理

鉄砲と言っても本物の鉄砲じゃありません。
大工さんが違う圧縮空気で釘を打ち込む高圧釘打ち機ですよ(笑)
鍵の長さで使い分けるので二丁拳銃ならぬ二丁釘打ち機で大工さんは仕事します。
その釘打ち機が壊れて使えないと大工さんが嘆いていたので軽い気持ちで直すことに道具屋さんに持ち込むと3万円はかかるらしく
買い替えれば良いのですか10万弱と高額なので躊躇しているようで頭の中でなんとな〜く構造は判る感じがしたので治してあげるって
とりあえず軽く分解して行けそうと判断して必要そうな部品を当たり再度戻しておきます。
IMG_9981

直す条件は交換部品は私もちで良いから使っていないスライド丸のこをくれることが条件です。😅
私の遊び道具がまたひとつ増えます(笑)

もう、15年前の物なので部品供給が無く後続機のパーツを適当に取り寄せて使えるパッキン、シール関係は使い、不足するのは別の使わない同じシリーズのサイズ違いの釘打ち機もあると言うのでそちらから使えるパーツを移植する外科手術をしました。
IMG_0048 IMG_0049
仕事を片付けてから夜9時から手術開始
バラバラにして掃除しながら進めます。
終わったのは0時
IMG_0051 IMG_0052
手術は成功したようです?
IMG_0053

ホントに治しちゃった物見ると明日、大工さんはびっくりするだろうなぁ
器用貧乏とは言いますが今回だけは器用お得とでも言いましょう🤣

練習

工事をしているとミスと言うものがどうしてもあります。
まあ、致命的な欠陥住宅みたいなものはないのですがお客様が選んだ色と実際の色が違うとか
もちろん交換できるものは交換しますが中には様々な要因で交換出来ない、もしくは交換するのには建物を一部壊して交換する他はないみたいな場合は別の方法を取ります。

今回は友人の内装職人より
3Mというアメリカの化学会社が発売しているダイノックシートと言うものを貰いました。
特殊なシートでこのシートを貼る専業の職人さんもいます。
塗装する工事の代用で貼る塗料みたいな
そう言った方がしっくりとくるかもしれませんね。

ショッピングモールとかビルなどの壁や自動扉などをリニューアルする場合に用いられ、白や黒、緑とか単色から木目柄、大理石柄、カーボン柄など
マンションの玄関ドアなどにも貼ったりします。
丈夫なので車のボディに車一台丸々貼ってしまうなんてすることやバイクのヘルメットなどの球状のものまで貼れます。

しかし、貼るのにはシールをペタっという感覚で貼れません。

なのでどのくらい大変なのかとか興味もあったし、なんなら自分で貼れたら良いなと思い練習用の模型を作って練習をしてみました。
私もモノ好きにも程があるかなぁ
好奇心の塊(笑)
IMG_9686
想定は壁の埋め込み棚(ニッチ)の下台の色を間違えた想定です。

貼る前にプライマーという接着強度を高める塗料を塗ります。
必要な長さをカットして乾くのを待ちますが速乾性なので直ぐに乾きます。

IMG_9687

ジャーン‼️
IMG_9688
うん、俺って天才かも(笑)

このダイナックシートは商業施設で使うくらいなので丈夫なので貼ることによって元々の表面より丈夫になります。
もちろん、キズは塗装と同じで着きますが下地をキチンと処理すればまず剥がれることもありません。




祝 上棟‼️

ゴールデンウィーク序盤に秦野市で上棟がありました。
コロナ騒ぎの中で加工してある柱や梁を放置出来るわけもなく、お施主様の土地のローンも始まってしまうので休工出来るわけもなく三密にはならないよう大工さんにも感謝です。
とっくに予算消却、受付け終了と思っていた令和元年度の地域型グリーン化事業補助金ですが3月末に事務局にとりあえず聞いてみるとまさか補助金の余りなんて無いですよね〜って確認しましたらまさかの余あり!
急遽補助金120万円もこのお施主様にお渡しできることになりました!
高気密高断熱住宅は標準の弊社ですから建物の基本性能は上げずに厳しい補助金の受給要件も楽々クリア
書類提出だけで済みます。
めでたし、めでたし❗️
IMG_9323 IMG_9321
※弊社は5月6日までGW休暇を頂いております。
お施主様の中でお困りの方はどうぞ私の携帯にお電話ください。
個別ご対応いたします。
外出自粛で暇ですから🤣
IMG_9324

からのこの現場で建築廃材をお待ち帰り
屋根の断熱材とベニヤ少々
ゴールデンウィークの工作に使おっと😅

新型コロナウィルス対策

神奈川県も週末外出自粛要請が出てしまいました。
様々なお客様と社内で商談やお客様宅にご訪問したりとする我々ですからこの要請には真摯な対応を求められていると自覚しております。
急を要さない建具調整やアフターサービスのお約束がありましたがお住まいのお客様と相談して延期もいたしました。
ご契約後の建物の色決めや仕様決定など不要不急ではないお客様も状況に応じてご対応しております。
ご来店いただいた場合は万全の感染防止対策を施しております。
対策方法としては
先ずは大きな換気扇で会社内を常に換気しております。
IMG_8710
次亜塩素酸水の原液です
これを二十倍とかに薄めて様々な場面で使います。
次亜塩素酸水はハイターなどの次亜塩素酸ナトリウムとは全く違うもので食品添加物などにも使われている人体に無害な洗浄用水です。

IMG_8722
加湿器より空間除菌で噴霧しております。
テーブル、壁天井床は元より人も全身除菌できます。

IMG_8996
接客後はテーブル、椅子を除菌
気になる方はご自身で直接吹きかけてもらってます。
IMG_8994
床も次亜塩素酸水を吹いて清掃しています。
万全の体制でご来店をお待ち申し上げます。


祝 開店

去年の8月から始まった四之宮店舗プロジェクト
様々な障害が途中発生するなどつまずきながらとりあえずやっと2店舗のうち1つ開店できました。
からあげ大ちゃん
神奈川静岡で20店舗を展開するこだわりの仕込みで揚げた美味しい唐揚げ
早速いただきましたがやはり唐揚げの専門店だけあってひと味違いますね
私が作ったカウンターはすっかりお店の中心で活躍しています。
子供が頑張っているようでこれまた嬉しい😃

https://goo.gl/maps/YLxPQutXeBpNimMo7


カウンター造り

四之宮のマックスバリュの向かいに店舗の建築をしています。
今月末に開店するので現場が慌ただしいです。
私はカウンター製作担当
休日出勤して材料を切り出して
渡航してせっせと作ってます。
IMG_8790 IMG_8797 IMG_8799 IMG_8817 


5年目のシロアリ点検

お引渡してから5年目を迎えるお客様宅にシロアリ点検に伺いました。
オフィシャルにはシロアリ点検ですがついでですから外壁や屋根も合わせて点検します。
IMG_8419
今回のお宅は総タイル張りの外壁の家!
だから全く汚れが目立たないんですね〜
先に予算をかけるとあとが楽という結果ですね。
ネストのタイル張りはこだわりのタイル張りですがタイルを貼るのには接着剤やモルタルで貼り付ける湿式と専用の下地用パネルを貼ってからその上に接着剤を使わずに引っ掛けながら重ね積み上げは乾式とあります。
ネストは後者を選んで施工しています。
湿式を採用しない理由は接着剤やモルタルは環境下で経年劣化してモルタルの目地が痛み中性化が進むと接着性能が落ちてしまうこと。
巷で住宅会社の中にはタイル張りはノーメンテナンスと標榜する広告やカタログを見ますがまやかしと言いたい!
ビルやマンションは定期的に足場が掛けて落ちたら一大事なタイルの点検、メンテナンスをしていますからね、それを見れば一目瞭然ですね。
その点、乾式は接着剤を使ってなくモルタル目地が無く劣化する部分がないので湿式よりははるかに安心感はあるのです。

新しい挑戦

といっても大した事じゃないんだけど
外壁の補修と塗り替えをやっています。
鉄筋コンクリートの堅牢な住宅ですが
外壁の塗膜が劣化してコンクリートが水分を吸ってしまい壁の中の鉄筋が水分で鉄筋がサビて膨張することによりコンクリートを割ってしまういわゆる爆裂と言うものです。
そのまま塗るわけにはいかないので私がひび割れてしまったところをタガネで削り落として
IMG_8348 IMG_8350

樹脂モルタルと言う専用の補修材で整形保護します。
IMG_8349 IMG_8352 IMG_8354

本来であれば左官職人さんを呼びたいところでありますが昨今の職人不足でこちらの都合で来てくれる職人さんが見つからずにやむなく私が施行することになりました。

IMG_8362

IMG_8360 IMG_8361

しかし、我ながらすごくきれいにコンクリートの角までびしっと整形することができたのです!
はい、自画自賛ですね(笑)
自分もなかなかのもんやの〜
これでまた一歩
お宅のオタクに近づきました。

次世代省エネルギー基準

次世代省エネルギー基準と言う住宅の断熱性能の基準に対して
本来ならオリンピックイヤーの来年に
義務化される予定だったが建築関係の省エネルギーに対しての無関心さと審査する側の体制不備で取りやめとなった。
2013年に新しく出てきた基準で7年もの準備移行期間があっても結局は出来なかった規制です。
会社の規模を問わずハウスメーカーや工務店も消費者に正確に認知させることも難しくさもするとコスト増もあって敬遠されがちであったわけです。
しかも、特に関東以西では住宅建設に携わっている者も若手、ベテランに関係なく自ら高断熱性能のある住宅に住んでいる人は非常に少ないと思われるわけでその必要を真剣に消費者に説けないのだと思う。
国としての住宅の高断熱化を進めると言うことは先のパリ協定やらの二酸化炭素削減の自主目標や、ヒートショックなどの発生する高額な治療費などの社会保障費の削減などもあり不可欠な課題で推進する上で補助金を出して高断熱化された住宅の普及を目指しているわけです。
それでも普及しないのですけどねσ(^_^;)

先日、タイトなスケジュールの中で国が主導する住宅省エネルギー技術講習というものを聴講してきました。
IMG_7891IMG_7892
これを受けておかないと補助金を申請する工務店の資格要件が取れないのですが私は4年前?にも受けて今回受け直しと言うことになりました。
しかし、なんだこの講習内容のレベルの低さ
これがプロ向けの講習か〜?素人レベルの内容としか思えないのが非常に残念です。
自分にしてみれば小学校の算数の授業で九九の勉強をしているような拷問的な退屈な講習だった。

でも、その中でビックリすることが二つ
一つは
国のアンケート結果の統計で設計士と称して断熱計算が出来るのは50%の設計士しかできないこと。

もう1つが
その断熱計算は本来であれば計算方法は1つであるはずが「同じ性能」と称する計算方法がいくつもあるのです。

計算の難易度は上から順になるわけで
詳細法
簡便法
仕様基準
まででしたが
さらにその下の
戸建に更に簡便な方法が出ることになったみたい(笑)

もう、こうなったら設計レベルではない、小学生でも出来るレベル
本則でいえば評価は詳細法のみであるべき姿と思うけど
実態は出来ない人がたくさんいるわけです。
詳細法だけにしたらご飯が食べれなくなる設計士がたくさん出てっきてしまうわけで、
無知、無感心、無努力な設計士の救済策で国としては対応できないと判るや否や設計ということをあきらめレベルを下げまくって詳細法の下に3つも作ってしまったわけです。
もはや、「断熱計算をしています」というラベルを作るための苦肉の策としか思えない。
それらを含めて出来る設計士が約50%ですからね・・・
消費者サイドからすれば全く分からない世界で時に「先生」とか言われる立場の設計士が人によっては消費者としては見た目で判断付かないが実態はこの程度だということを私は知らしめたい。

ウィキペデアで「次世代省エネルギー基準」と検索してみてください。
made in JAPAN のあなたの知らない世界が垣間見れるかもしれません。
来年やっと義務化しようとした低レベルの断熱基準が義務化できなかった事実
これからマイホームを建てようとする人は知っておいた方がよいであろう。

⇓ 

固定買取制度の終了

太陽光発電の家で使いきれずに余った電気を東電に売る制度を固定買取制度と言います。
10年前から始まった制度ですが買取期間は10年間でした。
そして、とうとう10年の月日が流れ契約期間が終了してしまった。
期間満了した後も引き継き余剰電力の買取りはあるものの、いつかは来る日とは分かっていたものの
FullSizeRender
我が家の太陽光発電のお知らせ
先月は26,976円だったのに今月はな、な、なんと5,346円
その影響と言うか衝撃が激しい😭
しかも、先月より今月の方がより売電してるし
5分の1ですよ、5分の1‼️トホホ…
多い月で4万円超だったのに泣けてくる😭😭😭
IMG_7865 IMG_7866
でも、途中で内部の冷却ファンの交換はあったものの故障もせずによく稼いでくれました。
当時は国の補助金を貰って設置した太陽光発電設備ですが売電総額450万円超、自家消費分電気代相当150万円超で合計600万円超が10年間の成績ですね。
十分元は取ってお得だったのは間違いない結果でした。
これからも頑張ってもらいましょう。
そろそろ我が家もただ同然で東電には電気は売れません‼️💢そろそろ蓄電池も考えなくてはいけませんね。
国内的には売電難民が沢山出てきますので蓄電池がかなり話題になるでしょうね。
新築のお客様にはネタはいくつかありますのでストレートからカーブみたいな面白い提案をお客様にしていこうと思います。

ホームインスペクション

ホームインスペクションとは日本語で住宅診断と解釈されています。
建築業と不動産業を生業としているネストですがそれとは全く切り離して検査業のお仕事もネットを通じて舞い込みます。
それは私自身の勉強する機会でもあります。
何らかの問題がある、もしくは問題があるかもしれないという建物を検査できると言う事はある種の私の研究材料とも言えるわけです。
なぜ、こんな劣化が進んでいるのか?雨漏りの原因は何なのか?、この寒さは?、この詰まりは?など発見出来れば私のスキルとなるわけで自分の携わる建設現場で活かすメリットもあるわけです。
そして、新しい外壁塗装現場の工事が始まりました。
IMG_7762
お仕事をいただく切欠はオーナー様のご実家のインスペクションのついでとは言え相続で持つことになった御資産の状況も見てほしいとの事で営業抜きの純然たる検査をして幾つかの問題点を指摘をさせていただく中でリフォームもされる事であれば一緒に任せたいと言う事でお請けさせて頂きました。
託され感は半端ないのであります。
しっかり検査員目線で工事を進めなければいけませんね。


古屋幸三

ビッグな!?社長

身長188センチ、体重0.1t世間的に見れば大男です。
趣味は仕事とバイクと釣りとくるま旅
日々、いい家づくりに奔走中
当初は不動産専業だったのが外張り断熱に魅了されて長期優良住宅を自社施工するまでに
自宅をモデルハウスとして公開しています。
神奈川県平塚市 有限会社ネスト 代表取締役
平成11年10月会社設立
現在:妻・子供5人・犬猫なし・ミドリカメ1匹

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ