41


夏ですね〜

BBQ、花火、ビール
いろいろ楽しめちゃう季節ですが
 はやしにとって夏は絶好の「あかりの季節」でもあります。


花火、キャンドルイベント、などなど
見所いっぱいで大忙しですww


そんな数あるイベントの中から今回ご紹介したいのが
【ほたリウム@東武動物公園】 


東武動物公園は、埼玉県にある遊園地・動物園・プールをすべて持っている大規模アミューズメントスポット!


この園内にある「ほたリウム」という施設で蛍を見ることが出来るのですが、なんと屋内に水槽があり、年間を通して蛍を観賞できる世界初の施設だそうです!

そんな素晴らしい施設を持った東武動物公園が、この季節になると、すみだ水族館とコラボレーションして、イベントをより盛り上げています。

今回はそのコラボレーション企画「ホタルの夜」にも触れつつ、「ほたリウム」についてまとめてみたいと思います。


ほたリウムのココが見どころ!

イメージ 3

(引用元:http://blogs.yahoo.co.jp/honmon1968/23719276.html)

ほたリウム内には本物のほたるが約1万匹生息している大型水槽があり、ほたるが生活するのに必要な陸地と水場が人の手によって再現されています。

入場すると中は真っ暗なので、目をならさないといけませんが、しばらくたてば大丈夫
蛍のいる大きな水槽の前に案内されるので、それぞれ座席についてほたるを観賞します。野生では見ることが難しい「卵→幼虫→さなぎ→成虫」の過程を見ることが出来ます。

 

コラボレーション企画「ホタルの夜」のココが見どころ!

先ほど紹介した「ほたリウム」のヘイケボタルをすみだ水族館へ持っていき、すみだ水族館で行われる「Blue Night Aquarium(ブルーナイト アクアリウム)」とコラボするのがこの企画。

いつもより照明を落として暗くしているため、来場者にはランタンが配られます。

そのランタンを持ち、行列を進んだ先にほたるが!! 

ランタンを使うなんて、超粋な仕掛けじゃありませんか

またランタンは足元を照らすだけじゃないんです。メッセージボックスが各所に置かれているのですが、ランタンを近づけると蛍に関する情報が浮かび上がってくるという仕組み!ロマンチックな雰囲気で蛍について学ぶことができちゃいます。

期間中にだけ限定で発売される「ほたるの光カクテル」なんてものもあるんだそうです。

(引用元:http://www.sumida-aquarium.com/news/2014/06/0623_news2.html)

ノンアルコールバージョンも売っているそうなので、帰りが車の人もご安心を〜

東武動物公園とすみだ水族館のデータ

 

東武動物公園

開催期間:2016年6月22日(水)~6月26日(日)

開催時間:12~14時

定休日:6月の月曜、12~2月の月・火曜、12月31日~1月1日

入園料:大人1700円、小人700円、シニア(60歳以上)1000円、別途ほたリウム入園料300円

アクセス:埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110

すみだ水族館

開催日程・開催時間についてはこちらをチェック➡すみだ水族館のニュース一覧

料金:大人2050円、高校生1500円、小中学生1000円、幼児600円

アクセス:東京都墨田区押上一丁目1番2号

(引用元:http://yousayxx.com/hotariumu-2015-498)


どちらも屋内なので、「雨降るかな〜」なんてデートの
心配はご無用。

予定が立てやすいのも嬉しいポイントです。

この機会にぜひ行ってみてくださいね!


インテリア(照明) ブログランキングへ