ふらふら〜

日ごろの生活とオーディオ、料理、カメラ等、趣味のブログです。 好きな音楽をいっぱい良い音で聴いていたい。最近は運動不足解消に自転車を始めました!。。。と、そんな楽しい毎日だったのですが。。。医者からなんとがん宣告!闘病することに!!がんばって生きていこうと思います( ̄▽ ̄)

術後の経過

手術は成功しました。
が、胸腔鏡手術予定が難航し前回と同じ開胸手術となってしまいました。

2.5センチの腫瘍、前回の半分。
手術数日前まで飲んでいたヴォトリエントの効果か中身が空洞化していた。
これは手術前日のCTによる説明会でも話があったがあとで実物の写真を見ると確かに中が穴が開いていた。
これなら手術しないで薬飲んでいれはいいのでは?と疑問が浮かんだがやはり取れるならとった方が良いとのことだった。

ハイケア室の1日は前回の様なトラブルメーカーの騒がしいおじいさん等は居なくて静かなもの。ただ汗びっしょりになりながら手元を満足に動かせず大変なのは変わりない。。とても時間が経つのが遅い遅い遅い。

前回の反省を活かして痛み止めを早目早目に廻す。物凄い痛みだがなんとかした。
二日目、三日目にもなると前回よりやれることが多くて楽だ。咳もタンも少ない。そのおかげで体の痛みも限定的な感じでコントロールしやすかった。
前回の担当医には悪いが今回の担当のドクターがとても丁寧でスペシャルだ。もちろん腫瘍の大きさ、場所、状況は違うんだけれど。

今回で左右の肺共に手術となった。そのため前回より長く本日まだ引き続き入院中。体のチューブも週末には取れて、気も楽だ。

痛みはもう完全にコントロール出来ていて飲み薬だけで問題なし。
アゴの痛みも口腔外科に掛からせてもらい見せた。右耳前のアゴがグリグリが出来て腫れている。
親知らずが浮いて歯肉に痛みがあるので親知らずを腫れが収まってから抜く予定。

明日手術

顎が痛くてたまらない。痛み止め多めにもらう。
昼間に母に子供をバギーに乗せて連れて来てもらう。とても勇気をもらった。
あまり僕には懐いてないけれど可愛い。
夕方から明日の手術の説明会。詳しくしてもらった。どうも空洞化してる、ヴォトリエント効いたのか?でも手術は変わらず進めるみたいだ。
消灯。明日は手術です。おやすみなさい。

6/2 入院3

備忘録として。

6/2に入院。昼からにしたので用意が楽だった。
車でお義父さんと嫁さんと三人で大学病院まで。子供は母に預けた。見送ってくれた。
病院前のファミレスで三人で昼食。ミックスグリルを美味しくいただいた。
しばらく病院食なのでものすごく美味しくいただいた。

希望の大部屋が空いていないため2人部屋であくまでとのこと。やはり2人部屋は広い 窓側なのでラッキーだ。

5日には手術だからリラックスしよう。

6/1 荒川CR31回目 明日入院。4

入院準備をしてから夕方荒川へ自転車に乗る。

肺がずいぶん辛くなくなった。でもまた手術で肺が小さくなる。また普通に成るまで時間がかかる、いや普通にすらなれるのか?も不安だけれど。

夕方の荒川はとても斜上的で素敵だった。
新荒川大橋まで行って折り返しした。
日が暮れてきてライトを点けて家まで帰る。家に着いたら日が暮れた。

この間と合わせても40キロ。ガーミンがそう指している。到着してリセットし、ガーミンの電源を切る。またいつか乗りたい。
しっかり自転車の汚れを拭いてシートを被した。

明日は入院だ。脚が良い感じにだるくて爽やかだった。

5/29 入院前に自転車に乗りたい。荒川CR30回目

入院前にしばらく乗れていないロードバイクに乗りたくてウズウズ。

数日前に廊下に保管してある自転車を確認。やはりタイヤの空気は抜け、DI2の充電が無くなり、ガーミンも電気が入らない。そういや前回の入院前に乗ったっきり???
ブログを巻き戻して?確認したら昨年の6/27に29回目荒川CRなようです。つまり11カ月近く乗ってない!昨年の8月にアスセーバーとポストリングを付けたっきり。。可哀想な僕と自転車ですw

で充電して空気を入れ整備して、、、
ようやく走りに行けました^_^

祝30回荒川CR。小雨が降ったり降らなかったりでガン患者としては暑くなくて良い感じ。

無理ない軽負荷でサイクリング、荒川は曇って小雨がぱらつく中人がいなかった。
行き帰りで小一時間の楽しい時間でした。

出かける前に嫁さんに写真を撮ってもらった^_^ 入院中これを見て励みにしよう。image

5/23 再度転移で入院予定です

なにから書いたらよいかわからないですが、取り敢えず思いつく事を書きます。

3月の後半、右側の奥歯が寝しなにあまりに痛くて悶絶。数日後いつもの歯医者に行ってみたのですがどうも歯が悪いわけでなさそうとなる。

4月の上旬、仕事などでストレスが溜まる事が多く、そのせいか強い吐き気が止まらなくなり会社を早退。救急に掛かると急性膵炎の疑いで丸一日点滴だけで水も飲めないことに。

中旬になるとまた右の奥歯と顎あたりが割れそうに痛くて真夜中に救急車となり、いつもの日大へ紹介状経由で歯科口腔外科へ。
そこで数日経っても右側顎から口にかけて痺れが取れないためCTをするとなんと顎に腫瘍の疑いがあり、顎の裏が骨折しているとのこと。

5月上旬 整形のいつもの担当医がそれを否定。骨シンチの検査をすることに。

5月中旬 骨シンチと肺のCTで新たに右肺上部と右側肋骨にガン転移を告げられる。。。

と、、、まぁこんなかんじでこの数ヶ月は生きた心地がしない日を過ごしていました。

肺の呼吸器外科を昨年7月に引き続き診察を受け、前回と違う担当医から肺の切除を本日説明を受けた。
今回は前より小さな(と言っても2.5cmあるが)腫瘍なので胸腔鏡手術でいけそうとのこと。入院は6月にはいってからだ。
なんだかもやもやして数週間過ごしていたので決定して心が軽くなった。
入院まで普通の生活を精一杯楽しもうと思います。

3/7 元気

久しぶりです。気管支炎は数年来罹っていたのですが紹介してもらって専門に診てもらったらとても良い感じに治ってきました( ^ω^ )

ガンも小康を保ってくれてるようで薬も少なくできています。
そのおかげかやはり副作用との戦いも少し楽で。
まるで健康に戻ったような錯覚に陥りそうなくらいです^_^;

今日は仕事が春商戦ということで朝から決起大会があり、新入社員も参加して初々しいやらみんなにほとばしる「元気」を貰えて笑顔で1日を過ごせました。

やはり元気ってイイ!元気が一番です( ^ω^ )

そういう点でウチの会社はとても元気な会社。
いろんな意味でこの仕事につけて良かった( ^ω^ )


再度、急性気管支炎

ブログで今年初ですね、あけましておめでとうございます。
でも個人的にはめでたくないスタートを切ってしまいました(´・_・`)

11月中旬に発作のような咳とあまりに多い痰と鼻水で呼吸困難になりかけた急性気管支炎ですが本年には入りまた再発してしまいました。

「薬は出すから」と正式な科に紹介してくれない(紹介するのが面倒臭いという理由らしい)担当医がいる呼吸器外科へまたノコノコとやってきたのですが、、、

「オペが忙しくて対応できない。どこか他の病院に行ってくれ。」と看護婦さんに指示したようで、言いづらそうに言いに来ました(°_°)、、、、


大学病院ですよ、他のお医者さんなんてたくさんいるじゃないですか
適切に診てくれて薬さえ出してくれればいいことなのに。
この担当の信じられない対応にその看護婦さんへ「他の病院へ掛かるとあれこれ連絡が入ったりで迷惑だ(本当にそう言われた)遠くてもこの大学病院へ来いと言っていたから来たのに今回、意味が分かりません。
この科でできないのなら他科に掛からせて欲しい」と真っ当と思われる希望を出して専門ではないものの「内科」に振っていただきました。
ホント看護婦さん有難う(。-_-。)

でも実際、ガンとかになると風邪を引いただけでも困ることに町医者が逃げ腰になる。確かに抗がん剤とか飲んでるから副作用とか責任持てないトイウノモ頷けるし、実際にそう町医者から言われたから相談してるのにね。。ほんとたらい回し。

まとめて休みを取りましたがなんとか治りました。まだ鼻水、痰が出ますが。
もともとこの呼吸器外科は肺がん手術の担当でしたからオペが中心なのは当たり前。最初から内科に紹介すればいいのに。。疲れました、いろんな意味で(´・_・`)
でもこれでこれからこの科にかかることもなくなるのでスッキリしたと思えばいいでしょうか( ^ω^ )

ひどい脚の痛み

喀血より地味だが、結構ひどい抗がん剤の副作用に脚が攣るのがある。朝方ひどい釣り方で毎日のように絶句。
しかも一回ではなく何度も。特にひどいのが左足ふくらはぎで本当に困っている。30分近く脚がつって
動けずに朝起きれないなどということが多く、釣っている脚をヒキヅリながらトイレに行かなければならないなんてことも多いのだ。ふくらはぎといってもいろんな部位の筋肉が順番を待っているように交代で攣ってしまい、今日も一日中痛い脚を引きずって仕事をしていた。

今日も寝るのが怖いな。

ヴォトリエント何度目かの再開

吐血をした後、数日は整形の医者の指導でヴォトリエントを一旦中止して回復してからまた飲むを繰り返している。もう何度目になるだろうか。
11月中旬からは急性気管支炎に罹ってしまい中止。でようやく一昨日からまた抗ガン剤を再開した。

気管支炎の治り際の一週間位から胸のあちこちが痛い。背中も。
チクチクするという言い方が適切だろうか。
ガンの進行が進んでいなければ良いのだが、、精密検査は来年にならないとやらないので、せめてその時までは心配しないで生きよう。

昨日、日本テレビで放映していたドラマ
「パパとママが生きる理由」が終わった。5話というとても短いスパンで終了なのは視聴率が?だったからだろうか?いや年末のショートドラマか。
夫婦共にガンが発覚して余命宣告という現実にあったというノンフィクションからのドラマだったので観ていたがガンの先輩である自分より早くたった2話で抜き去って余命宣告。で最終話で奥さん死んで終わりだった。せめてもの救いは肺がんの夫は抗ガン剤が効いたのか元気で子供二人と生きていた。

僕の息子もドラマの中と一緒で僕が居なくなってから僕のたくさんの写真を、貼ってあるボードを見て
「行ってきます」とか元気で言ってくれるのかな??
いや、まだ僕は余命宣告を受けていない、頑張る余地はあるのさ。

10月から書けていないですね、肋骨骨折他前途多難

ずいぶん久しぶりに書けます。
表題にもある通りに10月中旬に肋骨骨折が発覚。丁度腰痛の次の週でした。
台風がやってくるという時期に朝からどうも手術をした側の胸が痛い。手術痕辺りがズキズキした。
会社について日頃止まらない咳をしていたら激しい痛みに襲われてウズクマッてしまう。。
医者がいう「疼痛」と思っていたが尋常ではない痛みに、違和感を覚えて会社を早引けしいつものかかりつけの病院へ。
着いたのが午後になったため急患扱いで大学病院で待っていると手術担当した医者がいて、最初の態度があまりにも横柄で辟易したがCTとレントゲンを撮り最終的には肋骨が折れていることが判明した。ただの痛がりな患者だと思っていたのだろうその担当医はただただ無言で謝りもない、後でチクチクと嫌味を言ってやりましたw
手術で1本抜いた肋骨の上の骨でレントゲンを見ると見事にポッキリ折れており完全にズレていた。
結論から言うと7月の退院後の一回目のレントゲン(退院後数日後)には折れていたようだ。このときはまだ今のようにズレまくっていはいなかったが。
手術前後も激しい咳と痛みでよくわからない状況。
ただただ、今から思えば骨が折れていたのだから非常に痛いのは当然だったと思う。
それを全く気が付かず、ここまでひどくなってからしかわからない呼吸器外科の担当医には、非常に怒りを通り越して呆れてしまう。
追加の話になるがこの医者に痛み止めを2回背中に打ってもらったがそのどちらも気胸になった。自然完治したが。
今後この医者に注射を打ってもらうのはやめよう、怖すぎる。


それから〜
現在12月中旬ですがまだ折れていますw コルセットバンドをして早2ヶ月。

ああ、そうそう11月には急性気管支炎で5日休む。エクソシストにでもかかったような激しい咳と鼻水で呼吸が出来ないほど。そのせいで抗がん剤のヴォトリエントも中断。ようやく治って?昨日から再開をする。

ここ数日になるが胸のあちこちがチクチクと痛い。背中側も痛い。なんだか嫌なイメージしか浮かばない。今度の精密検査は1月だからその時までは気にしないで生活していこうと思う。

HAP‐Z1ES導入その3 音質試聴

その3 音質はどうなのか。
電源ケーブルをシュンヤッタリサーチのキングコブラ
オーディオケーブルをワイヤーワールドのゴールドエクリプスバランス仕様で固定して試聴
(ここもいろいろ変えて試聴したいところだが時間とやる気がwおいおい)

HAP‐Z1ESのオーディオとしての音質ですが。大変なコストパフォーマンスな音であることは確かです!
以前にも若干書きましたが初見は静か、あまりにも静かでもの足りない音のようなのですが奥が深く、で高分解能、照りや輝きが抑えめで滑らかさが目立ち嫌な音がしない。大変聴きやすいです。これはMP3やFLAC、ALAC音源など変更しても同一なのでこの機器の特有な良い美点だと感じました。20万ほどの機器なのにハイエンドなオーディオプレーヤーが持っている「セダン」な音が出ます。ただこれが全方位的に良いかといえば、、、それは否だと思いますね。切れ込みは普通だし温度感は低め、量感も少なめなので逆に見通しが良いです。個人的には人肌より少し高めな温度感や迫ってくる熱気が欲しいです。ただこれはケーブルなどで化けさせることができると思います。それに傾向としてシュンヤッタキングコブラは上記傾向があり滑らかさが長所のケーブルですからここを変えると?ですね。


ピュアになればなるほど確かに不純物を取り除いてスッキリとした高分解能な音になってきますがそこから突き抜けたブレークスルーが欲しい。それがオーディオってもんです(違う意見は認めますw

ただ、、、この機器は音量をどんどん上げていっても「うるさく」ないのです。うちのCDPの音量から比べると14dB上げてしまえる。それでもうるさくないのです。で音量を上げていくと音にも凄みが出てきて印象が、世界が変わる。。。うーーん超ハイエンドな感じです!これはいいかも!もっと追い込みたいですね!!

いつかまたつづく!

HAP‐Z1ES導入その2

つづきその2(今まで少しずつトビトビでしてきたことを今日は体調が良いので備忘としてまとめて書くことにする)

・・・高解像度ではあるがメリハリのないアップルロスレスに悩む!だがこれは違う原因があった。
FLACに比べると滑らかだけなアップルロスレスと思っていたがふとitunesに入れてあるアルバムによって、メリハリが立っている曲がちらほらある。ハット思い立ち、昔入れたALAC(アップルロスレス)と同じ曲を今のMacBook Air+外付けCDドライブで同じALACで入れて比較。。。そうするとFLACと紛うようなメリハリのある音質が出てきた。これは。。。。。いろいろ試聴し考えてみたがFLACとALACは少々の違いはあるが音質差は微小。それより以前のWINXPの自作PCで入れ込んだALACと今のシンプルなMacbookairで入れたALACは別な音に聴こえるしMacの音のほうが音が良くてしかも楽しく感じた。

元々のMacOSが音に対して有利なのか?
筐体のシンプルさで音質劣化を最小限に抑えるのか?振動?磁性体?

細かくは突き止めることは止めたが、とにかく現状でCDをMacに入れてやったほうが音がいいのだ!

目線を変えて。ではFLACで取り込んではどうか?
FLACはWINDOWS駆動前提でのハイレゾPCオーディオなら目下のところ優先順位がトップではないかと思う。
だが我が家のMAC+itunes、そしてHAP‐Z1ESなら、、ALACは使いやすさと高音質が同居していて魅力がある。今までのデータ音源資産がALACでもあるし僕はALACで行こうと考えた。itunesの使いやすさやアルバムアートワークなどのレベルの高い完成度はやはり魅力があるのだ。Flacは選べなくてもだ。最も今後Flacが使えるitunesに変わっていくかもしれないがAlacを捨ててFlacに行っても価値の有意差があるとは僕には思えない。ある意味どちらも「どうせ可逆圧縮」なのだから。

体調が良くて時間のあるときに古いALACデータを再度Macでリッピングし直さないといけないとは思いもよらなかったがあの音の差を考えれば仕方がないと思えた。

・・そうして空き時間を作りコツコツとCDを再リッピング。結構これは難航したw 昔入れた際の曲目が取得できないものが出てきて単純に上書きが出来ない。再度アルバムアートワークを入れなおしたりw
そんなこんなでHAP‐Z1のHDDには同じアルバムなのに英語の曲目と日本語の曲目、カタカナのアーティスト名と英語、、、など重なって入ってしまったwwww 最終的にはHDDを初期出荷に戻して入れなおすこととなった@@; いくら音質が良くなると言ってももう二度としたくないですねw






MRI検査結果とぎっくり腰

今、ギックリ腰で苦しんでいる。
ひどい咳が続き仕事に行っていたのだが昨日の仕事中に急に腰が痛み出す。俗にいうぎっくり腰だ。
だましだまし仕事をしていたが立つとダメなようで脂汗が出る。こんなにひどい腰痛は初めて。
仕事から帰って最寄り駅からタクシーで家まで。ほんとうに辛い。
一日立って現在、痛みが半分位になり、シャワーも浴びれそう。これなら明日の公休で様子を見て明後日には仕事に行けそうだ。家族が昔していた腰痛用コルセットがあって自分には小さいものだがギリギリ使えそうで助かった、すると痛みが軽くなる。

この間の精密検査で脳腫瘍の可能性を検査したが無事だった。
ホッとした。

半身の麻痺や喀血はやはり抗がん剤の副作用ということで担当医と今後の服用の相談をしたが、延命治療をしっかりしないと身体が駄目になる日が近くなってしまう。

こんなひどい副作用とも今後つきあいながら生活していかないといけないようだ。

体調がすぐれない時は自発的に中止して戻ったら服用する。担当医がそうするように言った。
患者が勝手に変更していいのか??という疑問もあるが自由度が上がった。これが吉となればよいが。
副作用とも闘いか。。。。まったく自分のことでしか戦っていない自分が嫌になる。

仕事先で倒れる。つれづれに

いろいろありすぎてなかなかブログが進まない。徒然に書いてみる。

仕事場で倒れて救急搬送された。ちょうど楽しみにしていたiphone6,6plusの発売日だった。
休憩時間中に左側半身が麻痺したようになって動けない。目の前のテーブルに置いてある左手がある。見えるのだが全くもって感覚がない。冷静に対処しようとしばらく様子見していたのだが(それでも多分4.5分の話だろう)どうも左足まで動かないようだ。気のせいかどんどん意識も薄れて、、さぁ困ってしまった。
近くに座っていた同僚に声を振り絞って助けを求めたら気がついてくれ周りが状況を把握出来て救急車で近くの病院まで運ばれた。運ばれている途中で血を吐いてしまいいよいよな感じだった。
半身の麻痺ということで脳の病気ではないかということになり脳のCTを行うも脳梗塞や脳溢血の疑いはなく緊急性が薄れた為、主治医のいる病院へまた搬送されることになった。

検査と診察を受けていると身体もどんどん楽になってきて左半身も力がはいるようになる。
結局その日は歩けるようにまで回復したため入院せずに帰宅となった。ただその日に出来なかった脳のMRIの後日の予約をとってだ。どうやら脳梗塞の疑いは10%ぐらいに下がったようだが脳腫瘍、つまりガンの転移が脳にいった可能性が多くなったということだ。
ガンがなければ本来ここで血栓を溶かすように緊急入院してしばらく点滴らしいのだが。脳神経科の先生チームの方々いわく「ガンの治療と重なってしまい治療が出来ない」とのこと。
まったくガンを抱えた人間は他の病気にかかっても治療ができないらしい。
すでに出来ているガンの治療を優先して、結果何もすることがないということだ。
血を喀血することは不明のままでだ。

抗がん剤のヴォトリエントを飲んでいるので副作用は納得して過ごさねばならない。身体の重いのはたぶんその副作用。頭痛、脱毛、脱色、出血、胃腸障害、視覚障害、味覚障害、高血圧、肝臓不良、、やはり抗がん剤であるヴォトリエントは副作用の枚挙にいとまがない、、
そう思っているので動作をなるべく落ち着いてするように心がけていた、めまいやこの間の喀血も多分この薬のせいだと思う。それでも延命のためにうまく付き合っていかないといけないという辛さ。

どうしたらいいのだろうか。

とりあえずそれから数日は体調が戻らなく、また麻痺してしまうのではないか?という不安に最悩まされ会社を休み、少し自信がついた4日後に会社に復職した。

薬の今後の処方は何も言われていなかったが副作用の疑いが強いヴォトリエントを一旦中止しMRIを受けた。その結果も含めて薬を再開することについても担当医と相談しなければならない。

実のところ担当医はこの救急搬送時から今まで学会などで病院にずっといない。とても不安だ。
他の医者が繋いでそうだんにのってくれているのだが最後には担当医が決定とのことで何もわからない状況だ。


現在は軽い体のふらつきがやめまい、視界不良などがまだある状況。

HAP‐Z1ES 導入

久しぶりにオーディオネタ。8月に購入してちょこちょこやってはいたものの余裕がなかったw いま少し小康なのでやっと書きます。

手を出さないで人生終わるんだろうなと考えていたネットワークオーディオ。
ネットから高音質のデータをHDD等で取り込みそれをDACでコンバート、ここからは通常のオーディオと同じくアンプからスピーカーとなる。操作はもっぱらPCで行うらしい。
オーディオって僕の中ではこんなイメージ。
こんなんであってるかなw 
物理的に回転系の物量投資だ要らなくなるので高音質が安く手に入る。そういう理屈は分かる。
うちはCDディスクオンリーでずっとやってきてSACDをどうしようかって考えていたところの数年前にがん告知。長期の入院、手術の後に2年も立たずに肺転移でまた手術。。
今後の余命を考えたらこのままでいじらなくて終わりでいいかなと考えていたのも事実。
そんな矢先に手に入れてしまった。

ソニーHAP‐Z1ES

IMG_1670
IMG_1668
IMG_1667



MacBook Airに入っているitunesと購入プレゼントのマイケル・ジャクソンの新作アルバムをFLACデータを無線LAN経由(MacbookairはLANポートが無くアタッチメントが必要)で入れ込むとざっと2,000曲あるので入れるのに夜通しで半日かかってしまった。まあ一曲3分を1分で入れたとして2,000分だしw

つづく続きを読む

胃カメラを久しぶりに飲む、そして良い報告を。5

5日は皮膚科と東洋医学、整形外科の3科掛け持ちで診察。
尋常性乾癬は比較的落ち着いてきて助かっている。
東洋医学でも「痩せた?」と聞かれた、1〜2キロしか変わってないのだが。
今現在やっている糖分制限と濃縮乳酸菌の話をする。

糖分制限だが3冊ほど本を買い込み、嫁と相談して食事制限をやっている。簡単に言うとご飯少しだけ肉多め、野菜多め。糖分の多いものはなるべく口にしない。これだけだ。
ただ肉はガン患者には「4足動物禁忌」のルールがあるので魚と鶏肉になってしまうのだが。
極端に全く口にしないということは出来ないと思うのであるべく気を使う程度を心がけている。

濃縮乳酸菌だがお義父さんのお計らいで高いものだが取り寄せてもらい毎日飲んでいる。
ヨーグルト100L分の効果があるらしい「FK23」という最強乳酸菌だ。これを飲み始めてから胃腸の調子がすこぶるよくR-1は要らなくなった。ヨーグルトは朝普通量だけいただく。

整形外科でとても良いことがあった。ついこの間「吐血、もしくは喀血」してしまって

「いよいよだ、自分はこれからダメになってしまうな」と思って覚悟していた。

だが2日の呼吸器外科で受けたCT検査の結果をみると、
なんと右上肺にできていた小さなガン細胞が輪郭だけになっていた。


先生が言うには「どうやら死滅した」!とのこと。えええ?


正式な判断は8日の整形外科での見立てでとのことだったが。吐血(喀血)はそのはじけたガンが気管を通して外に出たのではないかとのこと!

そして5日の整形外科でそのCTを判断してもらうと


「びっくりだ、ガンが破裂しているよこれは」とのこと。


2〜3週間後に血圧が落ち着いていてから再開するはずのヴォトリエントを今日から再開しようということになった。これは効いてる!!!



血が出た場所柄、一応胃カメラも飲もうということで8日になり検査を受けたが胃腸は問題なく健康だとのこと!やはりあの吐血はガンが弾けて出た喀血だったということか。

今回は勝ち!を拾った感じ。でもまだまだこれからも闘いは続くのだ。

今日はいつも以上に気持ちが穏やかになれてよく眠れそうです。

会社を休む

8月末、酷い頭痛と咳き込みで会社を悔しいが休む。9/1も続けて休ませてもらい2日は病院の検査でした。
喉から肺までのCTと胃のMRI.呼吸器外科と整形外科、消化器科の掛け持ちで今度胃カメラを飲むことに決定。
翌日からなんとかなったので出勤出来ました。もう有休など使い切って欠勤扱いです。でももうこんな身体なのだから欲を出さずにムリしないで行こう。元々ムリをする気質だからなぁ(^^;;

喉風邪酷し1

吐血後、数日で今度は喉風邪が酷い。
喉の腫れと咳で苦しんでる。
血圧はクスリを変えた次の日から相当変わり朝は80-120 夜は100-150くらいと楽だがまだ頭が痛いのは変わらず。
風邪のせいか目の充血が酷くてマスクをして目を真っ赤にしてるので周りからは辛そうに思えるらしい。何時もは辛くても周りに気がつかれなくて困るくらいだったのに、身体がよわよわだ。
整形の通院で血圧報告し2週間安定したらヴォトリエント再開するとのこと。
喉風邪が酷いのでクスリを出してもらった。

循環器科診察

25日、今日も頭が相当重く痛い。
血圧の専門に紹介され循環器科へ通院。朝から夕方4時まで検査がかかり相当疲れた。ただ待ってるだけだったり検査も横になって心電図や採血してるだけなのにね。
クスリを2種類違うものに変更になった。

仕事に行く。

昨日吐血したので仕事に行くのはおっかなびっくりだ。
身体がいつも以上にだるい。ヴォトリエントは昨日から飲んで無い。血圧の薬も種類が増えたが昨日今日では変化なんかでやしません。慢性的に頭が痛い。
仕事場では何時もより慎重に無理をしないようにした。仕事場で昨日のようなことになったら大変だ。

しかし、吐血が不明すぎる。喉が痛くて、風邪を引いてからずっとひきづっているので喉か?と思っていたのに調べてみれば正常。
肺の手術をしたので肺かと思えばレントゲンでは異常なし。
残るは、、、胃か?食道か?全然異常ないと思うのだけど、異常がなければ血なんかでやしないだろう。。会社の人間ドックでは胃カメラ飲んでいないからなぁ。

吐血。ヴォトリエント中止

21日歯医者、治療終了だが治療歯の金属を身体の調子が上がるかもという期待を込めて変更するため今後も通院。
僕は虫歯が多くて全部で15本も治療歯がある。本来ならセラミック歯にしたいのだが高価で1本6万程掛かるらしく安価でからだに影響の少ないレジンでやってもらうことにした。ただレジンは耐久に難があるとのことだが僕はそんなに長生き出来ないだろうから逆にちょうどいいと思う(笑)

22日大学病院通院日だが、朝起きると咳き込む、そして、なんと吐血、、、血を吐いてしまう。テッシュ数枚では足りなくトイレに駆け込む。全部でコップ一杯?いや半分くらいか、咳き込みながら血を吐いてしまった。
なんとか通院し、このことを告げ、ボトリエントの影響か高血圧で上が180〜200.下が110〜120と言うことも報告。慢性的に頭痛が酷い、
残念ながらヴォトリエントは1度中止になってしまった。
で吐血の原因を探るため耳鼻科に紹介されたが何もなし。つまりは食道、胃、そして肺から出た可能性を言われる。
検査入院を勧められたがなんとか公休で検査をして見ることにした。
公休日の変更を依頼せねば。。。
整形外科、皮膚科、東洋医学、呼吸器外科、そして耳鼻科に循環器科に消化器科、歯科。。。いっぱいあり過ぎ!

復職しました^^

2014年8月11日(月)復職。約2ヶ月ぶりです。
前回の手術では臀部と背中の皮弁(筋肉、皮膚)移植があり、抗がん剤の点滴治療が前後にあったため約7ヶ月の入院と2ヶ月の自宅療養と時間がかかりましたが、今回全然違う内容ですね。
同じ「ガン」とくくってみても出来た部位や治療方法、経過により医療って違うものなんだと改めて感じました。

それでも今回は左の下肺を手術で摘出し、左脇下から背中にかけて約20センチ以上も傷が出来ました。
負担の少ない新手術の胸腔鏡手術は手術状況から見送られてしまい、痛くて傷が大きい開胸手術という患者に負担がかかる「痛い」手術になりました。肋骨も1本切除!され無くなりました。
前回手術の皮弁移植で取った背中の傷にばってんになるように傷が交差して本当に痛々しい。
それに加えて取ってしまった肺の部分は機能が回復しません。今現在は深呼吸をすると左側が支えたようにうまく息が吸えません。次第に慣れてくるものかとは思いますが、運動機能が3/4以下になってしまったのは今後変えようがありません。運動をすれば残念ながら著しく思い知らされることでしょう。風邪などの病気で簡単に肺炎になる可能性もあります。

それでも生きるためにはしようがなかったのです。

まだ右上肺に残っている小さなガンは飲み薬で昨年認可が降りた「ヴォトリエント」でなんとか抑えていく方針(生き方)です。
今のところ量がMAXの1/4しか飲んでいないせいか目立った副作用もありません。ありがたいことです。


話は変わりますが1歳6ヶ月の息子が最近「イヤイヤ期」を迎え家の中でひどい声で泣き叫び精神的にはストレスですがやはり父親なのでしょう、あまり苦に感じません。今日も一緒に泣かれながらお風呂に入りました。よろよろ歩きもすこし早くなり、もうハイハイする姿が見られなくなりました。本当に子供の成長は早いですね。
病気に罹り、あと残された「時間」というものをよく考えるようになりました。
左の肺腫瘍のような急なことが右肺でもあると私はまた数ヶ月で手術になります。
しかも今度はもっと辛いことになります。内容によってはこれでおしまいかもしれません。

普通の生活がなんて幸せなんだと感じます。
妻と子供との時間は私にとってとてもとても幸せな時間です。普通の、本当に普通のことがとても幸せです。
家族や周りの人にとても感謝をしています。こういうことに気がつけて死ねるガンという病気は他の病気や事故死に比べるともしかしたら幸せな病気なのかもしれません。

自転車の欲しかったアイテム手に入れた!

体調は良いものの、余りの暑さと家事でなかなか時間が作れない自転車乗り。。
この間の歯医者の予約時間待ちに池袋のワイズ2店舗とか探してみたんですがなかなか無い、何がないって?ネットで探してた欲しくても出会わないあのアイテム。。割高な送料込でネットで買うか???
やんややんやとやっていましたところ、地元の金子サイクルでなんとありました!!!!!(えぇぇぇ
金子サイクル見なおしたぜ!

IMG_1352


これが何かというと。。。

IMG_1358


フィジーク「シートポストシリコンリング」27,2


IMG_1356


「アスセーバー」ロードバイクの簡易泥よけ




どちらも欲しかった赤!すごいテンションMAXです(笑
LOOKちゃんをバラ完で作ってもらった際にこのシートポストリングも頼んでおいたんですが時期が悪くて手に入らず。lookに合うサイズの径27.2がどこにもないのです。
・・で最近再販されてることを知って探していた逸品!ちょうどサドルもフィジークのアリアンテ赤黒なのでリングは赤にしたいかなと。泥や水分をフレーム内に入れづらくするものなんだけどワンポイントとしてとてもカワイイですよね????(いや絶対良い!(反語) 
ずーっと探していたので見つけた時の喜びもひとしおでした!
IMG_1359

で、こんなふうにシートポストにつけて入れるだけ。あとシートポストの高さを数ミリ単位で使いながら追い込むんですがこれがあればなにかと目印となってとても便利。いやーもう少しで赤がどーしてもネットで見つからずに他の色でしかも本体の値段より高い送料を払ってまで買っちゃうところでした@@

あと「アスセーバー」ですがこれもまた優れものでずっと探していました。ネットで自転車屋さんのブログなどで絶賛されているこれもまた逸品。
通常、泥よけのないロードバイクでは雨降りの時って大変なんです、まともに背中にタイヤの水はねが飛んできてw 僕は雨の中なんて走らないし、走れない走りたくないガン患者なんですがw それでも荒川を走っていると数日前に降った雨の水たまりが何箇所も出来ているなんてことはとても多く遭遇するところで。
これがあれば、徐行はするものの前よりもアグレッシブに荒川を走れますかね???ってことで買ってみました。しかもこのタイプは前のタイプで少し安くなっていてお買い得でした!

ですがここで問題が。
入院中に考えに考えて作った自転車ですのでいろいろやっているのです。サドル下にはフィジークサドル限定のリアライト、CATEYEのRAPID3フィジーク限定バージョンというモノがありこれはなんとサドル下にライトが付けれてとてもスマートなスグレモノ。ですがこれがアスセーバーに干渉してしまいます。


どうもライトをサドル下に付けるアタッチメントが下側に出っ張っているようでそこがアスセーバーの板に当たってしまいうまくないです。
そこで少しアタッチメントを工作して薄くしてみたらうまくいきました。
IMG_1362

どうです?まあまあでしょう?^^
明日は近づいてきている台風11号のおかげで雨予報。またまたしばらく乗れないようなのでこんなアイテムを付けてぼーっと眺めていようかな(笑

風邪・歯医者・ヴォトリ13日目、そして復職面接

抗がん剤のヴォトリエントは始めて2週間近く経ちました。今のところ大きな副作用がなくてホッとしています。
ただ、息子から移されてしまった風邪で数日苦しんでいます。この薬の副作用に発熱、咳喉の痛みがあり、もしかしたらこれがそうかもしれません。
肺炎には今後十分気をつけないと危ないのですが。
治療奥歯の金属が、欠けてしまいいつもの高田馬場の歯医者へ行く。しばらく治療になるだろうな。
そういえば前回の手術の後にもここに来たっけ。

復職のために会社の産業医と面接を受けに行きました。先生は全般的に前向きに接して頂いて助かりました。ただ体調管理には十分気をつけるようにとのことを再三仰っていました。

お義父さんから「濃縮乳酸菌」なるものを薦められ始めることになった。一日あたり4兆個の乳酸菌を取れば抗がん剤の副作用も軽減し、ガンにも効果があるとのこと。効果があればよいのですが。


日常徒然なるままに

今日でヴォトリエント4日め。夜ゴハンを食べてから2時間以上たってから飲むようにタイムテーブルを初日に決めた。この薬は食事の前後にうるさい薬で食前1時間前か食後2時間後が決められている。
乾癬の薬や漢方もあるのでいつも薬を飲んでいるような感覚に陥るなw
今のところ副作用らしい副作用は無し! 少し胃が重たいような?感覚だけあり。
昨日、日大へ復職のための診断書の申請に日大へ。それだけにわざわざ遠い日大へ!
全く、もう少し早くに会社が送ってくれればこんな手間はかからなかったのに!仕事が遅い! 頼んだ奴がまずかったか? 呆れて物が言えない。これで最短復帰が無くなったw 診断書もらうのも楽じゃないんだよ!まったく!!
まあ、リハビリの散歩と割りきっていこうかな(笑
機能は暑い日の中でも湿度が低くて割りと過ごしやすかった^^

MacBook Air快調です!細かいことを言えば現行機より一つ前の機種を買ったのだが全然後悔なし!
病院にも持って行って初のテザリング楽し! 看護師さんからも受けが良かった(ぉ
今日、MBAの日本語変換ことえりに違和感を感じていたのでgoogle日本語変換ソフトを入れてみた。
いまその変換ソフトで打っているのだけど快調快調快調!の3重丸! ATOKとか考えてもいたがこの無料ソフトで無問題ですね。mac所持者はgoogle日本語変換を強力におすすめです!

体の痛みが日に日に良くなっていく!手術したのが嘘のよう。とてもいいことです。身体をもっと動かそう! 限界は思ったよりもまだ早くに来るだろうけど。

がんには糖質制限とケトン食というのがいいらしい。簡単にいうと癌は糖分で生活しているので糖分とストレスで悪増する。その制限をかけることで悪い成長を遅らせる、もしくは断ってしまい死滅させるとのこと。これはやらないといけないな。
某森林ネットでその食事本を買い込む。で今日届いた、半分。

ああ自転車に乗りたい。まだ痛くなくなったとはいえ自転車は。。。。考えてしまいます。
どーしよっかなーーーーー
ツール・ド・フランス終わってしまった!ニバリおめでとう!フルール残念、サガンはレース1勝もできなくで残念だが得点王だからいいか。

最近オーディオ熱が再発。聴くのと同時にネットで中古を探すw オクで競り落とせそうだったが残念な逸品も。。。また出ないかなあ。
早く仕事に復帰しないとなんだか壊れそう@@; 何もやらなくなるとボケてしまいそうで怖い。

めざましクラシックス

体調が良ければ、、ということで嫁から誘われていためざましクラシックスを聴きに行きました。
フジテレビの軽部さんとVnの高嶋ちさ子さんが17年、250回以上も続けている人気コンサートです。

今回はそのコンサートでも初の0才から入場可能なファミリーコンサートで義母と義姉、嫁と1.5才の息子の5人で行きました^ ^
会場は満員御礼!子供連れで行きたくても行けない大人がたくさんいますねー。
一部のパッヘルベルのカノン辺りからウトウトし始めた息子は次のハチャトリアン剣の舞で睡眠に(笑)

二部のゲストで劇団四季の伊東えりさんからの美女と野獣、メリーポピンズは素晴らしい歌声、特にアナ雪のとびら開けての軽部さんとのコントのような掛け合いで会場は盛り上がって楽しかったです。
その後、もう一人のゲストのMAY Jからのレリゴーは会場が聞き惚れていました。マイクを通してましたがあれはマイクいりませんね^ ^とても声がキレイでした。

家族でサントリーホールに行ったことは息子は覚えていないだろうけれど、僕にはとてもいい思い出になりました。

そうそう、息子はもうよちよち歩きで歩けます^^
そういやブログで一才の誕生日も載せてなかった(えええ?
IMG_1292
IMG_1263

診察その2、その3

7/22 呼吸器外科の診察
吸入器を前回もらったおかげで咳が9割なおる。仕事復帰はいつでもいいとお墨付きをもらった。
まだ胸全体が痛い、定期的に痛みが増しロキソニンや痛み止めの座薬も少しまだ使っていないと駄目だ
今度の診察は9月頭に。
7/24,25 整形外科の診察
残念な告白ですが左肺の大きな腫瘍を取る為にを下側半分なくしてもまだ右上肺に小さな腫瘍があります。。本当に残念なことです。
これは手術で取ろうとするとまた大変な手術になるとのこととまだそんなに大きくはないためにこの腫瘍は昨年認可の下りた新薬で抑えていく方針でいくとのことの最終方向を担当医から告げられる。

新薬はヴォトリエントといいます。悪性軟部腫瘍の治療薬としては数十年ぶりの新薬ということです。

日本では経口薬、つまり飲み薬で認可が下りており、通院で対応可能、つまり仕事に戻れそうです。ただ人によっては大変な副作用があり、吐き気や下痢・腹痛、髪の毛が抜けたり色が無くなる(白髪?銀髪?)、味覚障害、高血圧、ふらつきや頭痛、疲労感等、、、副作用のオンパレードですね@@
ただこの件についてはひとそれぞれなのでやってみないと分からない点です。

あと厄介なのは、、この薬は大変に高価で保険適用でも一錠当たり1300円掛かります。
今現在は慣らしを兼ねて一日一錠ですがそれでも月30日とすると39000円、、、標準一日4錠だそうで
一日当たり5200円、月に換算すると156000円、、、、高額医療を申請しても月に多大な出費は変わらないですね。大変困りました。 コツコツとためた預金もすぐ底をついてしまいそうです。。。

でも、やるしかありません。

退院後初診療

土曜に退院し翌週火曜に再診療、最近の医療ってすごいのか変なのか。空きベッド問題が数十年前から云われていましたが最新の術後は早め早めのリハビリで患者を追い立てるように退院へ導きますね。
良いやら悪いやら。
退院して羽が伸ばせたということは大変喜ばしいことなんですが、それは『病状が良好だったら』のお話。
日常生活をなるべくして動かすことが重要とのことで痛いんですがどんどん動かしていましたが・・・
日曜には大変な激痛で痛み止めのロルカムが全然効かない状況に。「いらないよ」と言われていた痛み止めの座薬頼りの日々、、、もうたまりませんOTZ
問題なのはひどい咳。胸が張り裂けんばかりの咳発作で痛みがMAX

火曜になり、あんまりに痛いので嫁さん同伴でタクシーで日大まで。
痛み止めがロルカムから有名どころのロキソニンに変更、背中に痛み止めの注射を打ってもらい、咳止めもステロイド吸入器も出してもらいました。
ようやく抜糸もすべて終わり楽になりました。病後の所見は良好(これで?

今の処、落ち着いています。

経過

朝から晩まで咳が酷い。
左胸の全体が酷く苦しくて痛む。
歩くだけで響くのは勘弁だ。
Profile
Recent Comments
  • ライブドアブログ