ニュースや出来事を見る合間に、ちょっと「おっ!?」と思ったこと。
政治のお話とはあんまり関係ないですけど。

ASEAN(東南アジア諸国連合)関連首脳会議が行われましたね。
前日の12日の夜には、ASEAN設立50周年記念晩餐会が開かれたんですけど、
各国首脳がなんと、みんなで“おそろい”で勢揃い!!
映像みた時、粋な計らい!いいねと思いました。
39
男性は全員おそろい。

45
安部さんも♪

49
トランプさんも♪

写真出典:Duterte latest news November 14, 2017 | Special Gala Celebration of the 50th Anniversary of ASEAN
download


これは、フィリピンの民族衣装。男性の正装で、
「バロン・タガログ」というもの。
このバロン・タガログ、バナナやパイナップルの繊維で出来ていて、
前面に刺繍が施されているのが特徴です。
今回、みなさんがお召しのものは、あまりわかりませんが、張りのある麻のような素材で、オーガンジーのような、絽のような透け感があります。
今では最高級の伝統工芸品なのだそうですよ。

みなさんのおそろいを見て、ドレスコードに記載があったのかな?とか、安部さんも現地で調達したのかな?とか色々想像しましたが、恐らくホスト国のフィリピンが用意したのでしょう。「着て着てね、お土産ね」って感じで。
この晩餐会のお揃いのことを、随分しつこくネット検索したんですけど、ほとんどありませんでした。(歌った人の話題はあったけど)
ど〜して〜?だって素敵じゃない?
会議では当然、北朝鮮問題や南シナ領有権問題やら、難題ばかりのその前夜に、平和的ではありませんか。素直に思ったんですけど。
ま、報道するようなことじゃないのかな。

ちなみにドゥテルテ大統領夫人が着ているのは、女性の民族衣装。
大きなバタフライスリーブが特徴のドレス「テルノ」です。
文在寅夫人もテルノを着て出席していました。
今回、昭恵さんは出席せず。ロヒンギャ問題で揺れるスーチーさんは緑色の民族衣装(自国の)でした。

余談ですが。
この「バロン・タガログ」、沖縄で言えば「かりゆし」。
調べたところ、「かりゆし」は2000年に沖縄で開催された九州・沖縄サミットの時に、首脳陣全員が、「かりゆし」を着用。そこから大々的に普及したということ。沖縄に行ったら、観光業の方のみならず多くの男性が着ているのを見かけますもんね。
今では、沖縄の正装として定着、黒無地の「喪服用かりゆし」もあるのだとか。

民族衣装は、その国のナショナリズムの象徴ですが、こうして首脳陣が全員、一つの国のアイテムを着用すると、普段は色々な問題を抱えたり、それぞれの思惑があるところ、ひと時の一体感が生まれ、フレンドリーな感じがします。あるのとないのとでは、話し方がわずかでも穏やかに変わるような気もいたします・・・だったらいいな。

masumi-icon

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会



よろしければ
ワンクリックご協力お願いします。


人気ブログランキング