2018年07月21日

保護犬さんに会いました。


先日、保護犬さん達に会いました。

中型犬から大型犬かな。

一番大きい子で、16キロくらい。

蓮の5倍ちょっと

抱っこできますよ!って保護主さんが言ってましたが

運動嫌いで筋力のない私には無理そう。

でも、

里親を待っている子達は、

保護主さんの愛情の賜物なのでしょう。

人懐っこくて、みんないい子でした。


保護犬のみんなが、

ぴったりな家族に巡り合うため

そして、幸せになってもらうため

里親になるのには厳しい条件があります。


私自身、ちょっと調べてみましたが、

里親の条件をクリアできません。

と言っても、

一生、蓮が一番です。


昨日の日経の夕刊に

「殺処分ゼロ」の裏で悲鳴「無責任飼い主こそゼロに」

の記事がありました。

いろんな自治体で頑張っている

そして、一緒に支えているのは、

動物愛護団体や個人ボランティアさん達

預かった命にベストを尽くされている。


きっと、一番いいことは

動物が幸せなので、保護する必要がない。

ということなのかなと思います。


「終生飼育」は、努力義務ですが、

みんなの認識として普通の事となり

いろんなことが整備されて、

どこへでも、どこにでも一緒にいられる。

そしてそれは、

動物嫌いの方々の配慮も忘れないように

共存できるバランスが整うことも

必要なことなのかもしれませんね。



にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

人気ブログ

2018年06月30日

トリマーさん


わんちゃんの講座に出席しました。


いろいろなケースをあげて

犬のケアするときの注意点とかを

獣医師さんが教えてくれる講座でした。


獣医師さんが教えてくれるだけにとてもわかりやすく

すごく勉強になる講座でした。


出席者の方は、

トリマーさんやドックホテルを経営されている方と思われます。


もし、こういう症状の犬に出会ったら

そんな感じの講座でした。


それにとっても勉強熱心で、質問もいっぱい飛びます。


蓮は、一度だけ

トリマーさんにお願いしたことがあります。

それ以来、人嫌いに拍車がかかり、

それ以降、うちでお風呂してましたから、

あまり、トリマーさんとの接点はないのです。


でも、

蓮と動物病院に通っていたとき

とあるわんちゃんの話を聞きました。

それは、

トリマーさんが飼い主さんが迎えに来るまで預かっていた時

わんちゃんの尿の色がおかしかったので

飼い主さんに助言をし、

動物病院で検査をしたら、病気が見つかったそうです。


トリマーさんが技術以外にも

犬に関する知識を勉強されているのを

実感をもって認識しました。


蓮もトリマーさんに見てもらっていたら

アドバイスとかをもらえたかもしれません。


ただ、トリマーさんは女性の方が多いので

蓮の場合、どちらかというと女性嫌いだったので

男性のトリマーさんがいたら、

トリミングに通えたかもしれません。



にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

人気ブログ

2018年06月12日

考えてしまうこと。


最近、知り合いが入院をしました。

近所の歯医者、

それも友人らに進められて評判のいい病院に行っていました。


話によると、歯を治療したのは若い方だったようです。

腫れてきて、ちょっとおかしい、

と思いつつも我慢してしまった知り合いの方。

数日後腫れがひどくなり、市民病院で即手術でした。


手術までいく経験はありませんが、

わたしも口腔内の型取りをしたあとに、

歯医者さんから留守電で

「もう一度、来院してもらえませんか」

というのとか、他にも経験あり。


自分にとっていい病院というのは、

どうしたら見つかるのか。


あまり直接的な関係はないかもしれませんが、

今月、医療広告に関するガイドラインの変更があったみたいで

今まで特に罰則がなかったホームページも

含まれるようになったとか。

いわゆる、虚偽とか、誇大といった感じの表現が規制対象だそう。


ほぼ、病院はネットで検索しているので

判断材料が少なくなるってことだとは思いますが、

そうせざるを得ない状況で

規制になってしまったのだとも思います。


難しくて、こまかいことは私にはわかりません。

ただ、人でさえ病院を探すのが大変なのに

動物病院はどうなのかなと・・・。


動物病院を探しているとき、

ホームページに、病気の名前がメニュー欄にあって、

その病気に力を入れているのかと思って電話をしたら

「特定というわけではなく、すべて診ます」と看護師さんの返事。

実際、人気があり、ちゃんと診てくれる先生でした。


ホームページの情報と実際とは乖離があるかもしれません。

行ってみないとわからないということだと思います。


病気の種類によって、

担当する獣医さんによって診方が違う場合。

診方が違えば、治療法が違う。


血液検査であっても、

数値上の判断なのか、

経験則からの判断なのか

大丈夫って思う判断はどこなのでしょうか。


病院選びは、ほんとうに難しい。



にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

人気ブログ

2018年05月28日

ダックス君のにおい


昨日、ダックス君に会う機会がありました。

クリーム色で、7歳

蓮よりは大きくて、しっかりしてて


抱っこに挑戦してみました。

とっても重い!

蓮のようには抱けなくて、

ダックス君には申し訳ない感じ。


たくさんのわんちゃんと一緒にいる時は、尻尾が下がってて

ダックス君のママがいない状態でも

自分だけになったら、我が道を行く感じ

足の肌が出ている場所があると、足をなめる

気を緩ませると、布地を奥歯でカミカミしておしゃぶり


全体的な行動が蓮にそっくりなのは、

ダックスだから?


以前テレビで、

タレント動物をケアする方が言ってたのですが

目を閉じていても、

犬のにおいとか、お鼻の形とか舐めたりすると

犬種を当てられるそうです。


ちょっと思い出して、

そのダックス君の頭のにおいを嗅いでみたら

蓮にそっくりなにおいがしました。


やっぱりダックス君だからかな?


もう、私の家の中では嗅ぐことができないにおいです。

思い出させてくれて、ありがとう。

そんな気持ちになりました。



にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

人気ブログ

2018年05月13日

聴導犬の本


どこかの本屋さんで見た本

近所の本屋さんで探してみたけど

田舎?の本屋さんにはない様子。


「聴導犬のなみだ」という野中圭一郎さんが書いた本です。


簡単に言ってしまえば、

トレーナーさんと犬とユーザーさんの深い絆のお話。


盲導犬は、テレビなどでよく取り上げられていますが

介助犬や聴導犬は聞いたことはあるけど、

どのように訓練されているかとか、生活しているかとかは

私は、全くの無知。

とても分かりやすく、とてもやさしく書かれている本。


聴導犬は、

子犬頃から愛情持って育て、しつけるそうです。

その愛情いっぱいもらって育てられた犬は、

ユーザーさんと出会い、信頼関係を築き

認定試験に受かれば、聴導犬として認定してもらえる。


聴導犬とユーザーさん

お互いの愛情と信頼関係がなければ、

認定してもらえないかもしれないし、

それが、ずっと続かなければ関係が成り立たなくなる

ということなのかなと思う。


よく、愛犬を亡くした時に

愛犬にいろいろなことを教えてもらった。といわれます。

それに関して、

辛かったことに蓋をしてしまいたい気持ちもあり、

普段の生活で蓮に教えてもらっていたはずの

何気ない日常のことは何だったのか

私は、まだ思い出せずにいます。


もちろんそれは、

深い慈しみなどの感情とは違う

見過ごしてしまいそうな

「何か」です。


この本を読んで、

ちょっとだけヒントをもらったような

そんな感じがしました。



にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

人気ブログ

2018年05月03日

久しぶりにわんちゃんと…


蓮を家族に迎えて以来

他のわんちゃんに触れることは

ほとんどありませんでした。


匂いをかいでもらって、

のどもとをなでたり

頭をなでたりしたことはありますが

他のわんちゃんをちゃんと触れたことは

ないような気がします。


トイプー、シェルティー、シーズーちゃんとかがいて

シェルティーちゃんは家族がトレーナーさんだし

ほかのわんちゃんは10歳以上なので、

落ち着いている子達だった。


それでも、最初は匂いをかいでプイッてされて

ちょっと落ち込みましたが

最終的には、触らせてくれるようにはなりました。


蓮ばかりなでていたので

トイプーのクリンとした感じの毛並みとか

初めての感触で不思議でした。


顔を舐めてくれようとするわんちゃんもいましたが

私が拒絶です。


やっぱり抱き上げるとか

そういうことはできませんでした。


私がもう少し、成長したら?

べたべた触れて抱っこできるようになるかな?


そう思っています。



にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

人気ブログ

2018年04月24日

頭ではわかっていること


毎朝、雨が降っていなければ、

蓮との散歩道を歩いています。


たまに時間が合えば

蓮とすれ違っていたわんちゃん達に会います。

といっても、こちらは人間が歩いているだけなので

気付いてもらえているかわかりません。


という私も

わんちゃんを連れていなければたぶんわかりません。

わんちゃんのお名前は、覚えているのです。


蓮と一緒の年齢のクロちゃんは、

最近は、パパと一緒に散歩していない。とか


ゴールデンレトリーバーのそら君は

お顔が白くなったな。とかとか


出会えると、嬉しいのですが

蓮を思うと

寂しくも、悲しくもあります。


蓮のことで考えることが多くなった。

死生観というか

蓮と過ごす筈だった、この時間を

どうやって、大切に過ごせるのかと思う。


こうしたい。とか

いろいろ行動を起こしてみたりするのですが、

こういうときに限って、時間が止まったような

スローモーションのような日々が続きます。


つなぎ止めておきたかった時間は

すごく早く過ぎていくのにです。


私もずいぶん歳をとったので

前は平気だったことも、平気じゃなくなったり

体に不調が増えたりしてきました。


それは、蓮のことでも

リハビリみたいな感じで、なるべく動かしてみたり

気分を上げさせようと、蓮が好きなことをしてみたり


蓮の場合は、

辛かったのではないかと思います。

やっぱり、犬ですから、

きっと私達に喜んでもらいたかったと思うから

一生懸命だったと思います。


身近な人を送る経験だってある。

いつか必ず、迎える日だとわかってる。

それでも、どうしても受け入れられない


難しいです。


にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

人気ブログ

2018年04月05日

検査結果


ずっと頭から離れなかったので

やっぱり、貰うことにしました。


動物病院が外注に検査を出していた検査結果。

待たずして、蓮はドックスーツを脱いだので、

貰うタイミングがなかった。


蓮にとって必要なくなったから

「見てもしかたがない」という

蓮パパの意見があり、そうかもと思っていました。


でも、私の中では

蓮の結果を見届けなければ後悔をするのではないかとか

検査結果をみて落ち込むのではないかとか

いろいろ思って、頭から離れませんでした。


それに、私の中では動物病院に近づきたくない

避けたい思いもありました。


そして、やっと出した決断が

蓮の生きた証として手許に置いておきたい

という思いでした。


なので、

電話で話したくはなかったので、

封書にその旨を書いて、

切手を貼った返信封筒もいれ

返信くるのを待っていました。


そして、5日後の昨日

検査結果が動物病院から届きました。


今の気持ち

貰っておいてよかった。

蓮が頑張って生きた証がここにある

そう思いました。


ただやっぱり、

いろんな気持ちが押し寄せてきて

泣けてきます。



にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

人気ブログ

2018年03月28日

春だけど


外に出かけて家に帰って扉を開けると

突然気付くんです。


蓮の匂いがない!


って。


全く、うちに来たことがない人が

うちに来たときに

「犬の匂いがする」って、言ってくれないかな〜。

なんて、慰めにもならない想像をします。



掃除も、

掃除機で吸い込み、

クルクルで取りきれないものを引っ付けると

いまはもう、蓮の毛が取れてこない。


もしかしたら、家具とか移動して模様替えをしたら

蓮の毛が出てくるかもしれない。

そんな期待をしています。

そう思うと、模様替えも大掃除もしたくない。


未だに、

サークル、クレート、ワイヤーネット、ストッパー

出したままです。


春だけど、心機一転なんてしたくない。

そんな春もあっていいよね。



にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

人気ブログ

2018年03月19日

手紙 〜愛犬からの?〜


ちょっと前、焦りばかりがあって、

蓮のためにできること

いろんな思いがいっぱいで、家にいるのも・・・

とにかく忙しくしていたい

もっと、知らないことがあるのでは・・・

そんな中


保護犬のボランティア活動をしている方々のことが知りたくて

保護犬の譲渡会に行った時のこと


蓮ファミリーのことを思ってくれたのだと思います。

お話の中に

「天国の愛犬が家族の幸せを願って手紙を書く」

という話を教えてくれました。


「僕の大切なお膝を、この子になら貸してあげてもいいよ」って


愛犬が紹介してくれる?話のようです。

とってもいい話です。

うるうるっとそのときはしたのですが、

後で・・・


「ぜったい、蓮は他の子にお膝を譲るなんてことしないよね」

と蓮ファミリー内では話が一致。

さっきまで、うるうるっとしていたのですが

思わず、笑ってしまった。


それが一番、蓮らしい。

一人っ子で育てちゃったせいもあるかな


頑張り屋さんで、甘えん坊

本当はとっても寂しがり屋さん。

そんな蓮の気持ちを大切に全部汲んであげられなかった・・・と


蓮の頑張り屋さんな部分に、甘えていた。

どれだけ蓮に支えてもらっていたか


蓮の話を蓮ファミリーでしていると

いつも、いまも、これからもずっと

蓮は、私達を笑顔にしてくれます。



にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

人気ブログ

Profile

蓮(レン)

わんこのために
かわいいペットの急な病気に備えて!!
5社のペット保険を一括見積もりできる便利なサイトです。

保険比較の保険市場
『アリアンツ』を扱っています。日本で初めて金融庁が認可したペット保険です。

新発売!【わんわんチェッカー】 なかなか病院へ連れていけないワンちゃんに朗報です!

しっぽフリフリで待っててくれるってうれしいですよね。健康が一番だから、できることをしてあげたいですね。

本間獣医科医院

10頭集まると往診をしてくれる病院です。各種混合ワクチン、フィラリア症予防に関して専門スタッフがわかりやすく解説してくれる。会社の健康診断みたい?

【本間アニマルメディカルサプライ】
動物病院だから同時に医療、処方に関して無料アドバイス!処方食や在宅検診なども扱っています。
わんこ健康サイト
interzoo クリニッククラブ
動物病院などで配布されている雑誌が運営するサイトです。ペット用品の通信販売と健康情報を提供しています。
行ってみてリンク!
ダックスのてんとう虫ランド
↓お引越し先
**写真記念日**
くらぶ&チロルちゃんファミリーのブログです。蓮ブログそっちのけで 楽しみにしています。

ドックカフェ ぽ庵
ちょっとした旅行?になってしまう…でも、あのランチと居心地の良さを求めて行ってしまうんです。

DHM−COO
Cooくん Chobiちゃんのブログサイトです。人見知りの蓮ですが、CooパパとCooママには安心して抱っこしてもらうんです。

そらママのひとりごと
チワワのそらちゃんとカイちゃんのママのブログです。

DOG HOUSE
そらちゃんとモカちゃんの『ちびっこギャングの相棒』さんのブログです。毎日更新していて楽しいブログです。蓮ママもこんな風にブログを作りたい!

Buono!桜餅
SAKURAちゃんmochiちゃん(ダックス)のブログです!最近Bellちゃん(ラブ)は虹の橋を渡りました。

まじょどな
ドナウちゃんのブログです!ドックヨガの情報もありますよ。

まあのわんわん日記
わんちゃんいっぱい大家族!私はまだ こころ君しか覚えられない〜!
Archives