2020年06月21日

工夫をする。


人と同じく、わんちゃんたちも

シニアになれば、やれること、動けることが少なくなり

持続的なことができなくなっていきます。


この時期

助けが必要な時に

助けを呼ぶことを躊躇してしまう

そんなこともあったかもしれません。


本当にちょっとずつ

細心の注意を払って行動することができるようになった

今日この頃


シニアのわんちゃんの場合は

訪問して

体調を見て休憩を入れたりして

短時間のケアをして

途中で、日を改めて続きをすることもあるようです。


ご家族はもちろん、

ケアをする人も

わんちゃんが快適に過ごせるように

日々の気づきを活かして

工夫をしてる。

学ぶことがいっぱいです。



今日は天気よく

いい風も入ってくる。


部屋の片隅に残っていたのか

部屋に入った風が

蓮の匂いを感じさせてくれました。




にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

人気ブログ

2020年03月28日

シャンプーのサポート


ちょっと前に

シニアのミニチュアダックス2頭

シャンプーのサポートをしました。


蓮より体格がいいダックスちゃんだったのと

2頭ともヘルニアの心配があるということで

慎重に慎重を重ねて・・・


メスのダックスちゃんは、

シニアの域にあるのに、ちょっと暴れん坊

オスのダックスちゃんは、

シニアらしく、すぐ休憩。という感じ

性格がそれぞれで、とてもかわいかったです。


2頭の様子や状態などをお伝えして、

サラサラのトーン明るめの毛色になって

パパとママに連れられて帰っていきました。


丁寧であることはもちろんですが

シニアなので、

段取りよく、工程を終えないと負担も大きいと思うので

時間との闘い?


こちらは、汗だくでした。


でも、ダックスちゃんが可愛く

笑顔で帰って行ってくれたので、良かった。


今は、新型コロナで、

「症状が出ない人もいる」というので

それに当てはまるほど、若くはありませんが・・・

サポートをしないようにしています。


自分が感染を広げてしまう人になるのは

避けなければいけないと思うし、

わんちゃんの飼い主さんやお世話をしている方と

わんちゃんが一緒にいる時間を奪うことになっては

本末転倒。

一日も早く、ストレスなく

ほっとできる日が来るといいですね。


にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

人気ブログ

2020年02月02日

一生いっしょに

本を読みました。

『老犬たちの涙 “いのち”と“こころ”を守る14の方法』
リンク先へ飛びます。

児玉 小枝 さんの本です。


ちいさな命の大切さを教えてくれる本だと思います。


家族として迎えたはずなのに、

殺処分してもらうために持ち込む

何年も一緒に暮らしたのに


小さくかわいかった

お手やお座りを覚えてくれた

何度言っても言うことを聞かないときは

ちゃんと理由があった。


これ見よがしのいたずら

泣いたら、舐めてくれたり

悲しいときはそばにいてくれた

楽しいこと数えきれないほど・・・

思い出してほしい


犬も人も完璧じゃない。

犬も人も歳をとる。


理由はいろいろあれど、

何とかならないのかと、

悲しく、やりきれない思いのする本です。



にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

人気ブログ

2019年12月19日

老犬のケア


主に老犬のケアをしている方とお話をする機会があり、

ちょっと、思うところがありました。


飼い主さんは、

わんちゃんのことを一生懸命に介護したりしているそうです。

それがゆえに、疲れ切った状態になってしまわれている。


老犬のケアの仕事って、

わんちゃんのケアはもちろん

飼い主さんの疲れやストレスが軽減されるようになれば

わんちゃんも飼い主さんの影響を受けるので安心感。

そのお手伝いをする仕事なのかなと・・・


だから、飼い主さんが疲れすぎて

考えに余裕がなくなってしまうと

どうにもできないこともありそうです・・・


私も、蓮のケアをしていたころ

手探り状態だった

まだ、私ひとりきりでケアをしていたわけではないので

よかったのですが、

それでも、精神的につらいことはありました。


最近は

老犬の介護施設やペットシッターの

ニュースなどをテレビなどで見るようになり

施設もあったりして、

本当にちょっとずつ、

環境が整ってきているのかなと思います。


今だからですが、

そのころ、蓮のケアをしなければと頑なに思っていて

周りを見る余裕がなかったかもしれません。

そして余裕があれば、

蓮に何かを伝えられたり、できたりしたかもしれません。


うまく言えませんが、

家族ですから、みんながいいのが、いいですね。



にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

人気ブログ

2019年10月29日

何がきっかけになったのか


柴犬を飼っている方からお話を聞いたのですが

トリミング先のトリマーさんから

「お口が出るので、トレーナーに出したほうがいい」

と言われたそうで

早速トレーニングに預けて上手になって帰ってきたはず

だけど、

お口が出るのは少なくなったけど、

完全に治ったわけではなかったみたいでした。


トレーニングに出しても

場所やトレーナーさんのもとでのトレーニングなので

家に帰ってくると、完全とはいかなくなってしまうのか


ちょっとした誘発的な場面とかがあって

お口が出てしまうのか

難しいと言って見えました。


柴犬ちゃんは、トリミングサロンでシャンプーだけは

おとなしくさせてくれるらしいです。



うちの蓮の時も

フードをいつも買っていたトリミングサロンで

いつも家でシャンプーとかしてたけど、

蓮も仲良しなトリマーさんに

たまには、サロンできれいにしてもらおうと思い

預けて迎えに行ったら


その後以降

フードを買いに行くだけだけど

そのトリマーさんのことを嫌いになっているっぽかった。


蓮にとっては

何かがあって、びっくりして

嫌いになってしまったのかもしれません。


わんちゃんが

嫌になるきっかけ

もし聞いて教えてくれたら、

その悩みを取り除いてあげられるのに・・・


そんなことを思いました。


にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

人気ブログ

2019年09月08日

みんなにお家


ほんとにたまにですが、

保護犬ちゃん達のお世話のお手伝いを

させていただくことがあります。


保護犬を家族にと思ってくださる方がたくさん

フレンドリーな子は心配ありませんが

怖がりな子は、慣れるまでに時間がかかり

それでも、通って距離を縮めてくださり

ご家族にむかえてくださる方がいます。


でも、幸せになっていく保護犬たちの空きを

埋めるように、またどこかで迷子犬のお迎えがなかったり

放棄だったりがあるみたいで


殺処分ゼロも大変なことですが、

保護犬とかが全くいなくなるということは

ないのかな・・・と


それでも、いつかみんなに

本当のお家ができれば

保護犬もゼロに


そんな日がくるといいな

と、思っています。



にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

人気ブログ

2019年08月11日

暑い日々


あまりにも暑いので

人も大変ですが、わんちゃん達も

過酷な日々が続いていますね。


お散歩の時間も

アスファルトやコンクリートがほとんどの所では

時間をずらしても暑かったりしますし・・・


保護犬の保護主さんや預かりさんなど

個人でボランティアさんで活動している人たち

そして、どうしても預かりさんなどが見つからず

たくさんのわんちゃん達を一度に保管しているところも

お世話の時間やそれぞれの性質、

トイレは外じゃないとっていうわんちゃんもいますし

本当に大変だと思います。


ちょっと外に出るだけで

アスファルトに近いわんちゃん達は大変そうです。


うちの蓮もダックスだったから地面に近くて

日が暮れてからの散歩でもアスファルトが暑くて

ハアハアしてました。


昼間出かけるときは、

凍らしたペットボトルをタオルで巻いて持ち歩き

抱っこするときは、蓮と一緒に抱っこしてました。


家の中で熱中症になるくらいだから

わんちゃんも人も気を付けなければいけない季節


夕方にちょっとだけ

昔のような夕立が降ってくれることを願っています。


にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

人気ブログ

2019年07月23日

獣医学を覗ける本


あの時・・・とか

いろいろ思い出して

何年たっても

やっぱり、悔いは残ります。


最近、そんな感じで犬に関係する本を読んでいます。

本を読むスピードが遅いので、たくさんは読めませんが

出会ったと思った本は

読みたくて、読んでいます。


それで、今回は

『獣医学を学ぶ君たちへ  人と動物の健康を守る』
リンク先へ移動します。

という本を読みました。


獣医学を学んでいない私ですが

顕微鏡の事とか

腫瘍(良性・悪性)や認知症など

人など比較してあって

興味深く読みました。


ずっと以前、

「動物が好きなだけでは、獣医師にはなれない」

と、聞いたことがあります。


実際、

私がフィラリアのスポットタイプの薬を不慣れで

ちゃんとしてあげられたか不安になったときに

「不安だったら、もう一度薬をあげていいよ。大丈夫だから」

と、言われたことがあります。


その時ふと、

動物病院の先生ってフィラリアの薬を何回まで大丈夫か

って試したことあるの?って、

思ったことがあります。


この本には、

最後くらいに、モニター動物というくだりがあります。

同一の生活環境にいる犬猫などと人との関係で

病気をお互いのモニターに利用できることが考えられる

ほかにも、

人と動物と環境の健康を持続し守ること

などが書かれていました。



人だけ、動物だけとかではなく、

必ず、すべてが関係し続けているから

人も動物や環境の役に立てることも

たくさんあればいいなと、思いました。


獣医学を学ぶ人たちへのメッセージ?から

ほんの一部ですが、

獣医学を覗き見ることができる本でした。


にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

人気ブログ

2019年06月21日

犬のライフデザイン?


最近、マイケル・ブランドー著

「純血種という病―商品化される犬とペット産業の暗い歴史」
リンクへ飛びます

という本を読みました。

すごく大雑把にいうと

血統と外見を求め(すぎ)ると・・・という感じの本です。


私も、子犬に「かわいい〜」とか、外見で見てしまうので

変わらない。(反省)


でも、ショーなどに出ているような

ブリーダーさんとかからは、

一緒にされたくない。といわれそう?


もともと、オオカミだったとすると

すべて雑種?とか

血統?とか血が濃くなるってどうなの?

詳しい人にひとつずつ質問したくなってしまいました。


馬でいえば、

サラブレッドだからといって、すべて名馬ではないようですし、

犬だって、同じというのは想像できる。

すべて思った通りの子が生まれるわけではないから

知らないところで、悲しいことが起きているかもしれない。


その犬種らしい犬がいても、

外見でわからない遺伝性疾患で、

苦しんだり、短命だったりすることもあるかもしれない。



すべての生まれた犬は、

その後が幸せであるといいなと思う。


生まれた犬は、何も知らない。



にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

人気ブログ

2019年05月28日

譲渡会のいろいろ


いつか、

ちゃんとしたお手伝いができるといいな

と思って

譲渡会へ行くことがあります。


戸惑うこともあります。


保護している団体さんにより、

行って

受付を済ませるだけでいいところから

「見学」とか「里親希望」という名札を貰ったりとか

愛護動物センターなどのように、

講習会などを受けてとか

いろいろパターンがあります。


なので、譲渡会に行く前に

多少の下調べが必要なことも。


きっとそれは全て

犬猫を大切に思うがゆえの決まりごとです。


それぞれ団体さんにより、カラーがありますが

どの方たちも

すごく保護された子達のことを

大切に思っているのが伝わってきます。


質問すれば、

どんな個性を持っている

わんちゃん、ねこちゃんなのか

ほぼほぼ、教えてくれます。


運命の出会いがあるかもしれません。


いつか私にも・・・あるかな。


にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

人気ブログ

Profile

蓮(レン)

わんこのために
かわいいペットの急な病気に備えて!!
5社のペット保険を一括見積もりできる便利なサイトです。
行ってみてリンク!
ダックスのてんとう虫ランド
↓お引越し先
**写真記念日**
くらぶ&チロルちゃんファミリーのブログです。蓮ブログそっちのけで 楽しみにしています。

ドックカフェ ぽ庵
ちょっとした旅行?になってしまう…でも、あのランチと居心地の良さを求めて行ってしまうんです。

DHM−COO
Cooくん Chobiちゃんのブログサイトです。人見知りの蓮ですが、CooパパとCooママには安心して抱っこしてもらうんです。

そらママのひとりごと
チワワのそらちゃんとカイちゃんのママのブログです。

DOG HOUSE
そらちゃんとモカちゃんの『ちびっこギャングの相棒』さんのブログです。毎日更新していて楽しいブログです。蓮ママもこんな風にブログを作りたい!

Buono!桜餅
SAKURAちゃんmochiちゃん(ダックス)のブログです!最近Bellちゃん(ラブ)は虹の橋を渡りました。

まじょどな
ドナウちゃんのブログです!ドックヨガの情報もありますよ。

まあのわんわん日記
わんちゃんいっぱい大家族!私はまだ こころ君しか覚えられない〜!
Archives