2008年11月16日

江ノ島が見えてきた

9ヶ月ぶりのフルマラソンです。
21時に就寝も、相変わらず寝付きは悪い。目は何度も覚めました。まぁ、4時間くらいは寝れたんじゃないかな。起床は4時30分。ぼーっとします。

会場までの最寄り駅は二宮駅か大磯駅。どちらも東海道線。マラソンの参加者だけで1万人強。他には10kの部もあり。さらに言えば、応援の人もあり。
ただでさえ本数が少ない長距離電車が、日曜の朝、この人数に耐えられる訳がありません。毎日の通勤よりも混雑。嫌になりますね。

会場の大磯プリンスまでは徒歩30分。アップと言う意味合いでは良いんですが、遠過ぎ。
受付は前日のみだし、この辺は評価が下がる点です。きっと、会場を貸し出す変わりに、宿泊客の確保を約束されているんでしょうね。この辺は、闇のルール。


7時40分に会場に到着。そして小雨がパラ付きだします。着替えて荷物預けると、8時を回ります。
まず、申請タイムごとに整列し、その後にスタート位置まで移動すると言う変則な流れ。このためアップは全く出来ませんでした(汗)

ただ、スタートまでは10mの絶好の位置をゲット。これでスムーズに走れます。
スタート前にはゲストが現れ、盛り上げます。ゲストは寛平と杉山愛。寛平面白過ぎ。来月から世界1周マラソンに旅立つそうです。鉄人だね。
杉山愛は、スタート前の風景を写メールにおさめてました。あれは圧巻ですからね。



湘南国際1このどちらかがスターターになるのかと思いきや、実行委員長がピストルを鳴らします。いやいやそこは譲れよと。そんなことを思いながらスタートです。すぐにゲートを通過出来たんで、ロスは5秒くらいかな。

この大会は距離表示が1kごとではなく5kごとです。これはリズムを作るのが大変。せめて入りの1kくらいは欲しいもの。
飛ばしすぎないよーにと意識しながら走ります。アップ不足のせいか、体は重く結構抜かれました。しまいには脇腹まで痛くなる始末。謎です。


途中、おじさんが

「どれくらいで走るつもりですか?」

と訪ねてきます。

「2時間55分くらいですかね」

と答えると、それは無理だと後ろに下がる。いやいや、じゃあ、こんなペースで突っ込むなと。たぶん後半撃沈してるでしょう。そんなこんなしているうちに5k通過。20分29秒。緩やかな下りになっていましたが、まずまずの入り。1k・4分6秒ペースです。

その後も、体は軽くはなりません。抜くより抜かれる方が多い。ゼッケンは200番台でしたが、周りは500番台とか600番台だらけでした(申請タイム順なんで)。
苦しい走りのまま10k通過。この5kは20分33秒。ペースは一定。

10kを通過して徐々にリズムが生まれてきたかなと。緩やかなアップダウンが多いコースですが、うまく走れてきてます。抜かれたランナーも1人ずつ拾っていけました。15kを通過し、この5kが20分25秒。上がりました。


コースはサザンビーチや、藤沢の海岸など有名なスポットを通過しますが、海はあまり見えず。言ってしまえば周りは防砂林だらけ。砂まじりの茅ヶ崎は人も波も消えてました。
そして、錆びれた海辺の国道には、今もセピアの幻想が揺れてましたよ。

飽き飽きしながら走っていると、「江ノ島が見えてきた…♪」
やっと海岸線を走っていると言う感覚に。ただ、思ったよりも近づかず折り返し。あれっ…
すぐに20kを通過。この5kは20分12秒。ちょっと上げ過ぎたかなと。まぁ、ほぼ一定のタイムで走れてます。ただ、折り返してすぐに一緒に走っていたランナーに離されます。付いていく事は出来ましたが、何かペースが上がった気がしたんで。ここから先がキツいですから。

そのまま1人旅をしていると前に7人くらいの大集団。少し上げて集団に加わります。集団は楽。ただ、どことなく遅い気が。後ろから来たランナーも普通に抜いていきます。
このまま楽してもいけない気がして飛び出しますが、誰も付いてこず。再び1人旅。

その後、すぐに25kを通過。この5kは20分35秒。やっぱり集団は遅かった。飛び出して正解だったかなーと考えていると、体がキツくなってきます。
ちょっとバテるのが速過ぎだろうってのが率直な感想。もう5kは持たせたかった。
1人旅と言うのもペースダウンを加速させます。サブスリーペースは5k・21分20秒なんですが、25kから30kの5kで始めてそれを上回りました。21分31秒。おいおい、まだ10k以上、あるんだぜぃ…


1kごとの標識がないんで踏ん張れないってのはあります。落ちたペースでダラダラ走ってしまい、5k通過したところでヤバいなと。1番恐れていたスパイラルです。

30kからの5kは長かった。それまでは抜く人の数の方が明らかに多かったですが、抜かれるランナーの数とトントンになります。まだかまだかと思う走り。その苦しさの中、35k地点を通過。この5kは21分35秒。何とか耐えてます。

湘南国際335kからが1番の山。マラソンです。
東京マラソンはここが22分30秒かかってます。これを22分以内にするのが今回の課題だったんですが、落ち始めたペースはどうしようもありません。途中、バナナやゲータレードで必死に体動かそうとしますが、ダメ。さらに追い打ちをかけるように、35k以降のコースだった西湘バイパスがゆるやかな上り坂。傾斜としては3度くらいかも知れませんが、壁のように見えました。
西湘バイパスの横は海できれいでしたが、そんな余裕はなし。フラフラになりかけながら40kを通過。この5kは22分34秒。東京マラソンと同じです。。
それにしても、この5kは抜かれましたね(汗)

ただ、抜かれて悔しいと言うよりも、ここで上げるのはすげーなと素直に思います。お前ら、どれだけ練習してんだよと。


40kを通過したら残りは当然、2.195k。終わりが見えるとさらにキツくなるもんです。
東京マラソンはここから10分12秒。相当酷いタイムです。が、今回も負けてません。腕すら上がらなくなってきて、何度歩きたいと思った事か。近くに同じように苦しんでるランナーが居たのがせめてもの救いかな。


「サブスリーいけるよ!」

沿道から声援が飛びます。

ただ、今回に関しては「楽にサブスリー」をテーマに掲げていましたから、首をひねってしまいました。そんな声援が飛ぶと言うのは、ギリギリのタイムで走っていると言う証。


ここまで5kのタイムは気にしても、トータルのタイムは気にしていませんでした。残り300mくらいで始めてトータルのタイムを見ます。

”2時間56分…”

湘南国際2何とかサブスリーは行けるかなと。
コースは大磯プリンス敷地内。もちろんホテルは高台にありますから、最後に坂が。これがキツかった。
ラストは全力を振り絞りスパート。フィニッシュタイムは手元で2時間58分19秒。最低限のタイムは出せました。東京マラソンよりも1分30秒以上は良いです。
ただ、最後の2.195kは10分21秒。これまた酷いタイムですね。貯金使いすぎ。



コースや時期が違いますから単純に比較は出来ませんが、結果的には東京マラソンから何も成長出来ていません。同じような展開で最後にガス欠。東京マラソンは最初の混雑が凄かったですから、そこを差し引いたタイムが今回のタイムみたいな感じ。そう考えるとうーん。。

コースのキツさや、気温は今回の方が酷ですから、何よりもモチベーションが違うね。その辺をいい訳にしたいと思います。次は今回の経験をいかさないと。ただ、2度目のサブスリーを達成出来た点は素直に嬉しい。ギリギリ、年齢別ランキングに載るかどうかのタイムですが。。

5k20分29秒
10k20分33秒
15k20分25秒
20k20分12秒
25k20分35秒
30k21分31秒
35k21分35秒
40k22分34秒
42.195k10分21秒
2時間58分19秒



flamevein0106 at 20:59│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔