2010年02月15日

いわきサンシャインマラソン

金曜日までは迷っていましたが、土曜日になり出場を決意しました!

とは言っても大会前3週間で走ったのは6日だけ。足が痛くなるかもしれない。なんで、4時間くらいで走れれば良いのかなと。

10日にかなり雪が降ったらしく周りは雪。前日も1日中、雪がちらついてました。
ただ、当日は快晴。これだけは良かった。風もなし。

画像 162第1回と言う事もあって、ゲストは豪華。増田明美はおいておいて、世界陸上のマラソンで銀メダルを取った尾崎好美も来てました。

スタート前に気象状況の発表。気温、マイナス1.5℃
そうだ、ここはあくまで東北。



ただ、今回は本気で走れないと思っていたんで、ランシャツではなく半袖シャツにアームフォーマー。勝ち組の服装。

アップ中に足に違和感はありましたが、なぜか抑えて走るのは止めようと決意。
痛くなったらまぁ、その時に考えましょう。

スタート後は一気に高低差20mの下り。ガンガン足に負担が。1kの通過も4分4秒。早くも雲行きが。。

1kから2kは逆にかなりの上り。4分16秒。走り始めだから動くけど、これが最後に跳ね返ってくるんだよね。

その後も小刻みなアップダウン。5k通過が20分7秒。そして違和感は痛みに…と思っていたけど、逆に消えました。麻痺したのか。アドレナリンってすげぇぇ。

飛ばし過ぎた反動と言うか、直近の練習不足から体全体に疲れを感じたけど、多少ペースを調整して体が出したいスピードに合わせます。10kが40分36秒。この5kは20分29秒。

その10kを通過する前の8k地点で、誰かに名前を呼ばれます。
おぉ、高校の友達じゃねーか。応援しくくれるとは言っていたけど、本当に来てくれるとは。
しかも今は東京に住んでいるのに、わざわざ帰省までしてくれて。
ホント、ありがたい話ですよ。

10k過ぎからは「いけいけドンドン♪」
走らなかった日々が逆に疲れを抜き、体が動く動く。

もう集団で走るのがめんどくさくなって1人旅。前を走るランナーを次々と抜けました。
15kが1時間00分48秒。この5kが20分12秒。やっぱり上がってます。
ただ、この辺から右足裏にマメが。左足の違和感はかすかに復活。

途中で第1折り返し。ここが凄い。
12kくらいから海沿いを走るコースで、折り返しが漁港になっているんだけど、「◯◯丸」みたいな旗が縦横無尽に張りめぐされ、真ん中には神輿。そして皆で折り返しポイントを囲む。

海の男達はやる事がワイルド。最高のムード。

そのまま1人旅を続け、1時間21分17秒で20kを通過。この5kは20分29秒。
中間点は1時間25分50秒。単純に倍したら2時間52分くらい。

やべっ。サブスリーどころか自己ベストいけちゃうかも。

ただ、中間点を過ぎてすぐに、このマラソン最大の難所・「マリンタワーの坂」
地元民じゃないと分からないけど、ここは2k弱で50m上ります。
こんな坂、コースに入れるなよと。ただ、絶景ポイントなんだよね。

何とか頑張り、4分36秒でこの坂がある1kを乗り切ります。
ただ、ここでの頑張りが後々ボディブローのように効いてくることは、まだ知る由もありません。

25kが1時間42分17秒。この5kが21分ジャスト。
そしてこの25k付近が最大の応援ポイント。

ハワイアンズと並ぶ、いわきの2大名所・「アクアマリンふくしま」と「いわきララミュウ」の施設内を駆け抜けるコース。ここで再び友達が声を。さらには親も応援してくれました。

応援はホント、力になります。そして見ず知らずに人達もかなりの応援をしてくれ、ホント感謝。
東京マラソンよりも凄い応援だった気がしますよ。

ただ、そこを抜けた途端

「ん?」

体が重い。
腰も落ちて来て、体全体が鈍い。
そして悟る。

「そうだ、今回はノーラン調整だった」

あまりにも軽かったんで飛ばしてきましたが、この調整、長短がはっきりしてます。

・ノーラン調整
長所:体が軽くなる
短所:スタミナが落ちる


マラソン前は、おすすめしません。

そしてコースも応援ポイントから産業道路へ。
産業道路ってくらいですから人はいません。ボランティアくらい。なぜ、ここをコースにした?ってなところ。道も広くスピード感も鈍る。これもまた、傷口を広げます。

ここからは4分30秒近くまでラップが落ちていきました。30kが2時間3分59秒。この5kが21分42秒。ただ、感覚的にはもっと落ちてます。

30k以降はアップダウンの繰り返し。この地点で高低差30mの上り下りが2回。

みんな背中に羽でも付いているのか?って思うくらい簡単に抜けれていきました。
途中、ピカチュウまで視界に。

とうとう幻覚が…
ここからフラフラになって倒れるのか…

いやいや、ピカチュウの被り物をしたランナーです。
被り物に抜かれると異様に悔しいんですよ。まぁ、この状態だと抵抗も出来ません。

35kが2時間27分54秒。この5kが23分55秒。ただ、34kから35kが5分37秒かかってたんでちょっと距離に疑惑(上りではあったどけ…)。次の1kは4分49秒だったし。

もうこの後は、笑うしかありませんね。
全く動かない体を何とか運んでるって感じ。40kが2時間52分03秒。この5kが24分09秒。
まさかのラップです。この辺でもう少し粘れてればね。

ラストの200mだけは頑張りました。ゴール前は人もいるんで。
2.195kは10分37秒。過去最低。

フィニッシュタイムは3時間02分43秒。3600人くらいエントリーしてたけど、101位。
2桁順位を狙ってたんで悔しいですが、ここまで走れるとは思っていなかったんでびっくりです。
てか、普通にレベルが高い気がする。さすが福島県。

足は走り終わった後から地味に痛いですし、マメも痛いですけど、意外と大丈夫かも。

IMG_0941ゴール後は案の定!?フラガールからレイのプレゼント。これも嬉しいもんです。



最後はボロボロでしたが、この状態、このコースでタイムが出たのは自信になります。
3週間をうまく調整出来ていたらサブスリー出来たかな。。

帰宅後にモーグル見ましたが、上村愛子よりも里谷多英の走りに個人的には惹かれました。
1発引っ掛けてやろうって意気込み、無謀なまでの突っ込み。
マラソンはイーブンペースの方が良いって言いますが、今回みたいな前半から飛ばすレースが個人的には理想です。しばらく里谷流で行くかも知れません。


5k20分07秒
10k20分29秒
15k20分12秒
20k21分29秒
25k21分00秒
30k21分46秒
35k23分55秒
40k24分09秒
42.195k10分37秒
3時間02分43秒



flamevein0106 at 23:13│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔