2010年11月30日

男子4人つくば物語

さぁ、つくばです。

8時30分過ぎに4人がつくばに勢揃い。応援は2人。
MAX2人だった過去のマラソンと比べれば、格段にいい雰囲気。

走る前の4人の表情。まだみんな元気。笑IMG_1393
高萩は2時間50分台前半。山本は3時間40分切り。青木は5時間切り。石川も初マラソン5時間切りが目標。


9時30分、号砲1発でスタート。

自分は1番先頭ブロックから。ロス12秒でゲートを通過。
1ヶ月前のハーフが3分50秒ペースだったんで、今日は4分ペースで押せばいいと判断。

入りの1Kこそ混雑で4分20秒(ロス含む)だったけど、2K以降、徐々に目標ペースへ。
ただ、5Kはロスの影響もあって20分40秒。ちょっと想定よりは遅め。

つくばのコースは前半がゆるやかな上り。
走ってる分には意外と気づかないけど、確実に上ってます。次の5kが20分24秒。いまいち目標通りにはならないけど、コースを考慮すれば及第点か。

今日の敵は、42kと言う距離以外にも暑さ。
走り終わってから聞いたけど、20℃を越えたらしい。

ただ、そんなことは気にしない。
上りとか暑さとかは無視で、自分で設定した4分ペースでとりあえず押す。

10kから15kの5kも20分33秒。決して悪い訳ではないんだけど、いまいち余裕がない。

15k過ぎから平坦になった影響か次の5kは20分14秒へペースアップ。
中間地点は1時間26分27秒。ロスを抜けば1時間26分15秒。昨年が1時間27分50秒台だったんで、貯金はかなり出来ています。

ところが、22k地点で異変。体が重くなり集団から脱落。
最近のマラソンで、こんなに早く体に反動が来た事はありません。。
ハーフの通過はベストより6分も遅いのに。一体、何が起きたのか。

20kから25kの5kは20分51秒。大幅なペースダウン。個人的には30k以降のラップだよ、これは。

体は動かなくなり、抜かれる人数が明らかに多くなります。25kから30kが21分18秒。これ以上遅れてはいけない危険水域に到達。脚は棒になりかけ、残りの距離を意識し始めます。

30kからはさらに悲惨。
棒になりかけていた脚が完全に棒へ。歩きたい感情にもかられる始末。
この5kが22分37秒。

かなりの人に抜かれました。。

何とか踏ん張ればサブスリーはいけたけど、頑張れない体になってました。
35kから40kがまさかの24分14秒。信じられないタイム。

IMG_1397ラスト2.195kも地獄のよう。
得意のスパートもかけられず、11分13秒もかかりました。1k・5分オーバーの計算だもん、酷い。



フィニッシュタイムは3時間2分00秒。
去年よりも4分近く悪いし。
目標は2時間50分台前半だっただけに惨敗。

走り終わってこんなに悔しいと思ったマラソンは初めてです。ホント、悔しいよ。
暑さとかの外的要因もあったかもだけど、気負い過ぎたのかなと。過信もありました。

2月の別府、東京までには絶対に立て直してみせます!!

5k20分28秒
10k20分24秒
15k20分33秒
20k20分14秒
25k20分51秒
30k21分18秒
35k22分37秒
40k24分14秒
42.195k11分13秒
3時間02分00秒




さて、ここからは3人のお話。

ちょうど体がキツくなった22k地点くらいで、折り返しに向かう山本とすれ違いました。
やっぱり2番手は山本。タイム的にも悪くない。

その後も順調にペースを刻み30k地点へ。
ここでキツくなります。

ちょっと歩いたらどうなるかを試したら、その後の10kは歩きっぱなしだったとか。
マラソンは、歩いたら終わりだよ。。

IMG_1398最後は踏ん張って4時間7分01秒でフィニッシュ。
こちらも目標タイムからは遅れてしまいました。

ただ、この暑さの中、しっかりと2度目のマラソンを経験したのは立派。次は長野マラソンとか。頑張って欲しいね。


折り返して次にすれ違ったのは石川。山本の2k後ろくらいを走ってました。
ただ、これはスタート位置の差。山本はロスが2分で、石川は10分。

つまりは、ほぼ同じタイムで中間点まできた事になります(正確には山本が1分リード)。

石川自身も、ある程度の余裕を持って走っていて、4時間は切れるんじゃないかと思ったらしい。
が、それも束の間、23k地点でマラソンが牙をむき始める。

右膝を痛め、動きが止まってしまいました。
そこからは足を引きずりながらのラン。

救護の人には心配され、リタイアも勧められたとか。

途中、同じく足を引きづりながら走っているオジさんと声を掛け合ったりと、いいエピソードもあったみたいです。
迫り来る回収車に怯えながらも頑張り抜き、見事完走

IMG_14035時間34分59秒でフィニッシュ。
前半のハーフが1時間53分24秒に対し、後半のハーフが3時間41分35秒。これが全てを物語ってますね。
「完全にマラソンを舐めていたよ」と漏らしてました。


ただ、明らかに練習不足で膝をいためただけなんで、練習さえすればタイムは一気に出ますね。


折り返しで最後にすれ違ったのは青木。

山本、石川とはかなり差を開けられ後方から追ってました。
意図的なのか1k・7分くらいのゆったりとしたペースで序盤は推移。

それでもランナーを抜けるそうで、気分よく走っていたとか。
前半のハーフは2時間16分41秒。山本、石川とは20分の差。

と、26k地点で見慣れた後ろ姿を。
…石川です。

少し会話をし、抜き去りました。

後半はトイレに並んだり、給食ポイントでアンパンやお汁粉を食べたりと、それなりに満喫した模様。ここを頑張ればもっとタイムは出ると思うんだが。。

IMG_1402でも、さすがは3度目のマラソン。
後半のハーフは2時間55分14秒と何とかまとめきり、5時間11分55秒でフィニッシュ。

東京マラソンより10秒ちょい遅いタイム。
惜しいね。次は4時間台でいけるでしょう。



IMG_1404初の4人での参加。やっぱり大勢の方が楽しいです。

走り終わった後の写真。元気は消えてるかもだけど充実感はにじみ出てるよね。
また、みんなでマラソン走りましょう。


お疲れさまでした。

flamevein0106 at 01:25│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔