2011年02月28日

東京マラソン2011

心配していた天候も崩れず、むしろ絶好のコンディション。
実は、今回で10回目のマラソン。そんな舞台が東京マラソンだなんて贅沢だね。

本来は別府大分毎日マラソン(別大)を本気で走って、東京は楽しむつもりでした。
ただ、故障などあり、別大が練習の一環で東京を本命に。

完璧に練習をこなして来たと言う気持ちもなかったので、プレッシャーもなく前日は割と寝れたかな。

別大のタイムを考慮して、今回の目標は3時間1桁。


40分くらい前から整列。
スタート位置から15m後方くらいと、かなり前。
スターターの石原慎太郎もバッチリ見えたし、盛り上がりは最高潮。
9時10分、いざスタート!


スタート位置を越えるまでは27秒。まぁ、しょうがない。
入りの1kは5分15秒。ロスを除けば4分48秒。
もうちょい速めに入りたかったのが本音だけど、アップもしていないので丁度いいのか。

次の1kが4分11秒。ここでリズムを整えます。

3k過ぎたくらいか、沿道から声が。
山本と西村。

意外なところにいたね。よくもまぁ、あの混雑の中から見つけたなと。嬉しいもんです。

そして前方に集団。そこには風船を付けたランナーが5人。
3時間のペースランナー。

今の状態ではサブスリーは厳しいにしろ、付くしかないでしょう。

そのまま5kを通過。21分58秒。ロスを抜けば21分31秒。
まぁ、サブスリーペースよりは遅れてるけど、スタートの混雑を考えれば丁度いいペース。

8k過ぎくらいか。皇居を抜け日比谷通りに差し掛かる下りのところで少しキツくなってペースランナーから2、3m遅れます。
練習不足の影響でしょう。。

ただ、徐々にリズムを整え直し、再び集団へ。
この辺は冷静に対処出来てます。普段、1人で練習している強み。

10k通過が42分47秒。この5kが20分49秒。
下りが多かった事もあるけど、確実にノッてきた。

田町前で第一京浜へ。
会社もある通りだし、庭みたいなもの。どこでビル風が吹くかまでも把握してるし、そう言った意味で安心感。

14k手前くらいか。逆側の道路に大集団。
その真ん中に猫ひろし。

この時点で5分くらいの差。半端ねぇー。

品川駅の手前が15k。1時間3分46秒で通過。この5kは20分59秒。
ちょうどサブスリーペースに。

ここまでペースランナーの後ろをずっと走っていたけど、給水のタイミングで前へ。
まぁ、1人旅ではないけど、集団の方が楽だからもったいなかったか。ただ、集団も走りにくくはあるんだけど。。

20kは1時間24分59秒。この5kは21分13秒。
少し落ち気味だけど、へばった訳ではなし。

中間地点が1時間29分40秒台。
別大が1時間29分25秒だったんで、やや遅め。
そして別大はこの後に、がくっときたから多少の不安も。


ただ、22k地点に別大にはなかった救世主が。
バナナです。
「負けないで」を聞かされながら育ったと言うバナナ。ただのバナナではありません。

しっかり補給し、25k地点を1時間45分57秒で通過。この5kは20分58秒。ラップが上がってます。

いつ疲労がくるのかと言う不安はあるものの、違った感覚も。
まだ、体が楽。

この辺は、ずっとペースランナーの後ろ。無駄な体力は使えません。
ペースランナーと走っていると、かなりの歓声。
よくかけられた言葉が
「サブスリー頑張れ!」

当たり前と言えば当たり前の言葉だけど、おじいちゃんから若い女の人までこの言葉を。サブスリーなんて知ってるんだね。


28kが雷門前。
凄い人。そして、その前を曲がるとスカイツリー。その横にはアサヒビールの本社ビル。なかなかの絶景。

30k通過が2時間06分57秒。この5kは21分ちょうど。


32kを越えた時にラスト10kだと意識。
ただ、タイムは計算しないように。意識するとやっぱり動かなくなるし、楽しようとしちゃうんで。


35k手前で脇腹に痛みが。
内蔵から疲労が出て来たんでしょう。。
そして集団からポロリ。。
どっちにしろ、最大の難関・佃大橋では遅れると思っていたけど、その手前での遅れは痛い。

35kの通過は2時間28分02秒。この5kは21分05秒。
集団からは落ちたけど、ビックリするくらい粘れてます。
ここまでこのタイムで押せるとは正直、思っていなかった。


そして佃大橋。
ここにきてのアップダウンは、ホント鬼。

34kから35kの1kが4分13秒だったのに、35kから36kは4分29秒。
上りをこのタイムで乗り切ったと捉えれば評価出来るけど、平坦になった次の1kも4分28秒。

確実に脚にきた。。

下りに差し掛かった次の1kは4分20秒。
ん!?時計を2度見しちゃった。

下りとは言え、しっかりとペースアップ。
今日1日の走りは、ここに詰まってます。

この時に、再び山本・西村の応援。1番辛いところでホントありがたいね。

キツい38、39kも4分25秒、4分28秒で耐える。
40kの通過が2時間50分15秒。この5kは22分13秒。

別大はここが、28分45秒。雲泥の差。
残り2.195kを9分45秒ならサブスリー。最後には上りもあるし、ギリギリのところ。


沿道からは様々なメッセージ。
「これからの15分の苦しみは、人生の中では短いよ」
「ここで頑張らなきゃ意味ないじゃん」

全てが自然と体に入ってくる。
もう、脚はボロボロでもペースは上がる。
苦しくてしょうがないけど、ノッてきた。不思議な感覚。

ビックサイトの入り口に差し掛かり、最後の直線。
ゴールまではあと250m。

ちょうど会場に設置されたタイマーは2時間59分00秒を。
ここでサブスリーを確信。

Unknown-1ラスト200mは全力。今年も青木は発見出来ず。。
10回目のマラソンにして、初めてゴールの瞬間にガッツポーズ。

タイムは2時間59分49秒。ロスを除けば2時間59分22秒。
今回ばかりは、まさかのサブスリー。


ここ2大会、後半に撃沈するレースをしていて、サブスリーと言うものが何か遠いものになっていたから素直に嬉しかった。

CIMG0072ホント、会心のレース。
3週間前の別大が良い練習になったのかも知れないけど、物凄い応援、温かすぎるボランティアの人達。全てが重なった結果でしょう。

最高に3時間楽しかったし、最高にビールも美味しかった。
ちょっと、これに勝る至福の瞬間は他に思いつかないな。

5k21分58秒
10k20分49秒
15k20分59秒
20k21分13秒
25k20分58秒
30k21分00秒
35k21分05秒
40k22分13秒
42.195k9分34秒
2時間59分49秒


そして最大の注目!?川辺の走り。
前半は6分ちょっとのペースを刻む。中間地点は2時間30分を切るペース。これなら5時間30分くらいも!って思ったが。。

急に、ラップが更新されなくなる。
しばらくして表示されたラップ。5kが50分オーバー。

これがマラソン。
次の5kも55分。ついには1時間5分。

救護室でマッサージまで受けたらしい。
ただ、35kから40kで49分台までラップを戻したのは意地。

ヘキサゴン軍団には負けたけど、6時間33分37秒でフィニッシュ。
ロスを除けば6時間20分12秒。

何よりもマラソンを走りきったのは立派。
お疲れさま。

CIMG0076さて、今シーズンのレースが全て終了しました。
1年間頑張って来て体は少し限界。3月はちょっと走るのを休みます。
まぁ、自分へのご褒美っす。

応援ありがと!!


2名とも左ゲートでゴールしてます。
ゴールシーン

flamevein0106 at 22:15│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔