2005年06月03日

ぼくにとってのFBC

こんにちは。みさなさん。たけおです。
 
ぼくにとってのFBCは、とってもだいじなばしょです。
 
ぼくが、もっともっと「たけお」であるにかかせない、だいじなばしょです。
 
 
 
FBCのみんなみたいにちっちゃいころは、
 
みんなとおなじように、あっちにいったり、こっちにいったり。
 
たのしいいことをどんどんつかんでた。
 
 
 
 
でもとしをとるにつれて、
 
「けど」がおおくなって、てをひっこめることがおおくなった。
 
「これをしたいけど・・でもなあ・・」
 
「ああいいたいけど・・いやあ、やめておいたほうが・・」
 
 
 
 
そして、まわりのひとをよくきにするようになった。
 
まわりをきづかえることが、おとなになるということみたいだった。
 
 
 
ぼくはとくいになって、どんどんおとなになろうとした。
 
 
 
でも、ふっときづいた。
 
「あれ、『したいこと』あるのに、『しなきゃいけないこと』ばっかだ。」
 
 
 
しなきゃいけいことは、だれかができるけど、
 
したいことって、ぼく、たけお、しかできなんじゃないかな。
 
それが、ぼくがぼくってことだよね。
 
 
 
なやんで、むずかいしいかおをして、だまっているぼくは
 
あまりすきじゃない。それがおとなというひともいるけど、
 
そんなおとなはつまらなそう。
 
 
 
じぶんの「〜したい」にすなおなじぶんが、ぼくはすきだ。
 
そんなぼくがめいっぱいてをひろげられる、FBCはそんなばしょ。
 
もっともっと、のびをして、うーんとのびをして、あーきもちいい。
 
そんなばしょ。
 
 
 
ぼくがうれしくてたまらないくらい、すきなことをしているとき、
 
かなしむひとはいない。
 
かなしいのは、ぼくが、ぼくらしいことを
 
まわりがやめさせようとすること。
 
 
 
でも、もっともっとぼくがじぶんをすきで、もっともっとすなおになれたら、
 
まわりのひともそんなことしなくなる。
 
まわりのひとも、かなしくなって、きづく。
 
「わたしはわたしがきらいなんだ・・」って。
 
 
 
そんでもって、もっともっともっとじぶんがすきで、
 
もっともっともおっとすなおになれたら、
 
まわりのひとも、えがおになってこうおもうとおもう。
 
「ぼくはもっとぼくらしくなりたい!」
 
 
 
は〜、あしたははやおきできるかな?
 
 
たけお
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


Posted by flashbasketballclub at 13:13│Comments(3)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/flashbasketballclub/24037010
この記事へのコメント
たけおさん、ブログ&FBCお疲れ様です!

たけおさんのポエムのようなブログを読んで、うちもいろいろ考えました。

知っての通り、うちは自分の事が嫌いなので自分の事が好きな人の事を見てある意味、羨ましさを感じます。

でも、FBCに行くとそんなこと忘れちゃうんですよね。うちの場合。

幼稚園児・小学生をはじめ、最近は中学生にも癒されてます。

自分探し頑張らないと。

これからも、のびのびやりましょうね♪
Posted by きゃっしー at 2005年06月04日 17:38

たけおー。いつもありがとな。
たけおのブログみたよ。なんか、たけおらしいな。
感動した。

たけおからみたFBCの大切さ。俺もほんま勉強さしてもらった。FBCは今の日本の全ての子供達、ほんで大人のものやと思ってる。一人でも多くの子供に夢や希望をもって生きていってほしいし、一人でも多くの大人にFBCの子供達をみて、俺達大人が次世代に何を残していってやれるのか感じていってほしい。そんなきっかけにFBCがなれたら最高やなって思う。

たけをはそれをほんまに感じてくれてるし、FBCと共にたけお自身もまた成長してくれてるんやなって思う。

これからもFBCをよろしくな。

ほんで、この場を借りて、このブログをたちあげてくれたミチオをはじめ、FBCの皆心からありがとう。
これからも、皆にとって何かそれぞれの人生のきっかけになるような、そんなFBCに皆でつくっていきたいなと思ってます。

Wピース!

モリ
Posted by MORI at 2005年06月10日 12:49
たけおです。

きゃっしー、森下さん、コメントどうもっす。
みっちーの今回のブログにもあるみたいに、
すっごく特別な場所なんですよね、FBC。

今日、会社に大ちゃん(林くん)が来てて、
実はわたし、入会して1年たってることが判明。
びっくりデス。

FBCに関わっていること、とてもうれしく思ってます。子どもたち、保護者の皆様、スタッフ、それぞれから、この温かい振動が広がっていくことを願っています。

子どもたちにとって、そしてわれわれおとなにとっても、大切な場所。
ひとりでも多くの人が、ありのままの自分を好きになれる、そんな世界に向けて、FBC進んでいきましょう。
Posted by たけお at 2005年06月13日 20:53