2013年10月11日

■3.Klassischesイベントレポート [二日目:VINTAGE VWカーショー編]

1010pお待たせ致しました!3.Klassisches VW Treffenイベントレポート第三弾は、いよいよ二日目のメインイベント「VINTAGE VWカーショー」の全貌をご紹介致します!!
日中は半袖で過ごせる程の暖かい日差しが降り注ぎ、青い空、白い雲、そして芝生の緑と、大自然の鮮やかなコントラストに囲まれた最高のロケーションの中、VINTAGE VWカーショーが開催されました!!


ot01bd02

0t02カーショー会場ゲートオープン2時間前の午前7時、空は厚い雲に覆われ残念ながら朝焼けの富士山を見る事は出来ませんでしたが、時おり日差しも差し込み、快晴を予感させる幕開けとなりました。そして、夜露に濡れたVWが朝焼けの光に照らされてキラキラと輝く幻想的な光景の中、一足先に会場入りしたオーナー様達は到着すると早速愛車のクリーン、ディスプレイの準備を始めました!!

ot07そして、午前9時の開場とともに、一般入場受付ゲートにも続々と来場者が並び、会場はあっと言う間にギャラリーの熱気で包まれました。
皆、会場に並んだVINTAGE VWに感激しながらじっくりと撮影したり、お目当てのスワップミートに詰めかけたり、イベント限定グッズをお買い上げいただいたりと、会場全体のボルテージが高まっていく中、午前10時、1台のVWのエンジン始動を合図に「VINTAGE VWパレードラン」がスタートし(パレードランの様子はこちら)、ギャラリーからの大きな歓声の中、VINTAGE VW達は会場外を一周して再び入場し、年式モデル順に整列していきました。

今回のカーショーエリアでは、前列よりTYPE-1 SPLITモデル、2,3列目にOVALモデル、4列目にシングルナンバーのPORSCHE 356やTYPE-1 SQUAREモデル、Karmann Ghia、TYPE-2と年式/モデル順に整列され、更に、左手側にはシングルナンバーVWを一列にレイアウト致しました!
1010t1010s

1010k1010v

1010d1010j

oy08ot03

bd10ot04

in01in03
SPLITエリアには、ミリタリータンク(何と1945年製!)がディスプレイされた1942 Typ92 Kdfモデルを先頭に、VW純正色パステルグリーン(L11)のSPLITモデルが3台、3回連続エントリーいただいている1950 TYPE-1 STDモデル、そして、当社コレクションカーの1949 Hebmullerが2台、1950 TYPE-1 Convertibleと、計7台が並んでヴィンテージムードを演出し、VWファンを魅了しました。

1010x1010w

1010a1010c

1010r1010u

1010e1010f

bd04in06
続いてOVALエリアには、Convertible 3台を含む'50s VW計13台が並び、美しい曲線を描くOVALリアウィンドーが並んだ光景や、ホワイトリボンバイアスタイヤに2トーンカラーのストックホイールが幾重にも並んだ光景など、まさに当イベントの魅力が存分に味わえるエリアです。ちなみに、今回は1956年モデルが7台もエントリーいただきました。同年式同色モデルにも関わらず、それぞれに個性が感じられるのは空冷VWならではの魅力ですね!!

1010h1010q

1010y1010z

bd01ot05
そして、最後列には、毎回親子でエントリーいただいていますAgave Green(L240)の1958 TYPE-1、前回のFLAT4 AWARDを受賞した1956 Karmann Ghia Coupe、そしてWestfaliaスタイルサンキャノピーを装着しカモフラージュ柄のグラフィックペイントが施された1955 TYPE-2 Kombi、三回連続エントリーいただいています1956 TYPE-2 Kombi、初エントリーのSealing Wax Red(L53)ワントーンカラーの1958 TYPE-2 PanelVanが並びました。
1010za1010zb

1010zc1010l
更に!今回新カテゴリーとして登場しました「シングルナンバーエリア」には、1952年モデルから1967年モデルまで11台のエントリーをいただき、年式順に一同に並んだ光景は圧巻でした!他のVINTAGE VWとはまた違ったこだわりやヒストリーが詰まっていて、とても興味深いエリアでした。

また、各ショーカーVW達のエンジンルームも見応え十分のハイレベルな仕上がりでした。
eg01eg02

eg03eg04

eg05eg06

eg07配線類を綺麗にまとめたりオリジナルに合わせたファクトリーデカールを貼ったりと、基本的なディテールアップから、FRAMオイルフィルターやOKRASAデュアルキャブレター、010ディストリビューターなど、時代考証を考慮しVINTAGE VWスタンドエンジンにマッチしたチューニングまで、いづれもショー(SHOW)に対する高い意識が感じられ、とても参考になるエンジンルームでした。

それでは、最後にエントリーいただいたオーナー様とショーカーVWとのツーショット写真を年式モデル順にご紹介致します!

〜1942〜1952 VW TYPE-1 SPLIT〜
os01os02

os03os04

os05

〜1953〜1957 VW TYPE-1 OVAL〜
oo02oo10

oo03oo14

oo01oo05

oo06oo07

oo08oo09

oo12oo04

oo13

〜1958〜1959 VW TYPE-1 SQUARE〜
oq01

〜1955〜1958 VW TYPE-2〜
o203o202

o201

〜1956〜1959 Karmann Ghia〜
ok01

〜シングルナンバー〜
ol01ol02

ol07ol03

ol10ol08

ol04ol05

ol09

ol06ol00

多数のエントリーをいただき本当に有り難うございました!!

10月8日レポート更新・・・■3.Klassischesイベントレポート [二日目:VINTAGE VWパレードラン編]
10月7日レポート更新・・・■3.Klassischesイベントレポート [初日]
10月6日レポート更新・・・■3.Klassisches VW Treffen In Japanイベント無事終了致しました!