[HOME]

2016年03月07日

■FLAT4 VWクイズ「No.097正解発表」

0307aFLAT4 VWクイズNo.097の正解は、「VW純正サイドブレーキレバーASSY T-1 '65-ON(DR-354)」でした!
今回はちょっと難しい問題でしたが、回答者14名のうち12名の方が正解となりました。おめでとうございます!
正解された方には後ほどクーポン付きメールをお送り致しますので、ご注文の際、メールに記載されています「クーポンコード」を忘れずにお知らせ下さい!


TYPE-1のサイドブレーキレバーは年式によって3種類に分かれます。中でもリプレイスメントで入手出来る'56年モデル以降において、その大きな違いが、今回出題しました『サイドブレーキケーブルの固定部分』です。
0306aご覧の通り、'56-1/'65年モデル用(DR-355A)は、レバー自体にケーブルエンドを固定するフックが付いているのに対し、2/'65-ON用(DR-354)は、今回の出題フォトにもなったレバー本体にピンが立っており、サイドブレーキホールドイコライザープレート(DR-353)を介して、サイドブレーキケーブルを固定する様になっています。

0306b0307d
単に、固定方法が変わっただけの様に感じますが、実はこの「サイドブレーキホールドイコライザープレート(DR-353)」が備わる事によって、レバーを引いた際に左右ケーブルのテンションがバランス良く引っ張られるため、左右のリアブレーキが均等にホールドされるという、非常に画期的なアップデートがされているのです。
ちなみに、1/'65年モデルまでの「レバー本体に直接ケーブルが固定されている」場合ですと、万が一左右どちらかのケーブルのテンションが弱っていても、レバーを引いただけではその症状を把握する事は困難であり、サイドブレーキレバーを引いても実際には片方のブレーキの効きが弱いため、例えば坂道駐車時に勝手に動いてしまう、といったトラブルの原因となってしまいます。

0307jそして、そのサイドブレーキケーブルの調整方法ですが、まずリアタイヤをフリーの状態になるようリフトアップし、サイドブレーキレバーを下げた状態で左右のアジャストナットを緩めます。(事前にフットブレーキでのブレーキ調整をしっかりと行って下さい。)
次に、サイドブレーキレバーを2ノッチ上げ、リアタイヤが軽く手で回せる程度に左右それぞれのアジャストナットを締め込みます。
更に、サイドブレーキレバーを2ノッチ上げ(計4ノッチ)、今度は手でタイヤが回せない位まで左右それぞれのアジャストナットを締め込み、最後にロックナットで固定します。ロックナットで固定する際は、サイドブレーキケーブルの先端にはマイナス切り欠きが入っておりますので、必ずマイナスドライバー等でケーブルが一緒に回らない様、慎重に作業を行います。

いざという時にしっかりとサイドブレーキが効いていないと、事故やトラブルの原因となりますので、しっかりとメンテナンスを行って下さい。

VW純正サイドブレーキレバーASSY T-1/K.G. '56-1/'65(DR-355A)
 定価6,800円(税抜き)
VW純正サイドブレーキレバーASSY T-1/K.G. 2/'65-ON(DR-354)
 定価7,600円(税抜き)
GERMANサイドブレーキケーブル イコライザープレート T-1/K.G. 2/'65-'79(DR-353)
 定価900円(税抜き)

なお、このサイドブレーキケーブルホールドイコライザープレートが備わる事によって、サイドブレーキブーツの形状も異なります。現車をご確認いただき、サイドブレーキレバーの仕様に合ったブーツを併せてご使用下さい。
0306c0306d
ストック サイドブレーキブーツT-1/K.G. '56-'1/65(DR-359)
 定価3,400円(税抜き)

0307c0307b
VW純正サイドブレーキブーツ T-1/K.G. 2/'65-ON(DR-360)
 定価3,800円(税抜き)

0307k更に、ワンランク上のインテリア仕上げとして、当社では、'62-'63年及び'65年 TYPE-1 DXモデルのサイドブレーキやシフターシャフトに採用されていた"アンスラサイト"(CC-021C)等の純正スタイルカラースプレーもご用意しておりますので、是非ディテール等にもこだわってペイントし、オリジナルスタイルへと仕上げて下さい!

次回VWクイズNo.098出題日は【2016年3月19日(土)】です。
皆様からのチャレンジをお待ちしております!
See you on Next FLAT4 VW QUIZ!!

flat4_vw at 12:00│clip!FLAT4 VWクイズ