[HOME]

2016年03月10日

■L-469 Anthracite

0310a大好評のFLAT4 VW純正スタイルカラースプレー は、ラインナップも増えて現在8色を取り揃えております。今回はその中からアンスラサイト(L-469)にスポットを当てたいと思います。


0310f0310e

0310g0310i
そもそもアンスラサイトとは”無煙炭”という意味で、最も炭化度の進んだ石炭の事を表します。アメリカの石炭地帯で多く埋蔵されており、日本でも少量ですが産出され、家庭用練炭の原料等に用いられています。その色はグレーに近く、空冷VWの純正色のネーミングとしてTYPE-1やTYPE-3、K.GHIA等のボディカラーとしてラインナップされていました。


0310b0310c
そのアンスラサイトは、インテリアパーツのカラーとしてもVW純正採用されており、TYPE-1 ’62-’63年式と’65年式のサイドブレーキレバー&シフトレバーシャフトのカラーリングとなります。VW純正スタイルカラースプレーのアンスラサイト(CC-021C)は、VW純正のオリジナルカラーを忠実に再現しており、オリジナルをキープしたFOR SALE CARの’65年式 TYPE-1 SEDANのインテリアと比較してみてもその再現性の高さがお分かり頂けると思います。シフトレバーブーツも本来アンスラサイトとなるのですが、FLAT4では何とVW純正N.O.S.にてラインナップしております(IN-252A)ので、該当する年式の方は入手しておきましょう。

しかし‘60年代迄のVWでよく見られるのが、サイドブレーキレバー&シフトレバーシャフトが汎用のアイボリーでペイントされてしまっている車輌。インテリアパーツを奇麗にするのは良いですが、何でもかんでもアイボリーでペイントしてしまうのはナンセンスです。


0310d0310h
そして、先ほどの年式表記で’64年式が抜けているのに気づかれましたでしょうか? 実は、’64年式のサイドブレーキレバー&シフトレバーシャフトのVW純正色はアンスラサイトではなく、グレーブラック(L-43)となるのです。そして’66年式以降もまたグレーブラックとなります。つまり、’62-’63年式=アンスラサイト、’64年式=グレーブラック、’65年式=アンスラサイト、’66年式以降=グレーブラックとめまぐるしく変わって行く事になり、なぜそうなったのか興味深いですね。

ちゃんと年式に合ったカラーリングを調べ、VW純正スタイルカラースプレーを使って仕上げればとても良い雰囲気で仕上がります。

ストックホイールに関しても同様で、例えば2トーンの場合、単純にリムをボディカラー&ハブをブラックにペイントされている車輌が多いですが、それでは少し勿体なく感じます。
そこはやはりこだわって、ストックホイールのVW純正色であるブルーホワイト(CC-021F)やロータスホワイト(CC-021E)、クロームカラー(CC-021A)が用意されたVW純正スタイルカラースプレーを使用して仕上げれば、格段に雰囲気が良くなります。

FLAT4 VW純正スタイルカラースプレーは、今回ご紹介したグレーブラック等、今後もニューカラーを増やして行きます。もしかしたら愛車のVW純正色もラインナップされるかもしれませんので、是非お楽しみに!

●FLAT4 VW純正スタイルカラースプレーのラインナップはコチラ

flat4_vw at 17:27│clip!注目のVWアイテム