2017年07月31日

■HOW TO INSTALL LED HEAD LIGHT KIT!!

0731aヘッドライトを明るくしたいという空冷VWやPORSCHE 356オーナーのご要望にお応えして新たに始めたLEDヘッドライトKIT。お陰様で大好評で、早くも沢山の方々にお買い上げ頂いております! そこで今回、取り付け方法(至って簡単です!)をご紹介します!!


0731s0731j
とその前に、LEDヘッドライトとはどんな特徴があるのでしょうか? 空冷VWやPORSCHE 356のヘッドライトには一般的にハロゲンバルブ(タングステンバルブ含む)もしくはシールドビームが使用されています。ハロゲンバルブは電球内部にガスが封入され、フィラメントに通電し白熱させる事で発光する仕組みで、暖かみのある色味がVINTAGEカーらしい印象です。シールドビームよりは明るいですが消費電力(空冷VWやPORSCHE 356の場合ロービームで55W)が多く、寿命も約3年(1,000時間)と長くはありません。

一方のLEDは、発光ダイオードを使用した発光の仕組みで、球切れの心配もなく寿命は約15年。更に消費電力も22Wとハロゲンバルブよりも60%も抑えられます。そして何と言っても最大のメリットはその明るさ。光の明るさを表す単位であるlm(ルーメン)で言うと、ハロゲンバルブは約1000lmであるのに対し、LEDは2200〜2500lmと2倍以上の明るさを実現します! 更に、光の指向性が高い(横に逸れる光が少ない)ので効率よく一定の方向を照らすことが出来る、スイッチオンでの立ち上がりが早いといったメリットもあります。


0731t0731r
そんな良いことづくめのLEDが、なぜ今迄空冷VWやPORSCHE 356に普及しなかったのでしょうか? 原因はたくさんありますが、まずはそのプライス。LEDは半導体で出来ているのでハロゲンバルブよりも生産コストがかかる為、以前は価格が十万円近くもしました。また、メーカーによってクォリティーにもばらつきがあり、ハロゲンよりも暗いものも。更に、青白い光のLEDしかなかったので、空冷VWやPORSCHE 356の雰囲気を崩してしまうというのも、こだわりのオーナーには抵抗がありました。また、LEDは放熱を高める為に後ろ側に電動ファンや大掛かりな空冷フィンがあったり、ヘッドライトバケットには干渉してしまう為加工しなければならないのも、敬遠される理由でした。

そういった壁をひとつひとつ解決し、リーズナブルでハイクォリティー、ヘッドライトバケットに収まるコンパクトさ、そしてハロゲンバルブの様な暖かみのある色味を再現した電球色タイプもラインナップしたのが、FLAT4が新たに取り扱いを始めたLEDヘッドライトKITなのです。


0731b0731c
前置きが長くなりましたが、作業を進めて行きましょう。今回作業を行ったのは’77年式 TYPE-1 YANASEディーラー車。元々3ポイントのバルブタイプのヘッドライトとなっていたので、そのまま作業出来ましたが、シールドビーム仕様の場合はWIPACハロゲンヘッドライトSET(EC-254)への交換が必要です。

ではまず、ヘッドライトリム、ハウジングをフェンダーから外し、配線のカプラーも抜きます。スモールバルブの配線がある場合は併せて外します。


0731d0731e
ヘッドライトASSYが外れたら、裏側の防水カバーとハロゲンバルブを外します。続いて、LEDバルブの3ポイントの台座を外します(回してから上に引き抜く)。


0731f0731g
外したLEDの台座をヘッドライト側に取り付け(3ポイントの位置が決まっています)、防水カバーを被せます。カバーの穴がハロゲンバルブ用に平端子の部分だけ開いているタイプの場合は、LEDバルブが入る様にカッター等で穴を広げて下さい。カバーを被せたら、LEDバルブを台座に差し込み、回してしっかりと固定します。


0731h0731i
LEDバルブから出ている配線カプラーを、ボディから出ているカプラーと接続します。後はスモールバルブの配線も接続し、元の通りにヘッドライトASSYを組み付け、点灯チェック、光軸調整を行い完了です。


0731n0731m

0731o0731l

0731p0731k
実際にハロゲンバルブとLEDを比べてみると、その明るさの違いは一目瞭然。3000kの電球色タイプは非常に明るいながらも、色味はハロゲンバルブに近く、明るさとルックスのバランスが大きな魅力です。

5000kの昼白色タイプはLEDらしいシャープな色味で、明るさも抜群。クルマの見た目はクラシカルな空冷VWであるのに、ヘッドライトを点灯すれば現代車の様な圧倒的な明るさというギャップを味わいたい方は、5000kの昼白色タイプがおすすめです。


0731q0731u
実際にLEDを装着したオーナーからも、夜間走行時に断然見やすくなった、ヘッドライトONにしても電圧計の落ち込みが格段に少なくなった、ヘッドライトスイッチが熱くならなくなった等の声を頂いております。3000k、5000kいずれもハロゲンバルブに比べて格段に明るいにも関わらず、消費電力は僅か22W。長年の使用による配線やスイッチの劣化の為電気のロスが著しい空冷VWやPORSCHE 356こそ、LEDヘッドライトを装着する意味があるのです!

現代の最新技術により抜群の視認性や安全性を確保し、なおかつ省電力、そして取り付けも簡単と、様々なメリットを持ち合わせた最高のLEDヘッドライトKITを是非愛車に装着して、ナイトドライブを存分にお楽しみ下さい!!

EC-270B
LEDヘッドライト 3000k(電球色) 12V H4 3ポイントタイプ
本体価格(税抜き): 25,000 円

EC-270C
LEDヘッドライト 5000k(昼白色) 12V H4 3ポイントタイプ
本体価格(税抜き): 25,000 円

※LEDヘッドライトの特設ページはこちら

追記:LEDバルブはハロゲン以上に湿気や水分を嫌う為、シール類が劣化していると寿命を縮める原因となってしまいますので、インナー/アウターシールも併せて新品に交換しましょう! また、レンズの曇りも折角の明るさを半減させてしまいますので、曇っている場合はクリーンな新品にしなければ意味がありません。そして何より、LEDバルブによって今迄以上の明るさを手に入れたのに、リムが錆びていては台無しですので、美しいルックスをキープするステンレス製をチョイスして下さい!!

flat4_vw at 18:23注目のVWアイテム