2017年10月04日

■「5.Klassisches VW Treffen In Japan」 Vintage VW Car Show!

1004n「5.Klassisches VW Treffen In Japan」の最大の見せ場であるVintage Car Showの模様をお届けします!エントリー車両は過去最高の台数を記録し、美しい芝生は極上のVintage VWで埋め尽くされました!!


1004zt1004zs

1004zp1004zq

1004zr1004zo
メタセコイアの並木道迄のクルーズを終えたVWは、スタッフの誘導によってカーショー会場へのルートへと案内されます。既に会場入りしているVWを遠くに見ながら、ゆっくり坂道を下ると、そこは芝生が広がった広大なエリア!会場の入り口にはイベントのバナーが掲げられ、そこをくぐったら夢の世界の始まりです!!

1004zj1004zk

1004b1004n

1005c1005b
美しい芝生と周りを囲む森、遠くにそびえる山並み、そして吸い込まれる様な青い空。記念すべき第五回目の会場にこの場所を選んだのは間違いではありませんでした!そんな素晴らしいロケーションを最大限にいかすべく、1台1台の展示スペースを事前に計算し、余裕を持って整然と並べる事で、他のイベントにはない最高のカーショーエリアとなりました!

1004m1004y

1004g1004c
会場に入ってすぐに出迎えるのは、TYPE-1のスプリットウインドーのエリア。VINTAGE VWの中でも最も歴史が古く台数も少ないスプリットウインドーは、通常のイベントの場合は1台でもあれば驚いてしまうほどですが、「5.Klassisches VW Treffen In Japan」では何と8台がラインナップ!

1004a1004d
クロッチクーラーが備わる前の初期モデルや古ナンを掲げた車両、そして最後期モデルとなるZWITTER迄バリエーションも豊か。60年以上前に生産された事を忘れさせる程、いずれも徹底的にレストアされており、貴重なモデルを後世に残すべくオーナーの方々は日々大変な努力をされているからこそ、見る人を感動させるのでしょう。

1004zd1004zw
会場にいた方は「スプリットウインドーは7台しか見てないよ?」と思われるかもしれませんが、ちゃんともう1台ありました。それは、シャーシだけで展示されていた’48年式。「5.Klassisches VW Treffen In Japan」において最古の車両で、れっきとしたスプリットウインドーモデルです。今回の為に何とかシャーシの状態迄仕上げられた1台で、フロアーや足回り、トランスミッション迄恐ろしい程に美しくレストアされています。

1004zz1004zy

1004zx1004ze
よく見ると、ワイドなフロントアクスルビームやクランクレバータイプのリアショック、スモールタイプのローラーアクセルペダル、PORSCHE356の様なリアトランスミッションマウント等、見所もたくさん。シャーシだけの状態を見る事も少ないですが、それが’48年式となれば、海外のVWイベントでも滅多に見られない光景です。

1004w1004zzd

1004zzl1004zzf

1004e1004i

1004f1004zzk

1004zzc1004zg
スプリットウインドーの後ろに並ぶのは、オーバルウインドーからスクウェアウインドー。KDF時代からの名残で控えめなボディカラーが多かったスプリットウインドーに対し、オーバルウインドーからスクウェアウインドーはレッドやブルー、グリーン等の鮮やかなボディカラーが印象的。リアキャリアの装着率も高く、VINTAGEな自転車を積んでいたスタンダードモデルは雰囲気抜群。フロントフッドを開けてHAZETのツールボックスをアピールされていた車両も素敵でした。

1004l1004p

1004zzh1004f
その隣に並んでいたのは、オーバルウインドー時代のコンバーチブルで、何と全て’54年式!‘50年代のコンバーチブル自体が貴重ですが、エントリーされた4台全てが全て同じ年式というのは何と言う偶然でしょうか。しかしながら、ボディカラーやアクセサリー、仕上げのアプローチ等の違いによって個性が全て異なります。最高級モデルに相応しく、しっかりとクリーンされたホワイトウォールタイヤが好印象でした。

1004zh1004g

1004h1004i

1004v1004j
K.GHIAとTYPE-2のエリアでは、角テールやバーンドアモデルがズラリ!TYPE-1に比べて台数は少ないながらも、ハイレベルなレストアや美しいボディペイント等はTYPE-1にひけを取りません!ポスタルイエローのKOMBIはそのボディカラーでどこにいても目立っていました!!

1004k1004t

1004s1004l

1004m1004zzb
そして最後は、’67年式迄のVWとPORSCHE 356のシングルナンバーエリアで、ここだけでも14台ものラインナップとなりました!北は青森から南は高知、島根など、様々な地域のシングルナンバー車が並ぶ光景は圧巻です。当社小森も愛車の’64 PORSCHE 356SC”品5”でエントリーし、他のシングルナンバーオーナーとの語らいを楽しんでいました。

カーショーにはまだまだ魅力的なVWがたくさんエントリーされていましたが、ここでは全てをご紹介しきれませんので明日に続きます。

明日はアワードの他にエントリー全車&オーナーの方々、FLAT4コレクションカーご紹介をしたいと思いますので是非お楽しみに!

5.Klassisches VW Treffen In Japanイベントレポート
「5.Klassisches VW Treffen In Japan」The First Day! (10/2更新)
「5.Klassisches VW Treffen In Japan」"Vintage VW Cruise!" (10/3更新)
「5.Klassisches VW Treffen In Japan」"Award Car!!" (10/5更新)
「5.Klassisches VW Treffen In Japan」"FLAT4 Collection Car, Car Show Detail & etc..." (10/6更新)
「5.Klassisches VW Treffen In Japan」"Fotografie" (10/12更新)