2017年12月05日

■1969年式 TYPE-3 SQUARE BACK “AUTOMATIC”のディテール紹介!!

1205y現在FLAT4東京本社FOR SALE中の1969年式TYPE-3 SQUARE BACK “AUTOMATIC”は、VINTAGE CARとしての魅力と実用性を兼ね備えた1台。HPにアップして以来多くのお問い合わせを頂いておりますので、詳しいディテールをご紹介したいと思います。


1205w1205e
この車両の最大のアピールポイントは、何と言っても3速オートマチックトランスミッション。勿論クラッチペダルはありませんので、フロアーにはアクセル/ブレーキペダルのみとなります。

TYPE-1やK.GHIAにもスポルトマチックというセミオートマチックT/Mを搭載したモデルがありますが、クラッチ操作が不要なもののシフト操作はマニュアルT/Mと同様にドライバーが行わなければなりません。


1205r1205s
しかしTYPE-3に採用されたオートマチックT/Mはフルオートマチック仕様で、停止状態での発進から高速巡航迄、基本的に”3”のポジションでOK。現代車における”D(ドライブ)”が”3”のポジションとなり、トランスミッションが自動的に1速〜3速迄変速を行ってくれます。ちなみに、”2”や“1”はエンジンブレーキを効かせたい場合や急な坂道での発進の際に使用します。

リバース(バック)もシフトノブを引き上げてレバー”R”の位置に前後に移動するのみと、マニュアルT/MやスポルトマチックT/Mよりも至って簡単。勿論AT限定免許の方でも運転出来ますので、空冷VWに乗りたいけれどオートマチックT/M車があれば……とお考えだった方には最適です!


1205q1205o

1205t1205u
TYPE-3は補記類の高さを抑えた通称”パンケーキ”エンジンの採用により、TYPE-1に比べて広いリアラゲッジスペースが特長ですが、その中でもSQUARE BACKは乗車スペースとの仕切りのないステーションワゴンタイプである為、驚く程の広さとなっています。更に、リアシートのボトムを跳ね上げ、バックレストを前に倒すとフルフラットにする事も出来ます!


1205x1205j
そこで、リアシートが使用出来るノーマルの状態と、フルフラットの状態でそれぞれリアラゲッジスペースの奥行きを測ってみました。ノーマルの状態では110cmでこれでも十分なスペースですが、フルフラットの状態では168cm! スノーボードや短めのスキー等も載せられる程の広さで、アウトドアのキャンプ道具を積んだりと色々な使い方が出来ます!!


1205k1205g
また、高級モデルであるTYPE-3は、TYPE-1に比べて装備も豪華。ドアシルガードやポップアウトウインドーが標準で採用されていたり、ポップアウトウインドーのノブもクロームメッキ仕上げとなっています(TYPE-1のポップアウトウインドーラッチとはノブが逆さまに付いている様にも見えますがTYPE-3はこれがコレクトなノブの位置となります)。


1205l1205z
足廻りにおいても、TYPE-1はフロントのスプリングがトーションリーフ(板バネを重ねた物)であるのに対し、TYPE-3はトーションバー(ねじり棒)を採用しています。トーションリーフはどうしても衝撃や振動を吸収しきれずに乗り心地もあまり良くありませんが、トーションバーであればしなやかに路面の凹凸を吸収し、乗り心地も良くなります。

TYPE-3はリアの足廻りも’68年式からI.R.S.と呼ばれるダブルジョイント方式を採用し、それまでのスイングアクスル方式に比べて乗り心地が更に向上されました。


1205b1205a
そして、この個体ならではのオリジナル度の高さもポイントです。例えば、”SB12”のHELLA製インナーヘッドライトリム。先日のロクナナブログでもご紹介しましたが、TYPE-3の場合は年式を問わず使用されています。中には錆びてボロボロになって交換されている事もありますので、”SB12”が残っているのは貴重です。


1205i1205f
ウインドーグラスも、フロントを除く全てがVW純正オリジナル。SEKURITのロゴがしっかりと残っていて、グラス自体のスクラッチ等も少なくコンディション良好です。

フロントドアを開けて見られるBピラーの部分には、新車時にVWファクトリーで貼られた、ディーラーに向けたデカールも残されています。書かれている内容は「この車両の生産時に法律に基づいて正式な検査を受けた事を証明する」となっています。新車時から50年近く経った今も当時のデカールがこうして残っていると、車両のコンディションの良さを改めて実感させられます。


1205d1205h

1205n1205p
他にもまだまだ魅力的なディテールはたくさんありますが、ここでは説明しきれません。気になる方は是非FLAT4東京本社にお越し頂き、ご自身の目でそのクォリティーをご確認下さい!!


1205v1205c

1969年式TYPE-3 SQUARE BACK “AUTOMATIC”
車輌本体価格 2,780,000円(税抜き)
※詳細はこちら




flat4_vw at 18:41CARS FOR SALE