2018年07月09日

■The Classic 2018 WEEKENDレポート 第1弾 "D.K.P. Cruise Night編"

0707先日7/1(日)、U.S.カリフォルニアで『The Classic 2018』が開催され、今年も当社はブースを出店参加してきました!!
そこで、本日は、そのThe Classic 2018イベントレポートの第一弾として、まずは、6月29日(金)にカリフォリニアガーデングローブシティの"HISTORIC MAIN STREET"にて開催された『D.K.P.クルーズナイト』の様子をレポート致します!


0707e0707f

0707a0707h

0707c

0707d0707b

0707i0707l
会場となったHISTORIC MAIN STREETは、約400mほどに渡って整備された木々やアンティーク調な建物の飲食店等が並ぶメインストリートとなっており、この日は、ご覧の通り両サイドに200台を超える空冷VWがキレイに並べられ、空冷VWファンはもちろん、偶然通りかかった人々も足を止め、その珍しい光景に写真を撮影したりと楽しまれていました!

0707q0707p

0707o

0707x0707j

0707r0707v
FUCHSホイールの装着率は相変わらず高く、車両のイメージをグッと引き締めています。

0707w0707t

0707n

ロクナナ x BRMホイール x Tバーという組み合わせは、やはりCal-Lookスタイルの王道と言え、そんなVWが会場にも多く集まっていました。

0707u0707k
レーシーなWELD RACINGホイールを履いたCal Look TYPE-1もかなり格好良いです!(写真左)

0707zt0707zu

0707zx

そして、エンジンルームのアピールのため、デッキリッドをオープンしているVWも多く、FLAT4メッシュエアークリーナーやFLAT4 FRAMスタイルオイルフィルターを装着したVWも!どのエンジンルームからもオーナーのこだわりが伝わってきます。

0707zy0707zz

0707z0707za

0707zb0707zc

0707ze0707zf

0707zg

0707ab0707zd
会場に集まったVWは、クルーズイベントを主催するD.K.P.クラブメンバーのVWをはじめ、同じCal-Lookクラブの"DKK"や、ビンテージ志向のカークラブ"RVA"メンバーのVWなど、スタイルは違えど、どの車両もメンテナンスの行き届いた非常にクリーンな印象を受けました。

0707m0707y
また、会場には、Hot VWs編集長のシンノスケ氏の1958 TYPE-1(上写真左)や、YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOWにも来日経験のあるD.K.P.メンバー"Bill Schwimmer"氏の'59 TYPE-1 Coral Red(上写真右)など、空冷VW界でも有名なVWも参加されていました!

0707g0707aa
そして、イベントの途中では、D.K.P.メンバーが集まって今回のDKPアワード車の選定が行われ、今回は写真右のFUCHSホイールを装着した1967 TYPE-1が受賞となりました!

0707zi0707zj

0707zk0707zl
他にも、会場周辺のパーキングエリアをチェックしてみると、カリフォルニアならではのハイセンスなBAJA BAGも見られ、ホワイトボディのハイリフトされたBAJAには何とSUBARUエンジンが搭載されていました!

0707zp0707zo

0707zq

0707zr0707zs
また、今回集まったVWのエンジンルームを見てみると、日本と違ってターボエンジンを搭載したストリートカーが多く見られました!小排気量ながら圧倒的な加速性能を誇るターボエンジンは、空冷VWのスペックと相性も良く、音も静かなため、ロングドライブが主流のアメリカなどでは特に人気のチューニングメニューの様です。
実は当社でも、現在、ターボKITの取り扱いを検討しており、今回のアメリカ出張にて実際に試乗もしてきました!近日ご紹介致しますので、乞うご期待下さい!

0707acそして、今回も会場限定で販売されていた"DKP Cruise NightオリジナルTシャツ"を日本のVWファンの皆様のために限定入手致しましたので、ぜひお楽しみに!!
FLAT4店頭または、オンラインショップにて近日発売予定です!(サイズM/L/XL)

flat4_vw at 12:53海外VWイベント