2019年02月19日

■Cal Look VWs Showcase!!

2019sCal Look VWの新たなバイブルとして話題の雑誌、Street VWs特別編集 "The Complete Book of Cal Look"。今回のブログでは掲載されているCal Look VWとこだわりのパーツチョイスをご紹介します!


2019i2019j

2019a2019q
Cal Look VWのエクステリアイメージを左右するホイールにおいて、断トツの装着率を誇るのはやはりBRM。Cal Lookリバイバルの先駆けとなったBill Schwimmerの'59 Sunroof、Dave Masonの'62 Sedan、Dave Rhoadsの'64 Sedan、Dave Kanaseの'64 Sedan等はいずれもBRMを装着し、DKPカーといえばBRMホイールというイメージを根付かせたVWsです。

2019b2019w
1975年のhot VWs誌California Lookスペシャルで紹介され、近年レストアによって蘇ったMarc Buehlerの'51 SedanもBRMホイールを装着。モールレスのThe Look、ストックボディを生かしたModern Look、いずれのスタイルにもBRMホイールはファーストチョイスとして間違いありません。
EMPI/SPEEDWELL製のオリジナルBRMはSUPER HARD TO FINDですが、FLAT4 BRMであればいつでもGET出来ます。他メーカーからもBRMホイールのリプロダクションはリリースされていますが、極限までオリジナルディテールを忠実に再現しているのはFLAT4 BRMのみ。日本のCal Look VWシーンにおいても、格好良く決まったVWはどれもFLAT4 BRMを装着しています。

DR-704
FLAT4 BRMホイール ブラック 5LUG 15" X 5J


2019d2019r
BRMに次いで装着率が高く人気があるのがPORSCHE 911(FUCHS)ホイール。'70~'80年代を振り返る”BUG-IN Archives”でも多くの車両が装着している写真があり、BRMと肩を並べるホイールであった事が伺えます。
DKPメンバーであるGreg BringtonもPORSCHE 911(FUCHS)ホイールを長年愛用し、彼の'67 Sunroofにおけるアイデンティティのひとつとして認知されています。これらを見ても分かる通り、The LookやModern LookにおけるPORSCHE 911(FUCHS)ホイールはフルポリッシュ+ブラックペイントであるのがセオリー。BRM同様にオリジナルは入手困難ですが、FLAT4製であれば4.5J/5.5J/6J DEEPとサイズも豊富ですので、The LookやModern Lookを追求するのにおすすめです。

DR-674B
FLAT4 911スタイル ホイール フルポリッシュ+ブラックペイント
5LUG 4.5J X 15"

DR-675B
FLAT4 911スタイル ホイール フルポリッシュ+ブラックペイント
5LUG 5.5J X 15"

DR-675DB
FLAT4 911スタイル ホイール フルポリッシュ+ブラックペイント
5LUG 6J DEEP X 15"


2019e2019f
EMPI GTも'70年代当時人気のあったホイールで、現在ではEMPIスタイル5スポーク/8スポークホイールとしてリプロダクトされています。以前のリプロダクションはセンターキャップがはめ込み式でしたが、現在はオリジナル同様にビス留めのタイプとなってディテールアップされています。

BRMと並ぶ軽量マグネシウム合金ホイールであったのがAmerican Racing製Torq Thrust D。オリジナルはHARD TO FINDながら、現在は”トルクスターホイール”としてリプロダクションがリリースされていますので、気軽に当時の雰囲気を楽しむ事が出来ます。

DR-745/745A
EMPIスタイル 5スポークホイール 5LUG 15" X 5.5J

DR-742/742A
EMPIスタイル 8スポークホイール 4LUG 15" X 5.5J

DR-744
トルクスターホイール 5LUG 15" X 5J


2019h2019l

2019m2019p
エンジンパフォーマンスのアピールだけでなく、リア周りのルックスにも影響を与えるマフラーのチョイスもCal Lookにおいて重要な要素のひとつ。モールレス&ワンピースウインドーのThe Lookを追求したVWにはデュアルクワイエットマフラーが多く装着されています。
先述したDave Rhoadsの'64 Sedanと同じくDKPメンバーであるRick Sadlerの'67 Sedan、VVKメンバーであったRuss Welchの'52 Sedanは、デュアルクワイエットマフラーを装着したThe Look。モールを残したModern Lookがステンレス製A-1マフラー等がチョイスされるのに対し、ディクロームが基本となるThe Lookにはブラックのデュアルクワイエットマフラーが好まれます。

MF-002A
FLAT4 イグゾーストパイプ ブラック 1300cc-ON

MF-005A
FLAT4 レブマスターデュアルクワイエットマフラー ブラックオキサイド W/クロームティップス


2019o2019v
インテリアの雰囲気を決定付けるステアリングホイールは特にオーナーの好みで分かれるところですが、FLAT4 GTウッドの装着車両が多く見られます。定番の15”の雰囲気も良いですが、これからの装着をお考えの方にはNEWリリースとなる14”がおすすめ。ステンレス製スロットスポークや細身のマホガニーウッドグリップ等EMPI製オリジナルと見間違う程の完成度で、今後CAL LOOKインテリアには必須のステアリングホイールとなるはずです。

IN-179
FLAT4 GTウッドステアリングホイール 14“ φ380mm
※先行予約特別価格!! 10%OFFスペシャルキャンペーン中!!


2019u2019t
"The Complete Book of Cal Look"にはCal Lookと深い関係がある当時のオリジナルホイールをまとめた「Cal Look Wheel Guide」や、FLAT4で現在新品が入手出来るCal Lookアイテムを網羅した「Cal Look Parts Catalog」も掲載。「○○頁のVWが履いているホイールは何だろう?」、「このパーツが手に入るなら今度装着してみよう!」という様に、愛車をカスタムする上でのヒントや情報が凝縮されています。

"The Complete Book of Cal Look"はこれまでの曖昧なCal Lookの定義を見直し明確化した1冊です。自分のVWはCal Lookと呼べるのか? 今後の方向性は間違っていないか? という問いに対する答えが必ず見つかります。

既に入手されてページをパラパラと捲っただけでちゃんと読んでいない方は、もう一度じっくりと読んで見て下さい。編集者が一字一句魂を込めて綴った、Cal Lookに対する情熱がきっと伝わるはずです。
そしてまだ手にされていない方は、入手困難となる前に今すぐお求め下さい!

HO-104A
Street VWs特別編集 "The Complete Book of Cal Look"