2016年06月24日

CTを待つ間に水色を想う

昨日人生初のCTを受けました。

今まで悪い所は首から上ばかりで胃カメラしか恐ろしい検査はした事がなかったので、CTやMRIの大先輩のマスターから「どうもない〜」と聞いていたけど、ブルーの検査着に着替えて待つ間は不安になりました。


その時10年ほど前のある事件を思い出しました。


水色を毎年受けているワクチン注射に連れて行った時の事。

年に一回のこの予防接種、ノエルは余りにも暴れて捕まえられないので2年目にギブアップ。

水色はケージに入れられて行きは哀しい鳴き声を出していますが、帰りは安心してか大人しくしていました、その年までは。

何時もは私1人で行くのですが、その日は友妃がいたので2人で連れて行きました。

ワクチンから帰って来てホッとしたのもつかの間、水色が痙攣を起こしたのです。

急いで電話して、又連れて行き、記憶が定かではないけど、点滴をして貰ったと思います。

先生いわく「こんな例はこのクリニックを開いて初めて。それまでに勤めていたクリニックで一例あったくらいです」

それ以来予防接種はしていませんし、証明書無しでも、そのクリニックではお泊りさせて貰えるようになりました。

と言ってもまだお願いしたことはありませんが。

そこで思い当たる事がありました。

何時もは私1人なので、黙って水色を見ているのが、その日は病気で来ているのではないし、私と友妃は他の猫をケージ越しに見て、可愛いネ〜とか色々楽しそうに喋っていたのです。

水色はとてもデリケートな子なので、不安で仕方なかった所へ、私達だけキャーキャー楽しそうにしていて傷ついたのでは、と思いました。

例えばCTに友妃とマスターが付いてきていたとして友妃が「あの技師さん、かっこいいね〜」とか、マスターが「あの看護師さん可愛いネー」などと騒いでいたら、と思い、水色の気持ちがよーく解ったのでした。
image

image
image

image
という訳で、今日は水色の写真を沢山載せてみました。

flathome_mama at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

こんな物、あんな物〜〜Wish upon a star

image
これ、全部ジャガイモです。

義弟が私の実家の使っていなかった土地を畑にして急に野菜を作り始めました。

しょっちゅう手入れに行けないので、と言い訳しますが、とても良く出来ています。

黒いのが紫芋らしいです。

サツマイモのようなジャガイモをポテトサラダにしようとレンジしたら、余りにも美味しくてバターだけで頂きました。



そしてこれも頂き物。
image
星に願いをというあの緑寿庵清水の季節限定の金平糖。


先日のヴェートーベンライブで友妃のお友達が持って来てくれたので、お店に飾っています。

改めて短冊に書くとしたらどんな願い事を書くか考えています。

image
ホームページからの写真です。

この季節のちょっとした手土産に素敵です。

金平糖もとびっきりの美味しさでした。

flathome_mama at 01:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月22日

友妃の誕生日に〜竹の秋

今日は友妃の誕生日です。
予定日より2週間遅れ3400グラムありました。

昨日のブログに書いた今度伐る事になった実家の柿の木の側に池があり、そこにある離れに退院後1ヶ月いました。
image


子供を見守ることと読書しかせずに、池に降る雨音と柿の青い小さな実が池に落ちる音をずっと聴いていたような記憶しかありません。


私の義弟(妹の夫)が言うそうです。

地球上の生きている人皆が、子供の頃必ず誰かに危険なことがないよう見守って貰ったからいまがある、と。

改めて思うと凄い事です。

そんな事を思っていたら、今日の産経新聞に子供のために葉を落とすというタイトルの記事がありました。

最近俳句に興味を持ち始めたのに麦の秋が初夏の季語で竹の秋が晩春の季語という事を知りませんでした。

そもそもその様な季語がある事すら恥ずかしながら知らなかったのです。


秋になると木々の葉は枯れて落ちていきますが、竹の葉は筍が出る晩春に枯れていくので竹の秋が晩春の季語なのだそうです。

これから出てくる子供(筍)のため養分を与えて枯れるのですね。

ちなみに麦の秋は稲などは秋に実るけれど麦は今頃実るからだそうです。



突然ですが
image
猫は見ていた!

昨夜、妹の家で寝ているといつの間にか来ていました。
image


image
私のサンダルを離さないクルミ。ちなみに靴が好きなこの猫も妹家族が実家の駐車場で保護して高知市まで連れて行った猫です。



又、来月〜〜。

flathome_mama at 14:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月21日

手紙〜二つの薔薇

Yさんへ、
このバラと井戸のそばのバラは残して下さい。
image


実家の庭に残したメッセージです。

私は立ち会えないのですが、明日から実家の庭の大改革が始まります。

落ち葉が大変な木を思いきって伐ってもらい少しデザインもして頂く予定です。

image
二階よりも伸びてしまったイチョウ。

父が四万十川の上流の方に転勤していた時(50年位前)そこから持ち帰ってきて植えたもので今まで残していました。

image
金木犀は適当に伐っているので変な形ですが、これも伐ります。
妹の何かの記念らしいですが‥


image
藤に至っては藤棚が倒れた後何もせず、強い植物なのでいろんな場所に伸びていくのでこれも。

image
ずっとゴムの木だと思っていたら泰山木。

大きな花が咲いて綺麗だけど落ち葉が大変。
image
労多くして益少なし‥

何よりもさみしいのは柿の木です。
image
この木は池の側にあり夏そこはとても涼しかったのです。

曽祖母も祖母も父母も三代続けて干し柿を作ってくれました。

それでも花も葉も実も落ちて大変なので、それとやはり二階より大きくなり家の為にも良くないので伐る事にしました。

でもでも、絶対残して欲しいのが手紙に書いたバラです。

image
他の木と混ざりわけがわからなくなっていますが、このバラは父が戦友から貰った薔薇なのです。

その方も無事に戦地から日本に帰られて長く交流があったようですが、随分前にお亡くなりになりました。

戦友の薔薇と題して高知新聞に投稿していた思い出の薔薇なのです。

そして、もう一つ井戸の側に咲く薔薇は私の中学時代からあった思い出の薔薇。

毎年5月に咲き中間試験が終わる朝にその薔薇を観ると「あ〜〜、今日で終わり〜〜」と思ったものでした。

二つの薔薇の重みは全然ちがいますが私にとっては絶対残して欲しい花なのです。


flathome_mama at 18:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月19日

父の日に

昨夜、2時頃帰ったら娘が部屋から出てきました。

「寝てたけどノエルに起されて〜〜」
image


友妃いわく、普段は起さないノエルが「寝ちゃダメ、お父さんが帰って来るまで」とでも言うように、側でグルングルン喉を鳴らしていたんだそう。


せっかくノエルが起こしてくれたので、父の日のプレゼントを渡しました。
image
ビルケンシュトックのサンダルです。


夏は毎日履くので去年のはこの通り
image
どうして内側がこんなに減るのでしょう?靴もしかり、です。( ; ; )

こんなサンダルを履いてると身体に悪いですね。

以前、母の日に貰ってないのに請求されたので、友妃に便乗して右は私から、左は友妃からという事にしました。


私の父にはブルーベリーの鉢植えとお菓子を送りました。

老人ホームにいるので何か育つものを、そして実を食べるのも楽しいかな、と思ったからです。花より団子。


本当は明日会いに行って一緒にお昼を食べ、母の所へ行こうと計画していましたが、急遽、実家の用事が出来て今夜から実家へ帰ります。


水曜日、京都へ戻る前に誘ってお茶でも飲みに行きます。

Have a nice Father's Day!

flathome_mama at 11:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月15日

ベートーヴェンヴァイオリンソナタ連続ライブVol.9

連続でお昼に行っている友妃のベートーヴェンヴァイオリンソナタ連続ライブvol.9がありました。
image
今日のメインは『クロイツェルソナタ』

このシリーズはお客様は少ないのですが、だいたい来て下さる方が決まっていて、毎回ご来場頂いている方や遠くから見える友妃のお友達、ふら〜っとホームのお客様でジャズもクラシックもお好きな方などです。

今までは日曜日にしていましたが、今回は変則的ですが水曜日でした。
image
カウンターで聴いて下さっているKさんが友妃のバースデーと言ってなんと五嶋みどりの京都コンサートホールでのチケットを取って下さいました。

このチケットは発売と同時に売り切れるほど人気のチケットで友妃は諦めていたのでそれはそれは喜んでいます。



メンバー
image
左から譜めくりのにえかわ君(最近コンクールなどで伴奏してもらっているピアニスト)、ピアノの伊賀美樹子さん、友妃です。

プログラムにはない、伊賀さんの新曲(伊賀さんの専門は作曲)J'aime marronも披露されました。

アンコールは真田丸のテーマ

皆様ありがとうございました。


次回はシリーズの最後になります。
11月23日(水曜日、祝日)です。

flathome_mama at 15:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月14日

便利なもの

朝の10:30まで今日は奈良へ行く事になっていました。

例によって突然の変更になりました。

行った先は桂川のイオンモールです。

私は全てに余り執着心が無いので(だから楽器が上手くならなかったのですね)何方でも可能でそれなりに楽しめます。

大きいとは聞いていましたが、その大きさは帰りの駐車場で迷う位でした。

お昼を食べ、多分ないだろうとあまり当てにしていなかった手芸店を見つけてそこで細々と買い物して帰りました。

今日の休みはその製作に明け暮れた感じです。

作品
image
早速水色が見にきました。

image
ベンリーと言う名の持ち手を売っていて、バッグの部分は帯。

大宮通りで見つけて一目惚れして、友妃に勧めた帯です。

一度使ったようですが、華やか過ぎて着物によったら負けるのだそう。

それで解いてバッグにしました。

丁度2人分つくれました。

ベンリーと言うだけあってバッグ部分は簡単に他と差し替えられるのです。

リバーシブルも可能。

面白い生地を見つけたら色々作ってみたいです。


flathome_mama at 01:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月12日

土曜日セッションデー

いつもは自転車で通り過ぎる近所でも、歩いているとお花をゆっくり見られるのが嬉しいです。
image
三条商店街の公園の紫陽花。

image
堀川通りの立葵。


などの花を見ながらアクセサリーのパーツ屋さんへ行きました。


最近、土曜日でもセッションの方が少なくて❓❓❓な週が続いていましたが、11日の土曜日は全員セッションのお客様ばかりでした。

image
ドラム平田さん、ピアノは昔昔バイトして貰ってた大浦君。ホストは磯部直樹君。

image
しばらくして、フルートの高坂さんがやって来て、ギターの田井さんやサックスの高木さんも一緒にセッション。

カウンターの嵯峨君は東京からレッスンとセッションに来て下さってます。

後からみえたドラムの安川君やボーカルの恭子さん‥‥

皆様ありがとうございました。

flathome_mama at 02:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月09日

もう一つのビフォーアフター

今日はデイサービスの日なので、ニャンニャンデー!と思いきや、お二人はさっさと定位置で寝てしまいました。
image

image


そこで友妃に頼まれていたリフォームをする事に。

もう捨ててもいいくらい着たけど、リバティの柄が好きなのだそう。

ビフォー
image
6.7年前に作ったワンピース。

アフター
image
単にカットして縫ってゴムを入れたスカート。

このワンピースを作った頃はブランドタグまで付けて色々作ってました。
image


image
クッションにも左上にLE CHAT
と猫のタグが。

クッションとお揃いの猫のベッドも作りました。
image



最近又創作意欲が湧いてきています。


ふら〜っとホームにはお客様が連れて来て下さったポーランドの方がヴァイオリンを弾いて下さいました。
image


ポーランドの歌も聴かせて頂きました。
image




flathome_mama at 14:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ビフォーアフター

じゃ〜ん❗️
image
30年前の写真です。

祇園のお店、後ろののれんをくぐると調理場がありました。

マスターがカウンター内で何でも出来るよう工夫されていました。

30年経ち、新たな気持ちで頑張ろうと最近又ブルーのエプロンを購入。
30年後
image
ロゴは私がアイロンプリントしました。


昨夜のお客様には親しみやすい感じがすると言って頂き嬉しいです。
image
特に水曜日はお勧めです。

お客様も少ないし、コワソーでと〜っても優しくサポートしてくれる珍さんとの伴奏で特に歌の方々に大好評。

お待ちしてまーす❗️

ちなみにもう一つのビフォーアフター
image
15年前の水色。


image
いつまでもいくつになっても私の中では一番可愛い!

flathome_mama at 00:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Archives