1月24日 早朝、日本海方面の有名ポイントで釣行する事になった。

前日の天候情報では風は弱い予報であったが、現地に着いてみると左斜めからの強めの向かい風であった。

まだ、明るくなる前に準備を済ませ、ポイントまでの道のりを歩いている時に強めの風に加え、波がそこそこ高く、波足が長い事が分かり、決して良いコンディションではなかった。

私はこういう状況下での釣りは苦手であったが、師匠さんのから“修行しましすか!”とのお言葉で、実釣に踏み切ったのである。

そうして、薄暗いうちにポイントに入りキャスト開始したが、リトリーブ時に、ルアーが“フワフワするな~”と感じ、とてもやりづらく、釣れる気がまったくしなかった。

そうしているうちに、辺りは明るくなり始め、周りを見渡すと数十名のアングラーさんが沢山居ました。
image

しかし、まだ誰もサクラマスをHITさせている人は見られなかった。

そうしているうちに、親友の同行者がHIT!!

サイズは極小で、リーリースサイズだが、私から見ればこの状況で食わせたのが羨ましかった。

話を聞くと、フォール中のバイトだったとの事。

さらに、師匠さんもHIT!!こちらもサイズは極小でリーリースサイズだが、。やはり羨ましい…。

その後、師匠さんにはリリースサイズを2~3本掛けて、しかもバイトが頻繁。

親友はHITしたが、バラシたとの事。


一方。私はノーバイト…。

しかも、私の立ち位置は親友と師匠に挟まれた真ん中に立っていたので、実力の無さに意気消沈…。


そこで、師匠さんの元へ話を聞きに行くと、“少しルアーを沈ませてからの早巻きだ”とアドバイスを頂き、早速試してみる事、3~4投…

ついに念願のバイト!!

すかさずあわせを入れ、無事ランディングに成功。
image
サイズは47㎝と小サクラだが、苦手としていた状況下でのHITだったので、とても嬉しかったのだ。

その後、早巻きパターンで極小サクラ1尾と2回のバイトで終了となる。


☆今回の釣行で分かった事☆

・リトリーブ中のルアーが“フワフワ”する感じ。
→風と波の影響でルアーが浮き、岸に戻されている状況。
・フォール中や早巻きなどでのバイトが発生するという事実。
→何らかのアクションを付けないとバイトに持っていけない。

上記から、簡単で効率の良いアクションは“ルアーを沈ませてからの早巻き”
これがBESTとなった。(流石、師匠!!)

風と波の影響でルアーがしっかりと泳いでくれない、今回の状況。
しかし、ルアーを泳がせるという基本がある。
ルアーフィッシングでは魚を釣る!のではなく、まずはルアーを動かす事に集中する=魚が釣れる。
という事が改めて大事だと気付かされた1日でした。

今回で釣れた、HITルアー
by カエレバ




参考記事







にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ