fhoto by FG DSC_0083


北海道での海サクラマスのルアー釣りで使われるルアーは、

大まかに分けて主に3種類あります。

  • メタルジグ
     
  • ジグミノー
     
  • ミノー
     
しかし、最近ではバイブレーションもジワジワきてますね。


今回はジグミノーにつてお話させて頂きます。


ジグミノーとは?

その名の通り、メタルジグとミノーの両方の特性があるルアー。

ミノーの様な形状で、リップがなくボディーの中には金属が埋め込まれ、

比重が大きく、メタルジグ並みの飛距離を持ち、ミノーのような泳ぎ方で、

ウォブリングアクションにローリングアクションが加わるルアーもある。

  • ウォブリング=頭と尻を振りる動き。
     
  • ローリング=ボディを左右に倒す動き。
     
  • ウォブンロール=ウォブリングとローリングの組み合わせ。
     
言うなれば、メタルジグとミノーの良い所どりである。


材質は様々な物があり、量産型であればプラスチックが主流だが、

ハンドメイドの物になると樹脂やウッドなど手の込んだ物がある。


ジグミノーの使い方

基本的にただ巻きでO.K。

メーカーにもよるが、巻くスピードで動きが変化する物も中にはあります。

個人的には早巻きで使用しますが…正確には


その日の潮の加減で一番動きが良さそうな速度で巻いてます。

例えは潮の利いていない時は早巻きでルアーに抵抗を与えて誘い、

潮が利いている時は潮にあてながらルアーを見せる感じで巻いています。


スポンサードリンク





時にはアクションを入れる。

リトリーブ中に忘れた頃に1発、トゥイッチを入れ、その巻きだし直後にバイトする

ケースがあすります。

コツとしては軽めにラインスラックを作りトゥイッチし、そのラインスラックを巻き取るイメージで
巻き始めるのが効果的です。

あとは、高速巻きのストップ&ゴーです。

ブレイク付近や波打ち際の掛け上がりでストップを入れた瞬間バイトがあったりもします。

海の中は見えないので、“サクラマスがルアーについて来ている”とイメージし、

リアクションを入れる事で食わすのも1つの手であります。


ジグミノーを効果的に使う。

ジグミノーをメインで使う方も沢山いらっしゃいますが、

私の場合は、基本ジグがメインなので、釣れている時はジグで押し通しますが、

やはり、スレて来てしまうので、そこでナチュラルな動きをしてくれるジグミノーを

使うと、1発で食って来たりします。

また、凪の日ではジグでは見切られてしまう場合があります。

なので、ジグミノーを投入し、効果的に使用しています。


釣れるジグミノーは何?


人気があり実績を兼ね揃えたオススメのジグミノーをご紹介致します。


エンドウクラフト(Endo Craft) 桜華

ティムコ(TIEMCO) ディスタンスヴィクセン

リセント KJ‐11 110mm

スミス(SMITH LTD) ルアー スーパーサージャー 10cm

SHIMANO(シマノ) ルアー カーディフ モンスターリミテッド ウインドリップ95S AR-C



サクラマスが食ってくれれば、それがその日の正解なのです。

その日のパターンを早く見つけるためにも、ジグミノーの特性を生かし、

コツを見出すことにより釣果UPも期待できます。



サクラマス【攻略】参考記事
  1. 北海道、道南の海サクラマスの魅力。
  2. 釣れる場所!海サクラマスのポイント選び。
  3. ヒラメルアーのパイオニア、堀田光哉氏も北海道、道南で海サクラマスを釣る。
  4. [サクラマス釣行記] 道南 荒れた日本海のヒットパターン。
  5. サクラマスが釣れる時間とタイミング
  6. 北海道 サクラマスが釣れる 鉄板ルアー(ジグ編)
  7. 北海道 サクラマスが釣れる 鉄板ルアー(ジグミノー編)

アンケートにご協力ありがとうございました。

応援のクリックお願いします。↓
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ




■ Live Freely Go Fishing のTOPページ