2月27日 松前方面へヤリイカを求め、昼過ぎに車を走らせた。

松前方面のヤリイカは胴長40~50㎝以上ともなる通称“パラソル”と言われる大物が

狙える場所ともあって期待も高まります。

しかし、函館から距離は100㎞位なのだが、松前方面だけはやたら遠く感じる…(汗)

fhoto by FG DSC_0596


まず、始めに入ったのが、松前漁港。

着いた時にはすでに日が落ち暗くなっていたので、もうポイントは埋まってると思いつつも

様子を見に車を降りて漁港まで歩いて見に行くことにした。

やはり、有名ポイントだけあって、海面には電気浮きがビッシリとあり、

様子を見ているとポツポツとヤリイカが釣れている!

しかも胴長40㎝位のヤリイカだ!!

更に、漁港のすぐ沖には、漁船が5~6隻が並びヤリイカ漁をしている状況。

エギングの私は邪魔になるため、入る場所が無く、諦めて他のポイントを探すことにした。


しかし、松前方面には余り行かないので釣れるポイントが分からず…

とりあえず出来そうな場所を探すため、北上をする事にした。


そこで見つけた漁港が、常夜灯が海面を照らして居る場所で、釣人は居なかったが、

いかにもヤリイカが溜まりそうな感じだったので、

ここでやろう!と胸を躍らせ、準備にとりかかかる。


その時、車が1台…2台と来て、あっという間に3人のイカ釣り師が、私の入りたかったポイントを

占拠される…(汗)


それを見て、若干テンションが落ちたが、とりあえず準備を済ませ、他の人の邪魔にならない

場所を選び、キャスト開始!!


とっ!!その時!!

近くに居た人が、ヤリイカをGET!!していた。

その胴長は裕に40㎝を超える、パラソルだ!!


俄然、やる気モードになりキャストにも気合が入る!!




がっ!しかし、一向にアタリ無し…(汗)




他の人も釣り上げている様子はなく、心が折れる…(泣)



この場所に見切りをつけ再び、北上しポイントを探すも…

良さそうな場所が探せず、竿をたたむ事にした。



やはり、明るいうちにポイントに入り、通わないと釣れそうに無い感じがしました。

地元の方の情報で今年は釣れる時期が遅いようで、まだ釣れる!

と言っていましたので、リベンジしたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ