Live Freely Go Fishing

     ~ソルトルアーフィッシングin北海道~

Live Freely Go Fishing イメージ画像
スポンサードリンク

釣行記

夜明け前に、近所の漁港へ行って来ました。前日から窓がガタガタという程の強風でしたが、風予報によると北西10m位なので、その場所は出し風となり問題無いだろうと思い、強行突破!!むしろ荒れてくれたほうが好きなのだ(笑) 現地に着き、やはりかなりの強風…しかも寒
『準備を怠ると、痛い目に…青物トップウォーター』の画像

今回もアジを求めて近所の漁港にアジング釣行 !と、その前に釣り具屋さんにてワームとメタルジグを補充。ワームはバークレイ バブルサーディン2インチ クリアブルーフレックメタルジグはプライアル キャスティング ジグ 5グラム シラスカラープライアル?私自身、知らない
『アジングで思いもよらぬ生物が釣れた!!』の画像

夕マズメ、青物(ブリ)狙いに行ってきました。行先はおなじみの近所の漁港。着くなり、海の様子をみると沖の方では鳥山がっ!!↑ちょっと見えずらいですね(汗)目を凝らして見ると、スプラッシュも見え、期待も高まります。 攻め方は勿論、、、トップオンリー!!しかし
『沸く!ワクワク!ショアブリトップ』の画像

近所のとある漁港に行って参りました。そこは常夜灯が灯る漁港の湾奥で、潮はきいて無いがアジが溜まる実績ポイント!今回は時合いを外した時間帯に釣りをしてみました。 現地へ着き、準備を早々に済ませいざキャスト!…15分経過、……30分経過、バイトはあるが、のらない
『時合いを外したアジング釣行!その結果!?』の画像

実際に尺アジが釣れるのか?夕マズメに近所の漁港で実釣することに。アジング釣行まずは小型なジグをキャストし、ここは根があるため中層付近まで落とし軽く“チョンチョン”と入れたその1投目で!釣れてくれました~。アジの引きはたまりませんね~。しかし、尺アジにはほ
『北海道 道南 尺アジ調査!まさかのメバルも!』の画像

この日は釣りに行こうか?行くまいか?悩んでいました。その理由とは、天気予報ではあまり風向きの条件が良くなかった為で、出来ないことは無いが気持ちよくできるかどうか?が不安材料でした。(釣果にも繋がりますからね~。)どうせなら、出し風でルアーが“ビューン”と
『北海道 道南 ショアジギング トップ 荒れた海にはこのルアー 』の画像

前回の記事にてご紹介致しましたダイビングペンシルのガンデウスウルトラ130F(桜鰯)早速、テストでショアブリ釣行に行って参りました。今回はチョット早めの日の出前に現地へ着き、余裕を持ちのんびりと準備する事に…(焦ってもしょうがないですからねwww)空を見上げ
『ショアブリ トップ やっぱり釣れる ダイビングペンシルはこれ!!』の画像

今回は以前、不発に終わった近くの磯を調査する事にしました。実はその時、車で通りすがりに鳥山が見えていたのだが、諸事情により…スル~してしまったのだ。(汗)とても気になっていたので、ワクワクしながら入釣する事に!入釣する前に出会ったアングラーと挨拶を交わし
『とにかく釣れますね!!このルアー!!』の画像

夕マズメ、近所の漁港でブリポイント開拓を試みるも不発に終わり…辺りも真暗くなり、常夜灯が灯る場所へ移動しアジでもいないかな~っと思い覗いてみると何やら魚影が見えるので竿を出すことにしました開始早々釣れたのは…ウグイに小ゾイアジはいないのかな~と思っていた
『常夜灯下の魚影の正体は!?』の画像

またまた近所の漁港へ行ってまいりました。この日は風が冷たく、とても寒い…しかし、出し風なので気合を入れてフルキャスト!!スポンサードリンク 開始早々、チェイスはあるが見切られてしまいバイトに持ち込めず気温が下がったので活性が下がっているのかな~と思いなが
『このルアー釣れすぎて神!ショアプラッキング トップウォーター』の画像

今回は近所ではあるが、別の漁港を調査しに行って来ました。 気象予報では出し風だったが、現地へ着くと予報とは違い左側からの向い風テンションが下がってしまう所だが…あたりを見回すと血抜きの跡がこれを見てしまうと、やらざる追えないですよねそしてキャスト開始!!
『本当は教えたくない!釣れすぎるルアー ショアプラッキング トップウォーター』の画像

最近、巷ではイワシの群れが大量でブリ(イナダ)爆釣しているとの事で行ってみました。爆釣との事もあってアングラーさんも結構いましたねイナダサイズとの事なので、皆さん使用しているタックルはシーバスタックが多く、タモ持参というのが主流のようでした。しかし、私は
『このダイビングペンシルだけは持ってて!青物ショアプラッキング トップウォーター』の画像

沖ではサクラマスが爆釣!!しかし、岸寄りはしていないとの情報でしたが…果たして本当なの? ならば…実際に調査に行ってみようと松前方面へと車を走らせました ガッ!!海を見渡せば“ペローン”としたベタ凪…(汗)ジグをキャストする前からミチベーションがとりあえ
『本当に岸寄りしてないの?ならばサクラマス調査!!』の画像

前回の釣行で、見事に撃沈したのでリベンジしに行ってまいりました。場所は前回入釣出来なかった、激戦区でもある松前漁港!…とは言っても、夕マズメになんか浮き釣師が多くてエギングの私は邪魔になるので、とてもじゃないけど入れないと思い、夜中の23:00時頃、現地へ到
『【エギング釣行記】道南、松前!ヤリイカ奇跡の…○○杯!!』の画像

前回の記事、エギングからそのまま車中泊し、翌、2月28日 早朝、日の出前に松前方面でのサクラマスを狙いに行ってまいりました。辺りはまだ真っ暗くで、月の光がきれいで天候は悪くない!風も東風で出しになり、それほど強く、グッドコンディションがっ!…やたらと寒い車で
『サクラマス釣行で職務質問!?。』の画像

2月27日 松前方面へヤリイカを求め、昼過ぎに車を走らせた。松前方面のヤリイカは胴長40~50㎝以上ともなる通称“パラソル”と言われる大物が狙える場所ともあって期待も高まります。しかし、函館から距離は100㎞位なのだが、松前方面だけはやたら遠く感じる…(汗)まず、
『松前、大型ヤリイカを求めて、パラソルGETなるか?』の画像

2月7日 早朝にサクラマスを求め、熊石方面へと車を走らせた。向かう道中、予想以上に降雪が酷かった。時間に余裕を持たせていたので、のんびりと安全運転で走行し現地到着。まだ、真っ暗の中、海岸を見渡すと予想と反し波が高い…。(汗)ここで撃つと決めてきたので、早々
『北海道のサクラマス釣りは…悪条件がつきもの。』の画像

1月24日 早朝、日本海方面の有名ポイントで釣行する事になった。前日の天候情報では風は弱い予報であったが、現地に着いてみると左斜めからの強めの向かい風であった。まだ、明るくなる前に準備を済ませ、ポイントまでの道のりを歩いている時に強めの風に加え、波がそこそこ
『[サクラマス]荒れた日本海のヒットパターン。 』の画像

12/20 22:00頃、癒しを求め、知る人が知る…マイナーポイントへ行くことにしました。まあ~前回と同じ場所なんですけどね(笑)しかし、もうマイナーじゃ無くなりつつあるのですがね(笑)こんな、おいしそうなポイントなので↓↓↓さっそく実釣開始!!まずは、前回ヒットカ
『癒し系のマメイカ♪』の画像

昨日、18時頃からある漁港にて、ヤリイカ狙いでエギングに行ってまいりました現地に着くなり、浮き釣りをしていたと思われる、おっちゃんが帰って来るのが見えた…あれ?もしかして帰るのかな?と…嫌な予感がしたそう思いつつ準備をしていると、おっちゃんが私の方に近づき
『ヤリイカからの…豆イカ♪』の画像
■ Live Freely Go Fishing のTOPページへ戻る

↑このページのトップヘ