眠る投資家のひとりごと

複数のバランス型ファンドにバランスよく投資するというポリシーを実践して、メンテナンスフリーな運用過程をたどっています。投資資産のうち、90%はバランスファンド、残り10%は自己運用で株主優待のある会社などに投資しています。

2017年のNISA使用総括

ちょっと早いですが、2017年のNISAの使用状況を総括しようと思います。

NISA枠120万円のうち、おおよそ80万円はJ-REITやインフラファンドといった分配金目的で投資を行いました。その投資先は以下の通りです。

銘柄
保有数量
[株]
平均取得
価額[円]
3470
マリモ地方創生リート
1
90,600.00
3473
さくら総合リート
1
78,600.00
8963
インヴィンシブル投資法人
4
45,575.00
9281
タカラレーベン・インフラ投資法人
2
93,500.00
9282
いちごグリーンインフラ
1
91,400.00
9283
日本再生可能エネルギーインフラ
1
81,800.00
9284
カナディアン・ソーラーインフラ
1
95,900.00

残りの40万円は個別株と若干ですがインデックスファンドを積立投資しました。

来年のNISAも今まで通りの通常のNISAを利用します。投資先も配当や分配金をメインにしたいと考えています。

ランクアップはミライノカードじゃなくてもOKだった

無職の私が、住信SBIネット銀行のスマートプログラムのランクアップを狙ってミライノカードを作成しようとして、見事に審査落ちしたことは以前に書きました。

そこであらためてスマートプログラムのランク判定の条件を確認してみると、「Visaデビットカード月末確定金額 1万円以上→1つ 3万円以上→3つ」という記載がありました。

Visaデビットカード(キャッシュカードに付与される)なら審査がなく、年会費も無料です。ただしデメリットとして、カードを利用した際のポイント還元率がミライノカードの1%に対して、0.6%ということがあげられます。

現在、私のスマートプログラムはランク2なのですが、ランク3にするメリットがあるかどうかも考えて、Visaデビットカードの作成を検討したいと思います。

【続報】無職でもミライノカードは作れるか?

無職ながらにもミライノカード一般カードの申し込みをしましたが、普通郵便で住信SBIネット銀行から封筒が届いていました。

カード発行であれば簡易書留で送られてくるはずなので、きっと審査に通らなかった旨の案内と思いながら開封しましたが、やはり審査に通っていませんでした。

やはり安定的な収入がない人に、クレジットカードの新規発行は辛いようです。

SBIポイントのSBIカード(MasterCard)会員様限定現金交換レートの代替にミライノカードが適用されるかどうかの判断を見極めてから、再度ミライノカードの申し込みを考えてみたいと思います。

無職でもミライノカードは作れるか?

SBIカードが廃止されることに伴い、住信SBIネット銀行でミライノカードが新規サービスとして提供されることになりました。

住信SBIネット銀行のスマートプログラムに影響することや、まだ告知されていませんがSBIポイントのSBIカード(MasterCard)会員様限定現金交換レートの代替にミライノカードが適用されるのではないかという期待があるので、無職ながらにも一般カードの申し込みをしました。

ただ残念なことに、今までSBIカードのレギュラーカードを保有しているだけでランクが1つ上がっていたのに対し、ミライノカードの一般カードでは最低月額1万円以上の利用がないと、ランクが上がらない仕組みとなりました。

カードの発券は11月28日以降ということなので、楽しみに待っていたいと思います。

2017年10月分支出(Zaim始めました)

スマホアプリZaimで10月分の集計ができました。

《1か月の生活費予算は10万円》
食費 33,219円
趣味 9,580円
美容・衣服 1,190円
医療費 5,586円
通信費 6,050円
水道・光熱 7,760円
住居費 21,900円
年金・健保 18,840円
寄付 3,500円
交際費 0円
雑費 200円

合計 107,825円

●食費
今月はお米を10㎏購入。安い28年物で済ませました。

●趣味
Amazon Kindle Fire 10インチ最新機種と電子書籍代。

●美容・衣服
散髪代のみ。

●医療費
月に1度、定期的に通っているので、これくらい。

●通信費
光ファイバー回線・プロバイダー料・ソフトバンク携帯・格安スマホの合計です。可能な限りそぎ落としている費目ですが、毎月この程度は出ていきます。

●水道・光熱
特に節約を意識していません。電球はLEDに変更済み。蛍光灯は従来のものです。

●住居費
マンションの管理費等に、固定資産税の月割りを合算しています。すでにローンは完済しているので、住居費は安く済んでいると思います。

●年金・健保
国民健康保険料は7割減免を適用していただいてます。国民年金保険料はiDeCoに加入するため、減免申請はしていません。

●寄付
毎月クレジットカード引き落としで寄付をしています。もう15年くらいは続いているでしょうか。余裕のある限り、社会貢献のため続けていきたいと思っています。

●交際費
10月は特にイベントがありませんでした。

●雑費
切手代のみ。

《総括》
10月も概ね予算通りの支出といったところでしょうか。新モデルのKindle Fireの10インチサイズが発売されたので購入しました。FireTVの4K対応モデルもほしいところです。
広告