2018年10月22日

東北ブロック:第15回PPG東日本大会(第33回大崎バルーンフェスティバル)2018/11/24(土)-25(日) 宮城県

e174432a今年で32回を迎える大崎バルーンフェスティバルは名実ともに広く全国に知られるまでになり、毎年、県内外の多数の観客で賑わいます。
宮城県にある栗駒フライトクラブでは、このイベントに参加し、パラモーターの啓蒙と東日本地域のパラモーター愛好者の交流を持ちフライト技量の向上の場にすべく、大会を企画、実施してきました。
今年度もJPMA東北ブロックのイベント・競技会として【第15回PPG東日本大会】を実施します。
また、今大会は、「世界農業遺産認定」を受け、15回目の節目を迎えた記念大会となります。
東日本ブロックのパラモーターフライヤーを中心に、フライト仲間との交流と情報交換、そしてフライト技量の向上をも目的とし、1人でも多くの仲間の参加を広くお待ちしています。

秋の秋空を彩る色鮮やかな気球群。全国から色鮮やかな30機以上の熱気球が集まり、各競技で腕を競います。大崎バルーンフェスティバルは(一社)日本気球連盟の公認大会です。 気球に実際に乗れる係留気球など、趣向を凝らしたさまざまなイベントもあります。

第15回PPG東日本大会参加申込書



第15回 PPG東日本大会
(JPMA-S1-GP対象大会)
主催栗駒フライトクラブ
後援日本パラモーター協会(JPMA)
日程天候により大会日に変更有り

平成30年11月24日 (土)
AM08:00より 第15回PPG東日本大会・安全フライト大会(S1-GP)
PM04:00まで デモフライト(フォーメーション) フライト機材展示

平成30年11月25日 (日)
AM08:00より 第15回PPG東日本大会・安全フライト大会(S1-GP)
PM03:30まで デモフライト
※どちらか1日だけの参加も可能ですが、参加費は変わりません。    
※24日は17時からバルーングロー花火を見ることができます。    
※バルーンフェスティバルは23日から開催されており、23日にはパラモーターのデモフライトを予定しています。
参加条件
01.日本パラモーター協会(JPMA)会員であること
02.JPMA Class-軌幣紊竜士滅定者 (JHF-MPG技能者有効)
03.参加費 4,000円  (昼食弁当2日分と参加賞、入賞賞品 あり)
04.必要装備:無線(特定小電力無線機) 筆記用具もしくは デジカメ、 レスキューパラシュート
05.浮力体の携行は必須。
06. 参加人数は30名までとする      




競技内容
※複合タスク ナビゲーションタスク・マカー投下・ターゲット・ヌードルタスク 等 
※午後はバルーンのフライト次第で会場移動でのフライト有。
※JPMAS-1GP 競技も同時にタスク内で実施する。

※ 日本パラモーター協会/セーフティーフライト大会(S1-GP)規則に基づき実施し、セフティーフラヤー優勝者には賞金が授与される。

集合場所
AM 7:30 宮城県大崎市岩出山 (大崎市岩出山総合支所 北側) 江合川 あったか河川公園
※会場入り口で当クラブ部員から通行許可証を受け取り入場して下さい。

申込と〆切↑上記申込書(クリック拡大)
FAX または メールにて 申し込むこと。
TEL 0228-23-6245 (会社) 携帯090-8920-7446 FAX 0228-22-6163 (会社)
佐々木宛メール
締め切りは平成30年11月05日とする。

***

JPMAセーフティーフライトグランプリ(S1-GP)規則(暫定)

制定 平成30年06月23日 
施行 平成30年07月01日 

(趣旨)
パラモーターパイロットのフライトマナーとモラル、かつセーフティーフライト技量と意識の向上を図り、航空スポーツの発展安全に寄与し社会に受け入れられる環境づくりを行うことを目的にした大会をセーフティフライトグランプリ(以下S-1GP)として後援、実施する。年間を通じて開催されたS-1GP対象大会の成績を集計し年間チャンピオンを決定、これをJPMAが表彰するものとする。

(後援要件)
JPMAがS1-GP対象として後援する大会は、JPMA公認・後援規則に準じる。主催者は、JPMA公認・後援規則第2条及び3条を満たし、なおかつ、安全に特化した内容で競技が行われなければならない。

(申請)
各地域で実施する競技会をJPMAS-1GP対象大会に申請する場合の要件は、JPMA公認・後援規則4条に準じる。申請料金は、1大会につき2万円とする。

(集計・得点)
選手がS1-GP対象大会に参加した時点で、自動的にS1-GPポイント集計の対象者となる。S-1GP対象大会の順位を、エントリー選手数によってポイント計算し、年間総合ポイントが与えられる。

例:40名がエントリーした大会の場合、大会順位の最高得点を40点に率換算(ノーマライズ/小数点以下切り捨て)したものが、S-1GPのポイントになる。

(期間)
集計年度は毎年4月1日に始まり1年後の3月31日に終了する。(成績が決定する日付で管理する)集計年度が終了した時点で、その年度に開催されたS-1GPの総合成績が集計される。ポイント集計は年度ごとに行い、その年度の優勝者を決定する。

(表彰)
年間チャンピオンを、JPMAが次年度総会にて表彰し、優勝トロフィーが与えられる。優勝トロフィーは、優勝した者が保持することができるが、翌年度の優勝者が決まり次第、JPMAへ返還する。また、優勝者が表彰される総会へ出席できない場合は、該当地域ブロックにおいて、地域ブロック理事が表彰することができる。

(競技内容)
以下の競技・審査内容を参考に、主催者側の判断で、競技内容を設定する。


〔競技/審査内容〕


■ベーシックフライト(正確性競技)
基本的な飛行、その正確性を競う。(ライズアップして離陸、旋回して着陸だけを一人だけで飛行させる。)どれだけ正確で安全な飛行が出来るか等の評価。

■テイクオフ/ランディング競技(離着陸精度)
テイクオフクリアに一度で成功する場合、または何度かチャレンジが必要となった場合などの差を得点で示す。(ボーナス点)
ランディング指定ランディングゾーン(またはターゲット)を外した場合、ハードランディング(クラッシュなど)、設定時間オーバーの場合は0点。

※ベーシックフライト(安全にフライトを楽しむための基本フライト)
基本フライトとして、サポートなく一人で正確かつ安全にライズアップし、離陸・旋回・着陸。正確に安全に飛行できるか。(テイクオフし、あるポイントをまわり、安全にランディングするまで。(テイクオフの正確さ、飛行中の確認作業、ランディングの正確さ、エリア撤収時の配慮 など)
※いずれも、GPSや写真撮影判定、時間設定など複雑さを避け、選手の目視や申告、審判役員チェックによる判定。 得点に差を付け、同点順位がでないことが望ましい。


採点・得点(参考例)
 判定項目:不可-20 不-10 可0 良+10 優秀+20
※必要に応じ、主催者が内容/項目を追加することができる。

1.メンバーシップ登録
〕効期限は切れていないか
機体登録ステッカーは添付済か(JP-○○○○)4桁番号
フライト距離と技量認定が合致しているか

2.安全装備品
”要な安全フライト装備をすべて携行しているか
(A.レスキューパラ B.浮力体 C.無線機 D.携帯電話 E.ロープF.カッター G.フライトシューズ H.グローブ I.フライトスーツ J.サングラス )

3.飛行前点検
.罐縫奪班堽匹ないか
適切な燃料か、量は十分か
プロペラにガタがないか
ぅ蓮璽優后▲譽奪哀戰襯函燃料タンクキャップ締め忘れ
ゥ哀薀ぅ澄爾卜け目やラインに切れや絡みがないか
Ε薀團奪肇螢鵐阿離優犬亡砲澆呂覆い

4.体調管理
〔詰をしていないか
∋前に薬や酒を飲んでいないか
持病はないか
じが痛いなど普段と違う変化はないか
ダ鎖静な余裕があるか

5.事前確認
”向風速
▲┘螢▲襦璽
H行エリア
と行予定距離
ト行予定時間・飛行コース等の事前申告
μ祇周波数
Ф杁渭⇒軅
┸瓩流しが適切箇所に設置されているか

6.ユニット
.罐縫奪箸寮瀉嵎法は適切か
▲┘鵐献鷸遽薪消罅転倒の恐れがないか(不安定な台の上での試運転は推奨しない)

7.エンジン始動手順

ー囲に人や駐車している車、敷かれたグライダープロペラに巻き込まれるものはないか
▲好蹈奪肇襪聾把蠅気譴討い襪

8.アイドリング
.▲ぅ疋螢鵐阿賄切か、不安定な所で行っていないか
¬蟻未淵侫襯僖錙爾巴筏 ̄薪召鮃圓辰討い覆い

9.ユニット装着
.譽奪哀戰襯伴萇佞
▲譽好ューパラの位置
ブライダルコードの配置
ぅラビナ状態
ド睥和里料着位置

10.グライダー装着
.薀ぅ供室茲衂佞
▲屮譟璽コード持ち方

11.テイクオフ
(離陸)
―淑な助走距離があるか。
∩以・横方向に人や障害物はないか
Nノ姿勢は正しいか。飛び乗っていないか
じ緡で回りに迷惑にならないか
ソ淑な高度になってからエリアを離れたか
β召凌佑料阿縫哀薀ぅ澄爾鮃げていないか
駐車している車の近くで離陸準備をしていないか


12.フライト

[ノΔ傾眦戮鮗茲襪泙任猟禮眦戮如▲ャノピーなどの確認をしているか
飛行中のコントロールの安定性と正確性があるか
B承,鮹躇佞靴独行しているか
ざ愡澡域を飛行していないか
ゥ▲ロバット等過激な飛行をしていないか

13.ランディング(着陸)
/瓩流しで風向を確認したか
⊇淑な距離・広さがあるか
人や車両など障害物がないか
ぅ愁侫肇薀鵐妊ングになっているか
ゥ┘鵐献鹹篁澆賄切か

14.撤収
.ャノピーの搬送は適切か
他機の離着陸に邪魔になっていないか
G確全浜は適切か
Posted by mikabo2416 at 15:55│ 地域ブロック情報 | イベント案内/報告