ぬる供屮哀蝓璽鼻

バルカンアームズが制限されたことにより、「ぬるぬる」というデッキは存在できなくなりました。
代わりに紫を混ぜて、白紫緑の3色で動かすのがこの新型です。
デッキとして完成したのは約半年前なんですけどね。
これがギャラクシーカップの決勝に間に合っていれば…
デッキ名の「グリード」 はエンジン兼フィニッシャーであるグリフォン+フォンニードより。

基本的な動きは故ぬるぬるとほとんど変わりません。
しかしジャコウキャット、テュポーン、グリフォンのバウンスによって、ナナフシのドロー枚数が爆発的に増えます。
この3枚は自身もドロー効果を内蔵しているため、 故ぬるぬるの赤要素まで兼ねることになります。


以下ピックアップカード

・凍てつくつららの逆塔
後攻初手で配置して、破壊されずにターンが帰ってくればゲームが終わるレベルのカード。
緑要素は故ぬるぬるより減りましたが、ヤンマラルバとモスピードに反応してくれれば十分。

・モスピード
このデッキは3色揃わないと動きが止まります。
白と紫、白と緑はそれぞれ2色になれるカードがあるため、残った緑と紫の橋渡しをしてくれるカード。
つらら配置後のコアブ要員としても活躍。

・バックアタック
このデッキは3色揃えて動かすことが前提となるため、連鎖2種を含めた全ての効果が無理なく使えます。
このデッキのために作られたかのようなカード。
バーストを封じれるのが強い。

・クリスタルフィールド
詳細は前回の記事を参照。
白紫とアルデウス対策。

・ダークネス・グリフォン
ハンドリバースを使用!不足コストはグリフォンから確保!
なんてのも割とよくある話。
他にもコアを1個にしておいて、他の2色スピリットを守る囮にしたり。
フォンニードも一緒でこの手のスピリットはエンジンとして使うかフィニッシャーとして使うか、その両方なのかを正しく判断しながら使っていかなくてはなりません。
もちろん2ターン目くらいにガルダ合体して殴りに行くことも。


弱点
初手にグリフォンとフォンニードが計2枚以上あると相当難しい。
初手ナナフシで早急に入れ替えるのも勇気。
またアルティメットトールに対処できません。
ヴァルハランスレオ×2なども無理です。
あと普通のデッキ破壊はもちろん、Uトリガーによるデッキ破壊でも死ぬ可能性があります。
そのあたりの対策をするくらいなら、事故率減らしてぶん回すほうが優先です。
どうしてもアルティメットを積むのならデスペラードがいいかと思います。