白の一つ覚え

だって白しか使えないもん

2012年12月

颶風ガルードにリーフシードラ入れてみたけど

うん、なんかシードラいらない気がしてならない。
結局ガルードとかでデッキアウトまで持ってったほうが早いんじゃね?みたいな場面しかない。
まぁスパー相手のデッキがレイザウラーとかヴァルレオ使うデッキだから、こういうカードに強いってのはあるんだけど。
なんか調整用にもっと一般的なデッキ持っておかなきゃダメって思った。

新弾のカードには使ってみたいものいっぱいあるけど、いざそれを使ってデッキを作ろうとしても難しい。
スパイラルヴェイン使おうとしたときの高コストスピリットと赤シンボルの割合とか。
前述のヴァルレオ&レイザウラー、つまり自分が普段大会で使うデッキを突破できるものを作ろうとすると一気にハードル上がる。
同時に獣の氷窟も意識しなきゃいけないから、ウィニーならネク割り必須だし。
0からデッキを制作しても一級品はなかなか完成しないなって思った3連休でした。

そういや週末大会行ってねぇ。

ネガ・ナインテイルに関する注意事項

この時間まで悩んでもデッキ案が出ない…
いや大会用デッキはもうできあがっているんだけど、リーフシードラを白デッキにぶち込むにはどうするかの検討中。
コアブする緑に入るなら緑絡めてコアブする白でも入るでしょ?って理屈だけど調整が難しい。

さてそれは置いといて、大会で発生しそうな問題について注意喚起。
ナウマンガルドの破壊からネガを出す場合、正しい手順で処理しないとネガが出なくなります。
星空の冠とスミドロード、アニーのときの裁定を覚えている人にはわかりやすいかもしれません。
ナウマン破壊からの正しい処理は以下の通り。

.淵Ε泪鵐ルド破壊
▲淵Ε泪鵐ルドのドロー+コアブと、手札のネガの効果発動を宣言←ここ重要
ターンプレイヤーが選んだ順に効果を処理

△里箸にネガを提示しないと、破壊から始まる一連の流れが始まってしまうので効果発動のタイミングを逃します。
うっかり先にドローしてしまうとネガは不発。
つまりナウマンでドローした中にネガがいても出せないわけですね。
ついでにバーストの発動はの後。
当然双光気弾でドローしたネガも出ません。

やっぱりネガは不死に強かった。
でもデッドリーバランスは勘弁な。

ヴァルハランス・レオのあれこれ

大会に行くとなぜか多くの人が勘違いするヴァルハランス・レオの効果。

_麌の対象
→自分のスピリット1体
「このスピリット」 とはどこにも書いてません。
テキスト読めばわかるはず。

BP+のタイミング
→アタックもしくはブロックの直後
フラッシュタイミングではありません。
キグナ・スワンMk-兇箋/優侫アラルと記述が違います。

BP+は何体分?
→1体
テキスト通り1体分の上乗せのみ。

BP+はいつまで?
→効果を起動したバトルが終わるまで。
効果のテキストに「このターンの間」とは書いてない。

とりあえずよくある疑問はこのくらいか。
使う人も使われる人も間違えてることが多い。
正確に覚えておかないと損します。

獣の氷窟

今回は聖剣時代より獣の氷窟 。

BP4000以下のアタック遮断
ウィニー相手ならゲームが終わるほどの効果。
これがあるせいでウィニーはネク割り必須になったように思えます。
先攻初手で出せばリオック以外のアタックは大体止めます。
注意すべきは自分のアタックにも干渉されるということ。
つまりザントライくらいのBP配分のスピリットと合わせて使うと不具合が出ることがあるわけです。
よって全ての白デッキに入るような汎用カードではないと言えます。
なんで青と違って白のネクサスは自分にも影響でるんですかね。

∧愍茱疋蹇
今までの類似効果を否定するような性能。
ネクサスとブレイヴには対応しませんが、相手と同じ枚数ドローできます。
ストロングドローを使われるとこちらの手札だけ3枚増えます。
またターン、ステップの指定がないので対象が広い。
忘れがちですが、バラガンやヴィエルジェの手札に戻る効果、リバイブドローのトラッシュ回収などにも反応します。
使うときは見逃さないようにしましょう。 

総合的に考えると、入るデッキは限られるものの強力なカード。
先攻初手に出せるので、事故率の軽減にもなります。
環境にガイミムスが多いのは気になりますが、レベルを上げておけば最低1ドローが保障されます。

白のネクサスにいいものがあるとガンディノスをタッチで入れたくなる…
白いブレイヴでガンディノスに装甲与えられると思うと弱くはないと思うんですけどね。
イグアバギーとかが氷窟とかみ合わないのが問題か。

銃機トラドール

白のブレイヴは装甲付加のものが多いですが、トラドールは珍しくそれ以外、しかも攻撃的な効果。
大型スピリットを使った戦いが主流となる今の環境では不発になる場面もありますが、最序盤で出れば一気にテンポをとれます。
ナウマンガルドがブロッカーを飛ばしながら3点で殴ってくるわけです。
タイミング次第でシユウより凶悪。

似たような効果のブレイヴにバルガンナーのような赤の4000焼きがあります。
これらと比較した場合、BP上限の差と破壊時に絡む効果やバースト対策になるというメリットもあります。
もっとも赤のブレイヴにはドローのおまけが付いていることが多いため、それらと軽減の都合をトータルで考えてデッキに入れる必要があります。
ミブロックブレイヴァーを使うならトラドールのほうがよさそうですね。

こいつが活躍したのは先月のワンカラー限定戦。
ヒョウカッチューやシユウの使えない穴を埋めるために使いました。
レイザウラーに付けて連続アタックすると足りない打点が足りたり、マックランと合わせてウィニー相手に疑似無限アタックに入ったりしました。
マックランとのコンボを通常構築で狙いに行きたいんですが、最初に書いた環境の問題や、必要なコア数の多さから難しいと思います。
コンボを狙わなくても単独運用できるカードたちなので、レオレオみたいな「揃えばラッキー」くらいに考えるといいかもしれません。
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ