新カードに目を通してたせいで遅くなりました。
ここから遅れを取り戻します。

さて剣刃編2弾最終の環境考察です。
多かったと思われるのは以下のデッキタイプ。
・ステロイド
・紫
・緑
・白重
1つずつ見ていきましょう。

.好謄蹈ぅ
正直ステロイドの正確な定義は僕にはわかりません。
マグーとカグツチとオニクワガーとリオックがブレイヴしてストームアタックしながら殴るデッキ と大雑把に認識しています。
初手オニクワガーが次のターンにブレイヴして2回殴ってきたら強い。
後述する緑にも言えることですが、この動きに何らかの対策を持てないとゲームが終わることがあります。
逆に対処できれば後続が出てこないなんてこともあります。
それ以外の部分はたぶんこれまでのマグーデッキと同じ。
変わったことといえばティロックケファレでBPを上げながら殴れるようになったことくらいですかね。


多いのはペンドクルスとスカルプレインで確定除去強えー!ってデッキ。
確かにそこだけ見れば強いんですけどね、それって所詮自分のターンだけの動き。
フォンニードやリーフシードラが返しのターンに出てそのままゲームを終わらせるという動きには対処できません。
詳しいことは構築論のときに書きます。
印象「数は多いけど勝ちにくいデッキタイプ」。


おそらく環境最多のデッキタイプ。
前環境のものにコノハガニンとリーフシードラが入った感じ。
コアブーストしてからリーフシードラ、もしくは単純にフォンニードとカゲロウでライフを奪います。
そうでなくてもダンデバルカンとストームアタックくらいあれば十分打点は足りるわけで、トータルで安定している印象です。

で鮟
僕が主に使っていたのもこのタイプ。
さまざまなバリエーションがありますが、対ビートに特化した構築にした場合ステロイドや緑相手には相当な勝率になります。
ヴァルハランスレオやレイザウラーなどで守りを固めながら殴ります。
そいつらが死んでもファウストやネガナインテイルが出るので、場が整えば隙ができにくいです。
強いんですが、最大の敵は事故。

新しいカードを見たところ、環境は大きく変化するわけではないようです。
アークを使ったデッキが多少できあがるかもしれませんが、結局赤はマグーに落ち着くんじゃないかと。

次回は環境考察を踏まえての構築論について書きます。